高画質でweb会議を録画できる方法及びアプリおまとめ

相葉
相葉
2021-07-06 11:13:52 • カテゴリ: オンライン画面録画
0

テレワークの増加により

職場へ出勤する事が当たり前だった勤務体制は、新型コロナウィルスの流行によりテレワークへ変化してきました。自分の席の背景を工夫して、打ち合わせ等の時にウェブカメラを使用する場面を見かけます。自宅から、それぞれ離れた場所にいる同僚や取引先の方と会議を行うことがあるでしょう。そこで、より快適な在宅ワークの推進へ高画質でweb会議を録画するソフトとそのやり方を紹介します。

Part1:ウェブ会議録画お薦めソフト-DemoCreator

現在数多く市販されている中から、映像と音声の品質を保って記録するソフトとしてWondershare DemoCreator をお薦めします。

【DemoCreatorの録画機能】

ビデオとして残す機能により、会議の様子とプレゼンテーションや製品を試用する様子などを録画出来ます。その為、後ほど見返して次回への教材になります。まさに、ビジネスシーンに最適です。続いて、新たに追加された機能として記録中の画面へ必要な情報を手書きできます。本ソフトでは、PC内臓と外付けカメラやマイクを用いた録画が少ない手順で出来ます。また、音声の記録も少ない手順で可能で場面に応じて無効になります。

ウェブ会議録画ソフトおすすめ

ウェブ会議を記録する手順

【各種設定】

まずキャプチャーを選んで記録を始めるにあたり各種設定をします。

画面について
PC画面の全体か、ユーザーが自由に設定出来る範囲などから決められます。また、15~120fpsの範囲でフレームレートが決められます。

音響について
PC内臓と外付けマイクのどちらか、もしくは一方のみで行います。また設定画面にて、録音しないを設定出来ます。

カメラについて
使用するカメラと必要な設定を行います。
また、高度な設定では記録した映像の保存先等を決めます。

ウェブ会議録画設定を行う

【記録の開始と終了】

キャプチャーの開始ボタンを選択かF10キーを押して、3秒カウントダウン後記録を開始してもう一度F10を押すと終了します。

ウェブ会議録画開始

【描画ツール】

描画ツールを有効にすると、記録と同時に必要な記号等を画面に描けます。

ウェブ会議録画中に描画

【スクリーンスポットライト】

描くツールとしてスポットライトを選んで、カーソルを目当ての場所に移してShift+Sを実行します。

スポットライト

ここまで、DemoCreatorでウェブ会議を録画する方法をお伝えしましたが魅力的な機能は他にもあります。

【魅力的な機能】

動画による教材、ゲームの実況プレー等を分かりやすい画面と簡潔なマウス操作で記録します。画面に込めた撮影者の意図を伝える注釈ツールと、動画に対して他ソフトに引けを取らない編集を施す事が出来ます。続いては、現在市販されているウェブ会議を記録するソフトを3つ紹介します。

Web会議録画ソフトオススメ

Part2:その他ウェブ会議を録画するソフト3選

・VideoProc

PC画面とカメラで記録した両方の動画を記録出来て、音声も内臓マイクとカメラから取得出来ます。
記録が終了後したら画面を移動せずに編集しましょう。更には同時進行で、画面に直接コメントや矢印を描けます。記録の範囲としては、全画面の他にも枠単位や指定した箇所のみと必要に応じて選択して下さい。
また、好きな動画をPCへ落として思いのままに編集することが可能です。更にmp3を抜き取り音楽のプレイリストを作成する事も出来ます。注意点としては、無料版では記録が5分までとロゴが挿入される制限があります。

スポットライト

・アマレココ

無料でありながら、有償のソフトに負けない機能を搭載しています。AMV4ビデオコーデックを用いて、PCにとって快適にウェブ画面を記録します。また操作に不慣れなユーザーに向けて、ルーキーモードを搭載しています。更に拡張機能により、動画を再生中の画面を記録する事が出来ます。注意点としては、全画面表示の録画には非対応となっている点が挙げられます。

アマレココ

・Bandicam

画面録画、ゲーム録画、デバイス録画の3モードを搭載して映像と音声の品質を保って記録します。タイマーによって任意の時間から開始出来る他に、24時間の記録にも対応しますのでお試し下さい。注意点としては、試用版では動画に透かしが加わるなど一部機能が制限されます。

Bandicam

ここまで、ウェブ会議の録画に用いるソフトを3つ紹介しました。皆さんの環境や目的に応じて選択して下さい。

テレワークの推進で

今後はテレワークの機会が多くなると予想されます。それに伴い、ウェブ会議が当たり前になりつつあります。今回紹介したDemoCreator等の対応ソフトを有効に活用して、議事の記録と担当者で保存して下さい。

ウェブ会議動画を簡単に編集できるソフトオススメ

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント