「Windows11」画面録画する3つの方法!標準機能と録画ソフト、オンラインツールを使い

相葉
相葉
2024-06-20 18:06:28 • カテゴリ: windows画面録画

最近、Windows OSの最新バージョンであるWindows11を搭載しているパソコンが主流になってきています。そんな中、Windows11で画面録画したいという人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、3つのWindows11画面録画のやり方について解説します。録画する際の注意点なども解説するので、参考にしてみてください。

Windows11画面を録画したい?

Windows11のデスクトップ画面や特定ウィンドウズをキャプチャーするにはおすすめの方法は下記3つあります。

録画方法によって、注意点と制限がありますので、自分に合った方法でWindows11の画面を録画しましょう。

Windowsの標準機能を使う場合は、インストール不要で素早く画面録画が開始できます。今すぐ録画したい方におススメです。

しかしながら、Windows標準機能の録画可能な時間が最大「4時間」となります。また、Windowsの制限でデスクトップやエクスプローラー画面が録画できない可能性もあります。そのため、長時間に録画したい、もしくは、Windowsのデスクトップとエクスプローラーを録画したい方は別の方法を試してみましょう。

他の方法と比べると画面録画ソフトでWindows11を録画すると、高品質に画面録画でき、しかも、録画画面の範囲を自由自在にカスタマイズできます。

しかしながら、録画ソフトの無料体験版に録画制限があり、無制限に使うには別途で料金を使う必要があります。

オンラインツールでWindows画面録画を行うと、録画ビデオはクラウドに保存され、パソコン容量を使いません。そのため、パソコン容量が不足の場合は、この方法がおすすめです。

しかしながら、オンラインツールを使用する際にインターネットと接続必要があります。ネットとの接続が不安定の場合は、録画が突然停止したり、画面が黒くなったりする可能性がありますので、ご注意ください。

方法1:録画ソフトを使い、Windows11で画面録画する方法

Windows11のパソコン画面録画するには、一番おすすめの方法は録画ソフトを使用する方法です。ここでは、Windows11画面録画ソフトを使う理由やメリット、おすすめするソフトの機能や方法について解説していきます。

・画面録画ソフトを使い、Windows11で画面を録画するメリット

ここでは、画面録画ソフトを使うメリットについてご紹介します。 メリットとして以下の4つが挙げられます。

①様々な場面に対応している

画面録画ソフトは、画面録画だけでなくWebカメラでの録画など、様々な場面に対応しているというメリットがあります。

②長時間なWindows11録画に対応している

4時間以上など長時間録画に対応していることが、画面録画ソフトのメリットです。

③録画画面の範囲を自由自在にカスタマイズできる

画面録画ソフトは、録画するWindows11画面の範囲を好きなようにカスタマイズできます。

④機能が豊富で動作が軽い

機能が豊富で動作が軽いことが、画面録画ソフトのメリットです。

・Windows11画面録画ソフトなら、DemoCreatorがオススメ!

Windows11画面録画ソフトdemocreator

Windows11画面録画ソフトDemoCreatorの無料ダウンロードはこちらへ

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

画面録画ソフトならWindows11に対応できるWondershare DemoCreatorが一番おすすめです。

Wondershare DemoCreatorは、画面録画・動画編集・ライブ配信を備えた多機能な画面録画ソフトです。

Windows11の画面録画はもちろん、DemoCreatorにはバーチャルアバター録画やカメラ録画、ゲーム録画など6つの録画モードがあり、内容に合わせて機能を使い分けることで高品質な録画が可能になります

なお、画面描画ツールも実装されており、Windows11の画面を録画しながらリアルタイムで注釈を入れたり、カーソルにスポットライトなどをつけたり円や線などを書き込んだりすることができます。

録画できた後、録画ファイルがそのまま動画編集ツールにインポートして直接カットや音量調整、字幕入れなどの編集を加えられるので、とても便利です。

DemoCreatorを使い、Windows11画面録画のやり方

STEP1.Window11画面録画ソフトを起動する

Wondershare DemoCreatorを起動して、「画面録画」をクリックすると「スクリーン」「ゲーム」「バーチャルアバター」など録画モードを選択できます。ここは【スクリーン】を選ぶとします。

windows11画面のモードを選択する

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
STEP2. Windows11の画面録画範囲を選択する

「録画範囲」のタブの中から「録画エリアを指定」を選択して録画する範囲を設定します。「ウィンドウ選択」を選択すると録画するウィンドウが設定できるのです。

Windows11画面録画の範囲を選択する

STEP3. 入力デバイスを設定する

「デバイス」タブの「システムオーディオ」「マイクロフォン」「Webカメラ」の中から、画面と一緒に録画する入力デバイスを設定します。

Windows11画面録画のデバイス設定

Windows11画面録画のTips:

内部音声のみでWindows11画面録画するにはマイクをオフにして、システムオーディオをオンにしましょう。DemoCreatorで録音内容を自由に選択できます

STEP4.Windows11画面録画を開始・停止する

画面上部にある赤い開始ボタン「REC」をクリックするか、キーボードでF9を押すと画面記録が開始されます。

録画を停止したい場合は、停止ボタンをクリックするか、キーボードのF10を押します。

Windows11画面録画を開始・終了

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
STEP5.Windows11の録画動画を保存・共有する

録画終了後、開いた動画編集画面で、Windows11を録画した動画を編集します。画面を録画した動画を保存するには、画面右上にある「エクスポート」ボタンをクリックします。フォーマット(ファイル形式)やプロジェクト名、保存先などを設定して保存しましょう。

完成した動画をYouTubeやVimeoに共有できます。画面右上にある「エクスポート」ボタンをクリックしてから、「YouTube」を選択。タイトルや説明、タグなどを設定して「エクスポート」ボタンをクリックするとYouTubeに動画を共有できます。

Windows11の画面動画を編集・保存

Windows11画面を録画する方法|DemoCreator

DemoCreatorを使ってWindows11で画面録画のメリットは?

  • 直感的なインターフェース: DemoCreatorは使いやすいインターフェースを提供しており、直感的な操作で画面録画を行うことができます。
  • 高品質な録画:最大4K、120fpsで録画できます。
  • 多様な録画オプション:DemoCreatorにはさまざまな録画オプションが用意されています。画面全体を録画するだけでなく、特定のウィンドウや領域のみを録画することも可能です。さらに、Webカメラやマイクの録音、システム音声の録音など、録画に関連するさまざまなオプションを利用できます。
  • 動画編集機能:録画した映像を編集することで、必要な部分をトリミングしたり、テキストや音声を追加したりすることができます。さらに、豊富なトランジションやエフェクトも利用できます。
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

・DemoCreator以外、Windows11画面録画ソフト2選!

DemoCreator以外、Windows11で使える画面録画ソフトは多数あります。これから大人気があるWindows11画面録画ソフトも紹介していきます。Windows録画ソフトを探している方は是非確認しましょう。

①無料で使えるWindows11画面録画ソフト:OBSスタジオ

Windows11録画ソフトOBS

OBSは誰でも無料で使えるWindows11画面録画ソフトです。高度なカスタマイズが可能であり、複数のソースからの録画、スクリーンキャプチャー、カメラ録画、オーディオ録音も対応できます。また、録画品質も非常に良いです。

しかしながら、OBSの操作方法は複雑で、初心者にはやや学習コストが高いかもしれません。しかも、動画編集機能も搭載していないので、録画ビデオを編集する場合は、別の動画編集ソフトを使用する必要があります。

①大人気があるWindows11録画ソフト:カムタジアスタジオ(Camtasia)

windows11録画ソフトCamtasia

出典:Camtasia公式サイト

カムタジアスタジオは、Windows画面録画と動画編集ができる高機能なツールです。ソフトのインターフェースはカンタンで、初心者も操作できます。

また、カムタジアを使い、4K解像度と高フレームレートでの録画が可能になります。また、録画中にテキスト、矢印、図形などを追加でき、視聴者の注意を特定の部分に引き付けることが可能です。

しかしながら、カムタジアは有料ソフトウェアであるため、他の録画ソフトと比べると比較的高価となります。

Part2:標準搭載のXbox Game BarでWindows11画面を録画する方法

Windows11で画面録画するには、標準搭載のXbox Game Bar(エックスボックス ゲーム バー)と呼ばれるアプリケーションを使用するという方法があります。

ここでは、Xbox Game BarでWindows11画面を録画する方法について解説します。パソコンでゲームを行う画面を録画する方法を例にして詳しく解説するので、参考にしてください。

関連人気記事:ゲームバー(Xbox Game Bar)で録画する方法は?録画できない時の原因と対策も詳しく解説!

