Windows 10(Win10)でパソコンの画面を録画する方法をご紹介

相葉
相葉
2021-07-30 09:35:56 • カテゴリ: 【windows】画面録画
0

Windows10で画面録画するためには

windows10には、画面録画機能が新しく装備され、Windows10画面録画は簡単に出来るようになりました。
新しく装備された「ゲームバー」を使い、Windows10画面は録画キャプチャーしやすくなりました。それでは、今回は、標準機能「ゲームーバー」を使ったWin10録画方法、および録画ソフトを使いWindows10を録画する方法を紹介いたします。

Part1.  Windows 10「ゲームモード」で画面録画する方法

・Step1:Windows10画面録画に向けて準備

Windows10パソコンでの操作を解説しながら録画したい場合、windows10用のゲームコントローラーと音声録音に使うヘッドセットを事前に用意した方がよいでしょう。
また、録画時間が長ければ長いほど必要とされるパソコンのローカルディスクの容量も多いため、長時間でWindows10録画を行う場合、Windows10のハードディスクに十分が空き容量があることを確保しましょう。また、画質に拘りたいのであれば解像度の高いモニタや容量に余裕のある外付けHDDもあると便利です
ハードウェアの準備が整えたら、早速Windows10の録画手順に入りましょう。

・Step2:Windows10画面録画に向けてゲームバーを設定する

まずは設定でゲームモードが有効になっているかどうかを確かめるのに「設定」-「ゲーム」-「ゲームバー」の順で画面を開き「ゲームバーを使って~」のスイッチが「オン」になっているかを確認します。
また、この画面には録画に必要なショートカットキーが書いてありますので、覚えておくと便利です。

設定完了した後、録画したいゲームや画面をデスクトップに表示させておきましょう。

Windows10録画機能ゲームバーをオンにする

・Step3:ゲームモードによるWindows10画面録画を開始と終了

Windowsキーを押しながら「G」を押す

Windowsキーを押しながら「G」を押すと「ゲームバー」が表示され、画面録画を始める準備が出来た事になります。ゲームバー「キャプチャ」内の左から3番目に録画開始ボタンがあります。マイクボタンをクリックしてオンにすれば、マイク音声も録画できます。

Windows10ゲームバー起動

3番目の丸いボタン「録画を開始」を押すと、一旦ゲームバーが消え、画面上には小さく録画時間を表示するバーが出てきますので、ここからゲーム画面をクリックしてプレイを開始し、もしくは録画したい動画などを再生開始、またはWindows10パソコンで録画したい操作を開始します。

ゲームバーによるWindows10画面録画方法1

「再びWindowsキーを押しながら「G」を押す」

ゲームプレイやPC画面操作が終了したら録画時間バーの赤いボタンをクリックして終了します。再びWindowsキーを押しながら「G」を押すと「ゲームバー」が表示され「ギャラリー」の録画した画面がサムネイル表示され、再生ボタンをクリックすると確認が出来ます。

ゲームバーによるWindows10画面録画方法2

Part2:「ゲームモード」が出来ない事

非常に便利な「ゲームモード」機能ですが、実はデメリットがいくつかあります。
一つめは指定した画面の録画しかできません。

例えばWindows10自体はいくつもの画面を表示させて展開する、スタートメニューから新しい画面を呼び出すといった機能になっていますが、それらを「ゲームモード」では録画出来ません。

また、マウスの動きなども1つの画面内以外では録画で追う事が出来ません。
ゲームプレイ画面に特化すれば便利な機能ですが、他アプリ同士の連携動画等を作りたくても出来ないのです。
加えて動画結合や字幕貼り付け等の編集機能が無いのも惜しい所です。

Windows10画面録画ソフトオススメ


Part3.  市販Windows10録画ソフト「Wondershare DemoCreator」の勧め

Windows10の「ゲームモード」にはデメリットもある事はお分かりになって頂けたと思います。
もっと画像効果や編集を使いたいとすれば、これらの機能不足を補う為に、有償になりますが専用アプリケーションを導入しては如何でしょう。
Wondershare DemoCreatorWindows(Win7,Win8,Win10)パソコン画面を簡単に録画することができるし、編集機能が豊富にあり、動画結合や後から録音した音声素材を追加する事も出来ます。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

①Wondershare DemoCreatorの主な機能

画面録画ソフト-DemoCreator

  • 新機能追加:画面録画時のリアルタイム描画とマウススポットライト、
    マルチディスプレイ録画対応、オーディオのフェードイン・フェードアウト、
    画面のズームイン・パン、クイックエクスポート
  • コンピューター画面録画、ゲーム録画、オンライン会議画面録画、オンライン動画録画;ウェブカメラも同時に録画可能
  • システム音、マイクオーディオを録音。
  • 画面範囲を指定して録画可能。録画ノードを正確にマーク可能。
  • 録画フレームレートを最大120Fpsまで上げられる。録画の画質も低、中、高でご自由に指定できる。
  • マルチオーディオトラック:システム音声とマイクの音声を別々のトラックで編集可能。
  • 動画のカット、分割、再生スピード調整、音量調整などを搭載
  • 注釈、キャプション、ステッカー、トランジション素材をたくさん搭載
  • カーソルエフェクト、モザイク、シネマ21:9、グリーンスクリーンエフェクトを搭載
  • 様々な形式(MP4,Wmv,AVI,Mov,GIF,MP3でPCへの保存、YouTubeへの共有も可能
  • 対応OS:Windows 7/8/8.1/10、macOS v11 (Big Sur)/10.15/10.14/10.13

➁Wondershare DemoCreatorを使いWin10画面を任意の範囲で簡単に録画

画面録画において「Wondershare DemoCreator」はWindows10画面の動きそのものを、決めた枠線の範囲で録画する事が可能です。手順は下記の通りとてもシンプルです。

Step1:Win10録画ソフトWondershare DemoCreatorを起動して簡単な録画設定を行う

「Wondershare Democreator」を起動して「キャプチャー」を選択後、表示される録画ツール画面で「録画範囲を選択」タブをクリックすれば、点線で囲まれた範囲を決め、枠線内部を全て録画する事が出来ます。録画ツール画面の右にデバイスの録画設定で、音声やウェブカメラも同時に録画できるように設定できます。

Windows10録画画面範囲を指定

Step2:Windows10画面録画をスタート

設定完了後、録画を開始するには、Windows10キーボードF10を押せば、録画が開始されます。録画終了したい場合、F10を再押下すれば停止できると同時に、編集画面に移行され、編集作業を直ぐに始められます。

Win10録画開始

Steo3:録画したファイルをWindows10パソコンに保存する

録画が終わったら、動画編集ツールが起動されます。録画した動画に対して、カットや注釈追加、カーソルエフェクトなどの編集を行いたい場合、録画ファイルをタイムラインにドラッグして詳しく編集できます。 編集がいらない場合、直接メディアライブラリーで録画ファイルを右クリックして「クイックエクスポート」をクリックすれば、動画をMp4形式でWindows10パソコンに保存されます。

より詳しい録画方法はこちらの画面録画やり方をご確認ください。

録画ファイルの編集画面:

Windows10録画を編集

録画ファイルをWindows10に保存:

クイックエクスポート

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Part4. 凝った動画を作るにはやはりWondershare DemoCreatorがおすすめ

実際に実況動画を作成する上で、プレイ画面とリアルタイムで挿入した音声は効果的にうまく合うとは限りません。
事前に内容をある程度文書化するとよい画像になる事がありますが、段々凝った効果を挿入して、完成度の高い動画を目指したいものです。
その意味ではフリーで提供されている編集アプリより、素材・編集・効果という機能が揃い、操作画面の分かり易い「Wondershare DemoCreator」を使って頂ければと思います。

DemoCreatorでWin10画面を録画した動画を簡単に編集する方法

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント