【PS4録画】PS4のゲーム実況録画方法を解説!

相葉
相葉
2021-01-08 11:56:54 • カテゴリ: ゲーム録画
0

家庭用ゲーム機であるPS4は、全世界で出荷台数が1億台を突破した世代を代表するゲーム機です。そのため、ゲーム実況をおこなうという方も大変多くなっています。今回は、そんなPS4において、ゲーム実況を録画する方法をソフトウェア、本体機能の両方から解説していきます。

Part1:はじめに

PS4でゲーム実況を録画する方法には、様々なモノが用意されています。それぞれによって、音質や画質なども変わってくるため、それぞれに合った出力方法を選ぶことが肝要となってきます。

Part2:PS4のゲーム実況を録画する方法2つ

一つは、Demo Creatorで録画する

ゲーム実況を録画する方法としてもっともポピュラーなのが、PCに映像を出力してその映像を録画するという方法です。今回、紹介するのは、中国深センの人気ソフトウェア会社であるWondershareが、開発したDemo Creatorを使用しての録画方法です。Demo CreatorはPC上の画面録画に特化したソフトウェアとなっており、PCに出力したゲーム動画を録画することにも長けています。

まず、録画するには、PS4でのプレイ動画をPCに出力する必要があります。このとき、よくおこなわれるのがキャプチャーボードといったハードウェアを使用して出力する方法です。HDMI入力端子付き付きのキャプチャーボードを介して、PCとPS4を結ぶことで問題なく映像が出力できます。こうして出力した映像にプレイしながら実況をつける、もしくはプレイした後に実況をつけるのがゲーム実況の基本的な形です。どちらにしても、手順は以下です

①.ソフトを起動して、「新規レコード」をクリックする

まずDemo Creatorを起動します。すると、基本的なメニュー画面が表示されるので、左側から新規レコードをクリックしましょう。

②.録画したい範囲を指定し、RECボタンを押す

取り込み画面が表示されたら、出力したゲーム画面に沿って範囲を指定します。右下のRECボタンを押せば録画開始です。

上級設定や音声設定で、録画したいゲーム画面の設定も、場合によっては求められます。録画中に実況プレイをするのも、録画が完了してから後付で実況をつけるのも個人の自由です。

demo-creator

もう一つは、PS4に搭載されている録画機能で録画する

PS4には本体機能として、録画機能が搭載されています。設定をしない段階でも、常時直近15分の動画が録画されているようになっており、設定でさらにのばすことができます。利用したい場合は、

  • まず、PS4のコントローラー右側にあるシェアボタンを2回押しましょう。
  • すると、そこから録画がスタートします。

これまでの録画を保存した場合は、シェアボタンを長押ししてビデオクリップの保存を選びます。キャプチャーギャラリーからは、録画した映像を確認することが可能で、問題なければそれをUSBストレージに保存してPCに転送します。PS4の機能であるリモートプレイを駆使してパソコンにゲーム画面を出力する方法もあります。

これは、PCに専用のアプリをインストールして、コントローラーとPCをUSBで接続することで利用可能です、こうやって、PCに出力したゲーム画面で実況プレイをおこなって、それをDemo Creatorで録画ということもできます。

Part3:PCゲーム録画ソフトおすすめーDemo Creator

Demo Creatorをゲーム録画で利用するメリットには、様々なモノがあります。一番のメリットは、その操作のしやすさです。Demo Creatorは誰でも使えるように直感的な操作が可能な、インターフェイスを搭載しています。そのため、複雑なモノも多い録画ソフトウェアの中では、屈指の操作のしやすさを誇っています。

また、録画したファイルをそのまま編集できる機能は、他のソフトウェアではあまりありません。教材の制作もできるDemo Creatorだからこその機能であり、動画編集ソフトを介さなくてもこれ一つで、ゲーム実況の編集までおこなえるという特徴があります。

Part4:PS4でゲーム実況を録画するならDemo Creator

今回は、PS4でゲーム実況を録画する方法について、様々な方法を解説してきました。おすすめとなるのは、Demo Creatorを使っての録画です。本体機能や他のソフトウェアを使用した場合よりも、映像がきれいにうつり、音ズレも起きにくいためです。PS4でゲーム実況を録画したい場合には、Demo Creatorを駆使することがよりよい録画になります。

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント