Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面、Webカメラやマイク音声を簡単に録画できる。
  • 2. アバターを登場させて録画することも可能。
  • 3.豊富な動画編集ツールと10,000点以上のエフェクト素材を搭載してプロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:
最高の画面録画ソフト

[簡単&安全]YouTube(ユーチューブ)を録画する方法5選!PC・スマホ別に紹介!

相葉
2024-05-10 10:34:44 • Filed to: 配信動画の録画と保存

YouTubeにはさまざまな動画が投稿されていますが、視聴者の中には「オフラインの場所でも視聴したい!」と考えている方もいるでしょう。また、ライブ動画の内容を振り返りたいと思っている方もいるかもしれません。

もし上記のことに当てはまるのであれば、録画ソフトを使うのがおすすめです。この記事でPC(Windows/Mac)やスマホ(iPhone/Android)でのYouTube(ユーチューブ)動画を録画する方法やその際に活用できるソフトを紹介しているので、最後まで読んで実践してみましょう。

1.PCでYouTube(ユーチューブ)動画を簡単に録画・保存する3つの方法

パソコンでユーチューブを録画&保存したいなら、おすすめの方法は下記3つあります。

・録画専用ソフトを使い、YouTubeを録画する方法

・PCの標準機能でYouTubeを録画&保存する方法

・オンラインツールを使いYouTubeを録画する方法

状況により、一番おススメの録画方法も異なっています。

具体的な操作方法を確認した上で、一番適当なYouTube録画方法を選んでください。

方法1:「Win&Mac向け」録画ソフトを使ってYouTubeを録画する方法

Youtubeには録画機能が搭載されておりませんので、他の録画ツールを利用してキャプチャーする必要があります。

録画ツールといえば、パソコン標準搭載の録画機能や録画ソフト、オンライン録画ツールなどがありますが、Youtubeを高画質に録画して保存したいなら、画面録画に特化した録画ソフトをおすすめします。

ここでは、ユーチューブの動画を簡単かつ高画質に録画・保存するソフトWondershare DemoCreatorをご紹介します。

Wondershare DemoCreatorは、PC画面録画に特化したソフトで、PC画面だけではなく、マイクやシステム音声、Webカメラ録画も簡単にできることから、Youtube動画や音声もクリック操作だけで高画質に録画して保存できます。

なお予約録画機能も搭載しているので、Youtube動画の再生時間に合わせて録画開始・終了時間を事前に設定しておけば、自動で録画開始・終了できるので、とても便利です。

ユーチューブ動画を簡単&安心に録画&保存できるソフトDemoCreatorの無料ダウンロードはこちらへ

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

また、DemoCreatorには、画面録画だけではなく、動画編集機能(分割カット、字幕、自動キャプション、クロップ、美顔加工、ボイスチェンジャーなど)、ライブ配信機能なども豊富に搭載されています。Youtubeを録画したものをそのまま編集できるため、切り抜き動画を作成したい場合は、DemoCreator一本で完結できます。録画したYoutube映像と音声を別々で編集することもDemoCreatorの魅力の1つです。

DemoCreatorはシンプルで高画質にYouTube録画できるソフトなので、録画品質にこだわりのある方、または初心者に特におススメです。

DemoCreatorでYouTubeを録画する

-Wondershare DemoCreatorを用いたYouTube録画・保存するガイド

画面録画も動画編集もできるという一石二鳥なソフトですが、実際にYouTube動画を録画する方法とはどのようなものなのでしょうか。以下の手順に沿って録画してみましょう。

Step1.YouTube録画ソフトを起動して録画モードから選ぶ

DemoCreatorを起動すると、画面録画メニューには複数の項目が表示されますが、その中から【スクリーン】を選びましょう。

youtube録画ソフトを起動する

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

Step2.YouTube録画ための設定を行う

まず、【録画範囲】をYouTubeのプレイヤーに合わせます。フルスクリーンで表示しているならば、フルスクリーンに設定しましょう。

次に、動画音声のみを録音する場合は、システムオーディオの録音をオンにして、マイクやWebカメラをオフにします。

YouTube録画の基本的な設定

また、YouTubeの動画を高画質に録画するには、フレームレートの設定も欠かせません。【品質】の設定は「高」で、【フレームレート】は、60fpsか120fpsがおすすめです。

YouTube高画質録画設定

Step3.YouTube録画を開始・終了する

設定し終えたら、赤いRECボタンをクリック、またはF9キーを押しましょう。画面中央に3秒間のカウントダウンが表示され、その後に録画が始まります。

YouTube録画を終了するには、F10を押します。

YouTube録画を開始/停止する

Step4.収録したYouTube動画を編集・保存する

Youtube録画が終了したら、【高速エクスポート】または【動画編集】画面が起動されます。

【高速エクスポート】画面の場合、録画できた動画をプレビューしてそのままMp4でパソコンにエクスポートします。もし、追加編集したいなら、【動画編集】をクリックしましょう。

【動画編集】の場合、無駄な部分をカットしたり、動画に字幕やオープニングをつけたり、ステッカー素材やモザイクをかけたり、AI顔認識で背景を変更したりなどが簡単にできます。

編集完了後、【エクスポート】をクリックしてYoutube動画を様々な形式で保存できます。

録画したYouTube動画を編集・保存

YouTubeを録画する
マルウェアなし|プライバシー保護
YouTubeを録画する
マルウェアなし|プライバシー保護

Youtubeを録画する方法|DemoCreator

関連人気記事:YouTubeのライブを録画するには?PC・スマホそれぞれの方法と注意点を解説

関連人気記事:YouTubeから音声を抽出できるソフト・アプリ6選!音声抽出方法も徹底解説!

関連人気記事:AbemaTV お気に入り動画を録画と保存する方法おまとめ

方法2:PCの標準搭載機能でYouTubeを録画・保存する方法【完全無料!】

DemoCreatorを利用するのもおすすめですが、もともとPCに備わっている機能でYouTubeの動画を録画・保存する方法も紹介します。

PCの標準搭載機能なので、ソフトのダウンロードとインストールが不要で、素早くYouTube録画が開始できます。

ただし、録画設定の詳しく調整と録画ビデオの編集機能は搭載していないので、臨時的にYouTubeを録画したい方におススメです。

また、WindowsとMacで異なるため、自分のPCのOSに合わせて録画・保存しましょう。

①Windows標準搭載機能「ゲームバー」でYouTubeを録画する方法

Windowsの場合、ゲームバーという機能を使ってYouTubeの動画を録画・保存できます。

ただし、Windows10/11の基本機能ということもあって、古いWindowsだと備わっていない可能性があります。古いWindowsを使っている場合は、録画専用ソフトもしくは、オンライン録画ツールを使用してみましょう。

Step1.WindowsキーとGキーでゲームバーを呼び出す

まずはゲームバーを呼び出すために、Windowsキーを押しながらGキーを押しましょう。そうすると画面にゲームバーが表示されます。ウィンドウ自体は非表示にすることもできる一方で、クリックしてピン留めしておくことも可能。ピン留めされたウィンドウは、撮影した画像や映像内には写りません。

YouTube録画 ゲームバーを呼び出す

Step2.録画ボタンをクリックしてYouTube録画開始

録画したいYouTubeの動画を表示したら、キャプチャウィンドウ内にある黒い丸の録画ボタンをクリックして録画を開始しましょう。

録画が始まると別のウィンドウが表示され、録画時間が確認できるようになります。止めたいときは、録画時間の隣にある青いボタンをクリックすれば止められます。

なお、毎回ゲームバーを呼び出すことが面倒ならば、ショートカットキーを覚えておきましょう。WindowsキーとGキー、そしてRキーを押すことでいきなり録画が始められます。停止方法も同じショートカットキーを押すことで止められます。

ゲームバーでYouTube録画開始

関連人気記事:Windows10ゲームバーの画面録画途中で切れる原因と対処方法

Step3.録画したYouTube動画の保存先を確認する

最後にきちんと録画できているのか確認するために、保存先まで見ておきましょう。ゲームバーを使った録画の場合、「ビデオ」というフォルダ内にある「キャプチャ」フォルダ内に保存されています。

ゲームバーで録画したYouTube動画の確認

②Mac標準搭載の機能「QuickTime Player」でYouTubeを録画する方法

Windowsの場合はゲームバーを使いますが、Macの場合はQuickTime Playerを使います。Macに標準搭載されているメディアプレイヤーであり、録画機能も備わっています。

Step1.QuickTime Playerを起動して「新規画面収録」を選択

まずはQuickTime Playerを起動し、左上に表示される「ファイル」をクリックして「新規画面収録」を選びましょう。そうすると、録画範囲と録画に関するメニューが表示されます。

YouTube録画 QuickTime Player 新規画面収録

Step2.録画モードを選んで録画開始ボタンをクリック

メニューには録画できるモードとスクリーンショットが撮影できるモードの2種類があります。そのため、録画できるモードに切り替えた上で「収録」をクリックしましょう。録画の停止方法は、メニュー内の停止ボタンをクリックするかcommandキーとcontrolキー、そしてescキーを押せば停止します。

もう少し楽に録画したい場合には、ショートカットキーを利用しましょう。QuickTime PlayerにもWindowsのゲームバーと同じショートカットキーが存在し、commandキーとShiftキー、そして5キーを押すと上記で紹介したメニューが表示されます。

YouTube録画 QuickTime Player録画開始

YouTube録画ソフト
DemoCreator!
・YouTube動画を4K&120FPSで高画質かつスムーズに録画可能
・内部音声付きで録画可能
・豊富な編集機能でYouTube動画を再編集でき
article-product-download

方法3:オンラインツールを使いYouTubeを録画する方法【ダウンロード不要】

Youtubeを録画するには、最も簡単な方法は、オンラインツールで使うことです。ソフトウェアをわざとインストールする必要もないし、システム環境を事前に確認する必要もなくなります。特別なスキルや知識がなくても、直感的なインターフェースを通じて簡単に録画できます。

