Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

Androidスクリーンレコード録画機能がない原因と対応策について詳しく解説

相葉
2022-05-25 20:08:16 • Filed to: スマホ画面録画

Androidスマートフォンを使用していて、「画面録画をしたいけど、録画ができない」、「画面録画ができる方法を知りたい」と悩んでいませんか?

この記事では、Androidスクリーンレコード機能がない原因と対応策について詳しく解説します。

1、Androidスクリーンレコード録画機能がない原因

Androidにスクリーンレコード機能がない原因として以下4つが考えられます。

  • AndroidスマートフォンがAndroid 11に未対応
  • Android 10以前のスマートフォンは録画アプリがインストールされていない
  • 端末の空き容量が不足している
  • スマートフォンの不具合

それぞれについて詳しくみてみましょう。

原因1AndroidスマートフォンがAndroid 11に未対応

画面録画機能「スクリーンレコード」は、Android 11から搭載されています。

Android 11は2020年9月にリリースされ、多くの機種がアップデートできます。しかし、一部の古い機種はAndroid 11にアップデートできないので注意しましょう。

Android 11へのアップデートに対応している一部の機種は以下の通りです。

  • Google Pixel 3/Pixel 3 XL/Pixel 3 XL
  • AQUOS R3/Zero 2/sense3/R5G/sense4/
  • arrows Be3/Be4/arrows 5G/arrows NX9
  • Galaxy S10/S10+/S20 5G/S20+ 5G/Galaxy A20/A41/A51 5G/A21/Galaxy Note 10+/Note 20 Ultra 5G
  • LG style2/style3/V60 ThinQ 5G/VELVET
  • Xperia 1/1 II/5/5 II/10/10 II
  • dtab d41A/dtab Compact d42A

原因2Android 10以前のスマートフォンは録画アプリがインストールされていない

Android 10以前のスマートフォンは、録画できる機能が一部の機種を除いて搭載されていません。

しかし、画面録画をしたい場合は「AZスクリーンレコーダー」或いは「XRecorder」などのアプリをダウンロード・インストールすれば画面録画が可能です。

画面録画ができるアプリや操作方法については、後ほど詳しく解説します。

原因3端末の空き容量が不足している

画面録画には沢山の容量が必要です。そのため、端末の空き容量が足りないと録画ができません。

空き容量を確保するために、不要なデータやアプリを削除しましょう。

原因4スマートフォンの不具合

スマートフォンの不具合で録画ができない場合も考えられます。

上記で説明した原因に該当しない方は、一度スマートフォンの再起動をすると改善できる可能性があります。

2、Androidスクリーンレコード機能がない場合の対応策

スクリーンレコード機能がない場合の対応策を紹介します。

対応策は以下の2つです。

  • 画面録画アプリを使う
  • ミラーリングとPC画面録画ソフトを使う

それぞれについて詳しく解説します。

【方法1.画面録画アプリを使う】

画面録画アプリを使用して、スクリーンレコードを行う方法を解説します。

画面録画ができるアプリは以下の5つです。

  • AZスクリーンレコーダー
  • XRecorder
  • Mobizen Screen Recorder
  • Super Screen Recorder
  • Go Recorder

それぞれの特徴や機能を表にまとめ、操作方法について記述します。

おすすめアプリ1.AZスクリーンレコーダー

Androidスクリーンレコードの代わりになるアプリAZスクリーンレコーダー

AZスクリーンレコーダーは無料で使える録画アプリです。

リアルタイムでスマホの操作画面を録画できるので、スマホの使い方やゲームの実況中継に最適です。

録画だけでなく編集機能も沢山あるので、録画した内容を編集したい方におすすめ。

その1.AZスクリーンレコーダーの特徴や機能・メリットデメリット

特徴

  • 無料で利用可能
  • アプリとパソコンで共有できる
  • 細かい設定がスマートフォン上で可能

機能

  • 動画のトリミング
  • 部分カット
  • GIF変換
  • フレーム追加
  • 画面の切り取り
  • 字幕やロゴの埋め込み
  • 動画の結合

メリット

  • 画面を簡単にキャプチャできる
  • ウィジェットで録画ボタンを表示できるので、好きなタイミングで録画が可能

デメリット

  • 内蔵音声を直接録音ができない

その2.AZスクリーンレコーダーの録画方法

AZスクリーンレコーダーの使い方・手順について紹介します。

  1. 「今すぐ開始」をタップ
  2. カウントダウンが終わると録画が開始
  3. 停止したい場合は、画面端にあるアイコンをタップして、録画メニューを表示→停止アイコンをタップ。もしくは通知バーをタップして、録画メニューを表示→停止アイコンをタップ
  4. 録画した動画は、アプリトップに保存され、確認可能