STEP1. Windows11画面録画の設定を行う

まず、Xbox Game Barでパソコン画面を録画するための設定をします。Windows11の「スタート」ボタンを開いて「設定」を選択。「設定」の中にある「ゲーム」をクリックします。そして、Xbox Game Barのオプションをクリックします。

画面の右側にあるオプションコントローラーのボタンで、「Xbox Game Barを開く」を有効にすると設定完了です。

STEP2. Xbox Game Barを起動する

次に、Xbox Game Barを起動します。「Windows」キーと「G」キーを同時に押すか、「スタートメニュー」の中から「Xbox Game Bar」を選択すると起動できます。

STEP3. Windows11画面録画を開始する

そして、実際に画面を録画します。「キャプチャ」ウィンドウの中にある「記録開始」ボタンをクリックすると、画面録画できます。Xbox Game Barのアプリケーションは、画面録画の間は非表示になります。

画面上に「キャプチャの状態」という画面録画時間を表示するウィンドウが表示されていたら画面録画状態です。

Xbox Game BarでWindow11画面を録画する

STEP4. 画面録画を停止する

画面録画が完了したら停止します。「キャプチャの状態」のウィンドウにある「録画停止」ボタンをクリックすると、画面録画を停止できます。

STEP5. Windows11画面録画動画の保存

最後に画面録画データを保存します。画面録画したデータは、ビデオフォルダの中のキャプチャフォルダに保存されます。

Window11で画面録画したいなら、やはりDemoCreatorがお薦め!無料ダウンロードはこちらへ

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

Part3.オンラインツールでWindow11画面を録画する方法

最近オンラインツールでWindows11の画面を録画する人も増えてきました。オンラインツールは一般的にユーザーフレンドリーで、利用が容易です。特別なスキルや知識がなくても、直感的なインターフェースを通じて簡単に画面録画ができます。

また、一部のオンラインツールは、クラウドベースの保存オプションを提供しています。これにより、パソコン画面録画データをオンライン上で保存し、複数のデバイスでアクセスできるため、データの取り回しが便利となります。

今回はおすすめのオンラインパソコン画面録画ツールDemoAirです。

DemoAirは、DemoCreatorと同様、世界的クリエイティブ企業「Wondershare社」が開発した、オンライン録画ツールです。活用すると手軽くWindows11画面を録画できます。

STEP1.Windows11画面録画オンラインツールDemoAirを開く

DemoAirはオンラインツールなので、ソフトをパソコンにインストールする手間はありません。

DemoAir公式ページから「録画開始」を選択すると、オンライン録画画面が開きます。

オンラインDemoairでwindows11画面録画を行う

STEP2.パソコン録画モードを選択する

YouTubeを録画するには「PC画面のみ」モードを選択して、「録画開始」をクリックしましょう。

ご注意:無料体験版は録画制限があります。

STEP3.録画内容を指定し、録画開始する

DemoAirでは、録画する画面を自由に選ぶことが可能です。Windows11で録画したい内容を指定した後、画面録画を開始ます。

Win11画面録画を開始する

STEP4.Windows11画面録画を停止して保存する

画面下の四角マークを選択すると、画面録画が終了します。

win11画面録画を停止する

録画ファイルをパソコンのローカルディスクに保存するには、「ダウンロード」ボタンをクリックします。クラウドに保存するには、Googleクラウドを選択してアップロードしましょう、

win11録画ファイルを保存する

Part4:Windows11で画面録画する際の注意点

ここでは、Windows11で画面録画する際に気をつけておきたい注意点について解説します。

・画面録画できる時間を把握する

Windows11で画面録画する際は、録画できる時間を把握しておきましょう。画面録画時間はあらかじめ決められているからです。

決められた時間になると自動で録画が停止します。Xbox Game Barが連続で録画できる最大時間は4時間です。デフォルトの設定は2時間なので、もっと伸ばしたい場合は変更しましょう。

また、DemoCreatorの製品版に切り替わると無制限でWindows11画面録画できます。

・保存先の空き容量を把握する

画面録画したファイルを保存する先の空き容量を把握するようにしましょう。せっかく画面録画しても保存できなくなる可能性があるからです。

特にXbox Game Barを使った動画ファイルは容量が大きいので、保存先の空き容量に注意する必要があります。30分くらいの画面録画でも、動画ファイルの容量が1GBを超えることがあるので注意しましょう。

・Windows11画面録画中に他の操作をしないようにする

気をつけておきたいポイントとして、画面録画中に他の操作をしないようにすることも挙げられます。画面録画中に他の操作をすると、録画が停止することがあるからです。

Xbox Game Barは画面録画したいウィンドウをアクティブにした状態で録画をしますが、録画しているウィンドウの大きさが変更されたりすると、画面録画は終了します。なので、画面録画している間は他の操作をしないようにしましょう。

まとめ:Windows11で画面録画するのは簡単なので試してみよう!

この記事では、Windows11でパソコン画面を録画する方法について解説しました。Windows11でパソコン画面を録画するには、標準搭載のXbox Game Barだけでなく、録画専用ソフトとオンラインツールを使用するという方法もあります。

Windows11に対応している録画ソフトを使うなら、機能が充実して使いやすいWondershare DemoCreatorが最もおすすめです。Wondershare DemoCreatorは無料で使用できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Windows11画面を録画した動画の編集方法

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
相葉

相葉

staff 編集長