バージョン更新履歴

最新バージョンにアップデート

このページでは、DemoCreatorの最新バージョン情報
及び各バージョンの新規追加機能、改善点などを詳しく
ご確認いただけます。
democreator
2021

バージョン 5.2

9月27日

新規追加点

  • PPTファイルをインポートして編集できるように。
  • 出力可能なビデオ形式を追加:MP4、AVI、MOV、WMV、MKV、TS、WEBM、M4A。
  • テキスト編集で文字間隔と行間隔の調整ができるように。
  • 【アニメーション】ライブラリーを新たに追加。

改善点

  • ソフト起動速度とパフォーマンスを向上した。
  • 録画モードのインターフェースを最適化。
  • いくつかのバグを修正しました。

バージョン 5.1

8月26日

新規追加点

  • より魅力的なテキストアニメーションと映像モーションを追加。
  • フィルターエフェクトを多く追加。フィルターに対する編集も可能。

改善点

  • エクスポートインターフェイスをよりシンプルに。出力するビデオの品質の迅速な設定が可能。
  • エフェクトパックのダウンロードプロセスを最適化。

バージョン5.0

6月23日

新規追加点

  • 3つの録画モードを利用可能:「キャプチャー」、「クイックキャプチャー」、「ゲーム録画」。
  • Webカメラの録画にAI顔認識技術を組み込む。
  • 動画編集ツールでも顔認識エフェクトを追加。
  • テキストアニメーション(6つ)を実装。
  • 50+以上のトランジションエフェクトを内臓。
  • 20+以上の効果音エフェクトを搭載。
  • 画像と映像用のモーションエフェクトを8つ内臓。
  • 動画にロゴを挿入して編集することが可能。
  • エフェクトストアの立ち上げ:10000+以上のリソースとテンプレート素材を提供。

改善点

  • ソフトウェアのパフォーマンスと安定性を向上。

バージョン4.7

5月17日

新規追加点

  • ヘルプメニューの順序を調整した。
  • トップアイコンを最適化した。
  • バージョン4.7の再ダウンロードは こちらをクリックしてください。

改善点

  • ユーザーガイダンスを最適化した。
  • エクスポートプロセスを簡素化した。

バージョン4.6

4月2日

改善点

  • ゲーム録画機能をアップグレードした。
  • タイムラインの交互作用を改善した。
  • スピード調整機能を最適化した。
  • いくつかのバグを修復した。

バージョン4.5

3月5日

新規追加点

  • ソフトウェアトップ画面でゲーム録画オプションを追加。
  • 透かしなしでビデオをプレビューできる。
  • メッセージセンターを追加した。

改善点

  • いくつかのバグを修正した。

バージョン4.4

1月5日

新規追加点

  • カーソルエフェクト-スポットライトを追加.
  • 素材を直接プレビューウィンドウにドラッグして再生できるように。

改善点

  • いくつかのバグを修正した。

バージョン 4.3

2020年11月27日

新規追加点

  • 画面描画ツールを追加: 録画中に記録画面で描画したり書き込んだりすることが可能。
  • 録画中のスポットライト機能を追加:記録画面で重要なポイントを強調できる。
  • オーディオのフェードイン・フェードアウト機能を追加: 音声クリップでフェードイン・アウトをかけることができる.
  • ズーム&パンエフェクトを追加: 視聴者を引き付けるために、ビデオ上の特定のオブジェクトを強調表示する。

バージョン 4.2

10月28日

新規追加点

  • 新しいユーザーガイダンス。
  • GPUアクセラレーション設定機能を追加。

改善点

  • 「クイックエクスポート」機能を最適化。
  • いくつかのバグを修正した。

バージョン 4.1

10月13日

新規追加点

  • NPSユーザーフィードバックを追加。
  • クイックエクスポート機能を追加。

改善点

  • プロパティパネルのUIを最適化。
  • 「グリーンスクリーン」機能を最適化。

バージョン4.0

8月24日

新規追加点

  • 新しくデザインしたインターフェース。
  • 新しい編集機能(例えばトランジション、ステッカー、グリーンスクリーンエフェクトなど)を追加。

改善点

  • 画面録画機能を最適化。
  • 製品の安定性を向上。

バージョン 3.7

7月15日

新規追加点

  • 完全に新しいインターフェース。
  • 新しい画面記録機能:カスタマイズ画面、全画面またはターゲット画面。
  • より強力な編集機能:注釈、カーソル、エフェクト。
2021

バージョン5.1

9月6日

新規追加点

  • 新しく魅力的なテキストアニメーションと映像モーションを追加。
  • フィルターエフェクトをより多く追加。フィルターに対する編集も可能に。

改善点

  • エクスポートインターフェイスをよりシンプルに。出力するビデオの品質の迅速な設定が可能。
  • エフェクトパックのダウンロードプロセスを最適化。

バージョン5.0

6月23日

新規追加点

  • 2つの録画モードを利用可能:「キャプチャー」、「クイックキャプチャー」。
  • Webカメラの録画にAI顔認識技術を組み込む。
  • 動画編集ツールでも顔認識エフェクトを追加。
  • テキストアニメーション(6つ)を実装。
  • 50+以上のトランジションエフェクトを内臓。
  • 20+以上の効果音エフェクトを搭載。
  • 画像と映像用のモーションエフェクトを8つ内臓。
  • 動画にロゴを挿入して編集することが可能。
  • エフェクトストアの立ち上げ:10000+以上のリソースとテンプレート素材を提供。

改善点

  • ソフトウェアのパフォーマンスと安定性を向上。

バージョン4.5

5月21日

改善点

  • エクスポートプロセスを簡素化。
  • いくつかのバグを修正した。
  • バージョン4.5の再ダウンロードは こちらをクリックしてください。

バージョン 4.3

2月26日

新規追加点

  • YouTubeに動画をアップロードできるように。
  • 画面描画でテキストツールを追加。
  • 素材を直接プレビューウィンドウにドラッグして再生できるように。
  • ユーザーガイダンスを最適化。

バージョン 4.2

1月28日

新規追加点

  • ズーム&パン機能を追加。
  • クイックエクスポート機能を追加。
  • カーソルエフェクト(スポットライト、拡大鏡)を追加。
  • >

改善点

  • いくつかのバグを修復した。

バージョン 4.1

1月15日

新規追加点

  • 画面描画ツールを追加。
  • リップル削除機能を追加。
  • オーディオフェードイン、フェードアウト機能を追加

改善点

  • いくつかのバグを修復した。

バージョン 4.0

10月30日

新規追加点

  • 新しくデザインしたターフェース。
  • 新しい編集機能(例えばトランジション、ステッカー、グリーンスクリーンエフェクトなど)を追加。
  • GPU アクセラレーション設定機能を追加

改善点

  • 画面録画機能の最適化:マイクロフォン、ウェブカメラの録画。