このように、ワンタップで手軽に画面を録画することができます。

おすすめアプリ2.XRecorder

Androidスクリーンレコードの代わりになるアプリAZXRecorder

XRecorderは、画面録画機能だけでなく、動画のトリミングやBGM・テキストなど多様の機能を利用して編集できるアプリです。

声も一緒に録音できるので、実況中継の録画撮影に最適。

その1.XRecorderの特徴や機能・メリットデメリット

特徴

  • 他のアプリ操作やゲーム実況の録画が可能
  • スマートフォン1台で動画編集が可能
  • Android 10以降なら、自身の声も一緒に録音可能

機能

  • 動画のトリミング
  • 速度調整
  • 動画のコピー
  • 音楽やテキストの挿入
  • クロップ
  • 回転

メリット

  • 時間無制限で録画中の一時停止も可能
  • 撮影したデータを使用して、アプリ内で動画や写真の編集作業が可能

デメリット

  • 近くにある物の音を拾いやすい

その2.XRecorderの録画方法

XRecorderの使い方・手順について詳しく紹介します。

  1. 「録画」ボタンをタップ
  2. カウントダウン後に録画が開始
  3. 「一時停止」「再開」「録画終了」したい場合、通知パネルかショートカットにあるボタンをタップ
  4. 再開する場合も、通知パネルかショートカットにあるボタンをタップ
  5. 画面録画した動画は「ギャラリー」に保存され、確認可能

このようにXRecorderを使えば、手軽にスクリーンレコードができます。

*Android 10未満を使用している方は内部音声の録音が非対応です。

関連人気記事:画面録画アプリXrecorderの使い方をご紹介

おすすめアプリ3.Mobizen Screen Recorder

Androidスクリーンレコードの代わりになるアプリMobizen Screen Recorder

Mobizen Screen Recorderは録画機能だけではなく、録画と並行してイントロやアウトロ、画面のキャプチャが可能。

高画質での撮影が可能なアプリです。

その1.Mobizen Screen Recorderの特徴や機能・メリットデメリット

特徴

  • 録画と並行してイントロやアウトロ、画面キャプチャが可能
  • 1080pHD録画で高画質
  • 編集機能も完備。そのまま投稿できるクオリティー

機能

  • 動画のトリミング
  • 動画分割
  • フレーム抽出
  • サウンド効果
  • イントロやエンディングの追加

メリット

  • 初期設定で、スクリーンショットと録画のアイコンがメニューに組み込まれている
  • 起動が早く、アイコンを消す機能がある

デメリット

  • 10分以上撮影すると、画面が時々途切れる
  • 音声がマイクから入るので、他の声や音が入ってしまう

その2.Mobizen Screen Recorderの録画方法

Mobizen Screen Recorderの使い方・手順について紹介します。

  1. 録画アイコンをタップし、3秒のカウントダウン後に録画開始
    *カウントダウンは数秒の変更や無しに変更可能
  2. 停止または一時停止する場合は、同じく録画アイコンをタップ
  3. 「閉じる」をタップすると録画が終了
  4. 保存された動画の確認方法:アプリをタップしアイコンを表示→四角のアイコンをタップ→設定画面左のフィルムアイコンをタップ→撮影された動画が表示される

録画開始前のカウントダウンも設定できるので、自分のペースで録画ができます。

関連人気記事:Mobizenスクリーンレコーダーの使い方を徹底解説

おすすめアプリ4.Super Screen Recorder

Androidスクリーンレコードの代わりになるアプリSuper Screen Recorder

Super Screen Recorderは録画機能を基本とし、ビットレート・解像度・フレーム・サウンドエフェクトなど編集に特化したアプリです。

他にも動画圧縮やビデオをGIFに変換など、様々なプラットフォームに共有が可能。

その1.Super Screen Recorderの特徴や機能・メリットデメリット

特徴

  • ビデオをGIFに変換できる
  • 縦横両方の録画モードに対応している
  • 録画した動画を様々なプラットフォームに共有できる

機能

  • 動画・画像編集
  • 動画を回転
  • 圧縮
  • 動画結合
  • 動画をGIFに変換
  • 動画に音楽を追加できる

メリット

  • 1時間以上の録画も途切れることもなく録画ができる
  • フルHDで撮影できる

デメリット

  • 無料版では、操作ごとに広告が入る
  • 録画時、外の音声も入る

その2.Super Screen Recorderの録画方法

Super Screen Recorderの使い方・手順について紹介します。

  1. 画面端に表示される四角ボタンをタップ
  2. 3秒のカウントダウン後に録画開始
  3. 録画を停止するときは、先ほどと同じ四角ボタンをタップ
  4. 撮影した動画はアプリ内に保存され、画面上部に「見る」をタップすると動画を閲覧できる

操作方法はシンプルで、扱いやすいアプリケーションです。

おすすめアプリ4.Go Recorder

Androidスクリーンレコードの代わりになるアプリGo Recorder

Go Recorderは、録画機能はもちろんのこと、ワンタップでスクリーンショット。動画編集もシンプルにできるのが特徴のアプリです。

その1.Go Recorderの特徴や機能・メリットデメリット

特徴

  • 各ソーシャルメディアと共有ができる
  • 撮影した動画に、お気に入りのメロディを追加できる
  • 撮影途中でもスクリーンショットができる

機能

  • 動画編集
  • スクリーンショット
  • Wi-Fi転送
  • 動画の共有

メリット

  • 録画途中でもスクリーンショットが撮れる
  • フルHDの動画を作成
  • 動画編集で音楽を追加できる
  • Wi-Fi転送で、PCに動画やスクリーンショットをアップロードできる
  • 予約録画機能がある

デメリット

  • 高画質で録画すると、動きが重くなる
  • ゲーム実況だと、ゲームの音が拾えない場合がある

その2.Go Recorderの録画方法

Go Recorderの使い方・手順について紹介します。

  1. 画面端にあるビデオアイコンをタップ
  2. 丸マークをタップすると、ビデオ画質「1080P」「720P」「540P」「480P」のどれかを選択
  3. 3秒のカウントダウン後に録画が開始
  4. 停止・一時停止する場合は、録画時間のカウントがされているアイコンをタップ
  5. 保存先はアプリ内。アプリ内で撮影した動画を閲覧できる

画質を選択する場面では、「1080P」「720P」が有料です。無料で撮影する場合は、「540P」「480P」のどちらかを選びましょう。

【方法2.ミラーリングとPC画面録画ソフトを使う】

方法2つめは、ミラーリングとPC画面録画ソフトを使う方法です。

ミラーリングは、「Vysor」を使用して、Androidスマートフォンの画面をパソコンに映す方法です。

PCに映し出されたスマートフォンの画像をミラーリングするのは、PC画面録画ソフト「Wondershare DemoCreator」を使用して行います。

Step1.スマートフォンアプリ「Vysor」でパソコンに映す

スマートフォンの画面をパソコンに映す方法は以下の通りです。

  1. Androidスマートフォンで設定→デバイス情報→ビルド番号の順にタップ
  2. ビルド番号を7回連続タップすると「これでデベロッパーになりました」と表示される
  3. 続いて、システム→開発者向けオプション→USBデバッグをONにする
  4. ケーブルでスマートフォンとパソコンを接続する
  5. スマートフォン上でアクセスを許可する
  6. パソコンで「Vysor」に接続
  7. Androidデバイス→USBデバイスを接続する→ミラーリングしたいスマートフォン機種を選択

以上の手順で、スマートフォン画面をパソコン上に映すことができます。

Step2.PC画面録画ソフトWondershare DemoCreatorで画面録画を行う

パソコン上に映しだされた画面を録画するには、Wondershare DemoCreatorがおすすめです。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Wondershare DemoCreatorは、初心者でも簡単に操作ができ、手軽に動画を編集ができます。特徴や機能について軽く触れた後、操作方法について解説します。

Wondershare DemoCreatorの特徴

画面録画と動画編集をDemoCreator一つで完結できるのが最大の特徴です。PC画面だけではなく、Webカメラ及び外付けマイクの音声も同時に録画・録音できます。

