バージョン5.0

2021年6月23日

• 3つの録画モードを利用可能:「キャプチャー」、「クイックキャプチャー」、「ゲーム録画」

• ウェブカメラの録画にAI顔認識技術を組み込む。

• 動画編集ツールでもAI顔認識エフェクトを追加。

• テキストアニメーション(6つ)を新たに実装。

• 50+以上のトランジションエフェクトを内臓。

• 新たに20+以上の効果音エフェクトを追加。

• 画像と映像用のモーションエフェクトを8つ内臓。

• 動画にロゴを追加して編集することが可能。

• エフェクトストアの立ち上げ:10000+以上のリソースとテンプレート素材を提供。

バージョン 4.7

2021年5月17日

• ユーザーガイダンスを最適化した。

• エクスポートプロセスをよりシンプルにした.

• ヘルプメニューの順序を調整した。

• トップアイコンを最適化した。

•バージョン4.7の再ダウンロードは こちらをクリックしてください。

バージョン 4.6

2021年4月2日

• ゲーム録画モードをアップグレードした。

• タイムラインの交互作用を改善した。

• 速度調整機能を最適化した。

• いくつかのバグを修復した。

バージョン 4.5

2021年3月5日

• ゲーム録画オプションを録画ツールのトップ画面に移動した。

• 透かしなしでビデオをプレビューできる。

• ニュースボックスを追加した。

• いくつかのバグを修正した。

バージョン 4.4

2021年1月5日

• カーソルエフェクト-スポットライトを追加した。

• プレビューするリソースを直接ドラッグできる。

• いくつかのバグを修正した。

バージョン 4.3

2020年11月27日

• 描画機能を新たに追加: 録画中に、記録画面で描画したり書き込んだりすることが可能。

• スポットライト機能を追加: 記録画面で重要なポイントを強調できる.

• オーディオのフェードイン・フェードアウト機能: 音声クリップでフェードイン・アウトをかけることができる.

バージョン4.0

2020年8月24日

• 新しくデザインしたターフェース。

• 画面録画機能の最適化。

• 新しい編集機能(例えばトランジション、ステッカー、グリーンスクリーンエフェクトなど)を追加.

• 製品の安定性を向上。

バージョン 3.7

2020年7月15日

• 完全に新しいインターフェース。

• 新しい画面記録機能:カスタマイズ画面、全画面またはターゲット画面。

• より強力な編集機能:注釈、カーソル、エフェクト。

バージョン 3.5

2011年1月5日

• まったく新しい録音設定。

• スポットライト、ぼかし、ハイライトなど、より分類された編集オブジェクト。

• デモに複数の画像をインポートできます。1つの画像を1つのスライドにできます。

• 最適化されたズーム設定。

• ライブラリのFlashアニメーションが最適化されました。

バージョン 3.0

2010年5月31日

• シンプルな録画モード>事前設定されたホットキーでスクリーンショットをキャプチャします。

• パワフルな動画編集ツール > タイトルフォーマットを使いテキストをより簡単に作成できます。

• キャプチャオプションを使いパソコンデスクトップ任意な画面を絞って録画出来ます。

• シングルなファイル保存オプションでデータをバックアップおよび共有します。

バージョン 2.6

2009年6月10日

• ストリーミングFlashムービー:最初のセグメントがロードされると、ムービーの再生が開始されます。

• オーディオモジュールを最適化し、オーディオソースオプションを追加する。

• 録画一時停止・再開が可能になりました。

•クリックゾーンを追加 – ユーザーはOnClickイベントに割り当てることができます(続行、スライドに移動、 URLに移動、電子メールを送信、またはデモを閉じる)。

バージョン 2.5

2008年12月5日

• 満足度を高めるためにバグを修正し、ユーザーがプログラムをより簡単に使用できるようになりました。

• ステージディメンション、録画領域、オーディオクリップ関連機能が改善されました。

バージョン 2.0

2008年4月2日

• フルモーション録画の機能を追加。 デモ作成のためにスクリーンショットの録画だけでなく、フルモーションの録画機能が追加され、画面上のライブビデオやマウスの操作動作など、PC画面上のあらゆるアクションの録画が可能に。

バージョン1.5

2007年10月24日

• 変更をリアルタイムで表示。

• アニメーションの挿入。

• オーディオエディターが改善され、指定した箇所にサウンドを挿入が可能に。

• マウスクリックアニメーションを自動的に作成。

• マウスクリックのタイミングを最適化。

• 録音の品質とユーザーエクスペリエンスの向上。

バージョン 1.0

2007年4月7日

フラッシュベースのデモや、チュートリアル、シミュレーションを作成する新しいツール、DemoCreatorが Wondershare製品のファミリーメンバーとして新登場。

バージョン5.0

2021年6月23日

• 2つの録画モードを利用可能:「キャプチャー」、「クイックキャプチャー」

• ウェブカメラの録画にAI顔認識技術を組み込む。

• 動画編集ツールでもAI顔認識エフェクトを追加。

• テキストアニメーション(6つ)を新たに実装。

• 50+以上のトランジションエフェクトを内臓。

• 新たに20+以上の効果音エフェクトを追加。

• 画像と映像用のモーションエフェクトを8つ内臓。

• 動画にロゴを追加して編集することが可能。

• エフェクトストアの立ち上げ:10000+以上のリソースとテンプレート素材を提供。

バージョン4.5

2021年5月21日

• エクスポートプロセスをよりシンプルにした。

• いくつかのバグを修正した。

•バージョン4.5の再ダウンロードは こちらをクリックしてください。

バージョン 4.3

2021年02月26日

• 描画機能を新たに追加: 録画中に、記録画面で描画したり書き込んだりすることが可能。

• スポットライト機能を追加: 記録画面で重要なポイントを強調できる.

• オーディオのフェードイン・フェードアウト機能: 音声クリップでフェードイン・アウトをかけることができる.

バージョン 4.0

2020年10月30日

• 新しくデザインしたターフェース。

• 画面録画機能の最適化:マイクロフォン、ウェブカメラの録画。

• 新しい編集機能(例えばトランジション、ステッカー、グリーンスクリーンエフェクトなど)を追加。

• GPU アクセラレーション。

バージョン 3.0

2019年10月22日

• 完全に新しいインターフェース。

• より強力な編集機能:注釈、カーソル、効果。

• ズーム設定の最適化。

バージョン2.0

2018年4月8日

• まったく新しい録音設定。

• 画面録画一時停止/録画再開ができる。

• 製品の安定性を向上。

バージョン 1.0

2017年6月14日

フラッシュベースのデモや、チュートリアル、シミュレーションを作成する新しいツール、DemoCreatorが Wondershare製品のファミリーメンバーとして新登場。