画面を起動すると、取り組みたい作業内容がわかりやすく表示されているため、ワンクリックで直ぐにとりかかれます。

Wondershare DemoCreatorの機能

DemoCreatorの機能は7つあります。

  • パソコン画面の録画
  • 録画範囲とフレームレートを自由にカスタマイズできる
  • 編集画面で録画ポイントをマークできる
  • AI顔認識技術が組み込まれた高度なWebカメラ録画機能
  • カメラ内蔵マイクとシステム音声を同時に録画が可能
  • リアルタイムで画面描画が可能
  • 進行中のゲームを高画質で簡単に録画

これらの機能設定は初心者でもワンタッチで操作が可能。見て直感的に操作ができるため、手軽に画面録画・編集ができます。

保存形式はMP4、MOV、WMV、GIF、MP3など、さまざまな形式に対応。友人やSNSで手軽に共有が可能です。

Wondershare DemoCreatorのメリット

初心者でも簡単に操作ができるのが最大のメリットです。

  • 画面録画:ホーム画面→録画モードを選択→録画範囲を指定→録画開始
  • 編集画面:録画した動画をインポート→編集した部分を操作

画面録画は4ステップ。編集画面は最短2ステップで操作が可能。

通常であれば、画面録画と編集画面は別々のソフトで行いますが、DemoCreatorは1つのソフトで作業ができるため、作業をスムーズに行えます。

おすすめのPC画面録画ソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Wondershare DemoCreatorでPC画面を録画する操作手順

スマートフォンアプリ「Vysor」でパソコンに映し、そこからDemoCreatorでPC画面を録画する操作手順について詳しく解説します。

Step1DemoCreator「編集画面」をクリック後、録画を開始

DemoCreatorを起動し、録画モードを選択します。今回は「PC画面とWebカメラ」を選択します。

録画モードを選択

録画モードを選択した後、以下の画面が表示されます。

Step2録画をしたい範囲を指定する

録画をしたい範囲を指定し、「システムオーディオ」、「マイクロフォン」、「Webカメラ」を設定します。

録画設定

Step3録画完了後、ファイルが自動的にインポートされる

録画した動画は、自動的に編集画面にインポートされます。

ここで一つ注意です。スマートフォン上の「USBデバッグモード」は開発者向けの設定です。セキュリティー上良くないので、録画終了後OFFにしましょう。

Wondershare DemoCreatorで録画した動画ファイルを編集する操作手順

録画した内容を編集する操作手順について解説します。

Step1録画したファイルを読み込み、不要な部分をカットする

録画を停止した後、録画した動画がライブラリー及びタイムラインに表示されます。

表示された動画の不要な部分をカット。

カットする方法は、黄色いバーをカットしたい部分の最初に移動させ、黄色いバーの丸い部分をクリック。

クリックした部分が分割され、カットしたい終わりの部分に黄色いバーを移動させ分割させます。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

動画の分割

Step2他の編集機能で動画を装飾

分割した動画の不要な部分をカットし、時間を調整した動画に装飾を施します。

動画のカット

編集には以下の機能があります。

  • エフェクト
  • トランジション
  • 注釈
  • キャプション
  • ステッカー
  • フィルター
  • 効果音

他の動画を用意し、トランジションで結合。編集することも可能です。

動画編集

Step3編集した動画を保存する

編集した動画は、画面右上にある「エクスポート」をクリック。

動画のフォーマットやファイル名、保存先を設定し再度「エクスポート」をクリック。

以上の流れで動画を編集し保存できます。

動画のエクスポート

関連人気記事:PC/iPhone/Androidで画面を簡単に録画する方法まとめ

関連人気記事:お薦めのAndroidスマホ画面録画のやり方3パターン

3、Androidスクリーンレコード録画機能がない原因と対応策まとめ

今回は、Androidスマートフォンの画面をスクリーンレコードする方法について解説しました。

スクリーンレコード機能を持ち合わせていない場合、以下のアプリケーションをおすすめします。

  • AZスクリーンレコーダー
  • XRecorder
  • Mobizen Screen Recorder
  • Super Screen Recorder
  • Go Recorder

パソコン画面にスマートフォンの画面を反映し、DemoCreatorで録画や編集を行うと、より動画が鮮明で素敵な作品ができあがるのでおすすめです。

Wondershare DemoCreatorで録画した動画を編集しよう!

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版