DemoAirは、DemoCreatorと同様、世界的クリエイティブ企業「Wondershare社」が開発した、オンライン録画ツールです。

これからDemoAirを使いYoutubeを録画する方法を紹介します。

Step1.オンライン録画ツールDemoAirを開く

DemoAirはオンラインツールなので、ソフトをパソコンにインストールする手間はありません。

DemoAir公式ページから「録画開始」を選択すると、オンライン録画画面が開きます。

オンラインツールでYouTube録画開始

Step2.録画モードを選択する

YouTubeを録画するには「PC画面のみ」モードを選択して、「録画開始」をクリックしましょう。

ご注意:無料体験版は録画制限があります。

Step3.YouTube録画範囲を指定し、録画開始する

DemoAirでは、録画する画面を自由に選ぶことが可能です。

YouTubeを録画する際は、YouTubeのウィンドウを開いておくか、録画するタブを選択してください。

その後、画面を共有すると、録画が開始されます。

demoairでyoutube録画範囲を設定する

Step4.YouTube録画を停止して保存する

画面下の四角マークを選択すると、YouTube画面録画が終了します。

youtube録画を停止する

DemoAirで録画した映像は、GmailやSlackなどのビジネスツールに共有できます。

YouTube録画ファイルの共有

また、録画した映像をダウンロードすれば、動画編集ソフトで編集することも可能です。

DemoCreatorとは違い、細かい録画設定ができないのは、DemoAirのデメリットかもしれません。

しかし、パソコンのスペックを必要としないので、気軽にYouTubeを録画することが可能です。

ソフトをダウンロードする手間が面倒な方や、スペック低いパソコンでも質の高い画面録画をしたい方には、DemoAirをおすすめします。

関連人気記事:おすすめのPC画面録画サイト・オンラインツール6選!

2.スマホでYouTube動画を録画・保存する方法(iPhone/Android)

iPhoneにはもともと録画機能が備わっており、気軽にYouTube動画を録画できます。わざわざアプリをダウンロードする必要もありませんが、どうやって録画するのでしょうか。

①iPhoneでYoutubeを録画・保存する方法

Step1.コントロールセンターに画面収録機能を追加

まずしておくべきこととして、コントロールセンターに画面収録という機能を追加しておくことが挙げられます。あらかじめコントロールセンターを確認し、画面収録機能が備わっていないのであれば、事前に追加しておきましょう。

まず設定を開いて「コントロールセンター」をタップします。そこから「コントロールをカスタマイズ」を選び、「画面収録」をタップして追加しましょう。これだけでコントロールセンターから録画できるようになります。

YouTube録画 iPhoneコントロールセンターに画面収録機能を追加

Step2.コントロールセンターを開いて録画ボタンをタップ

録画したいYouTubeの動画画面を開いたら、コントロールセンターを開き、録画ボタンをタップします。そうすると3秒間のカウント後に録画が始まります。停止する際は、左上の赤い時計をタップし、「画面収録を停止しますか?」という画面から「停止」を選べば録画が終了します。

iPhoneでYouTube録画を開始する

Step3.写真アプリで確認

録画したものは写真アプリ内で確認できます。きちんと録画できているのかチェックするためにも、写真アプリを開いて確認しておきましょう。なお、iPhoneの場合は簡単な動画編集も可能で、無駄な部分のカットや明るさの調整などができます。

関連人気記事:【Android/Iphone】スマホの内部音声のみを録画する方法を詳しく紹介

関連人気記事:PC/iPhone /Androidで画面を音声付きで録画する方法のまとめ!

②AndriodでYouTube動画を録画・保存する方法

Androidの場合は、機種によって録画方法が異なります。しかし、Android11以降のOSが備わっているスマホであれば、スクリーンレコードという機能でYouTubeを録画・保存できます。

Step1.スクリーンレコードをクイック設定パネルに追加

まずはスクリーンレコードをクイック設定パネルに追加しましょう。クイック設定パネルを開いて、左隅にある鉛筆のようなマークをタップします。そうするとクイック設定パネルの中身を設定できるようになるため、スクリーンレコードを追加しましょう。

YouTube録画 Andriodスクリーンレコード追加

Step2.スクリーンレコードを選んでYouTube録画開始

YouTubeの動画画面を表示したら、クイック設定パネルを開き、スクリーンレコードを選択します。「録画を開始しますか?」という案内画面が表示されるため、音声や画面上のタップ表示の設定をした上で「開始」をタップしましょう。終了方法は、通知欄に表示されている停止ボタンをタップすれば、録画が終了します。

AndriodでYouTube録画を開始する

Step3.写真とファイルアプリでYouTube録画動画を確認

録画したものは、各写真アプリやファイルアプリで確認しましょう。あらかじめアプリを設定しておけば、スムーズに録画したものを確認できます。

関連人気記事:android 内部音声を録画する方法!おすすめアプリも紹介

3.YouTube動画録画に対する疑問

YouTubeの録画は簡単にできるとはいえ、いくつか疑問を持っている方もいるでしょう。主な疑問を2つピックアップしましたので、以下の内容を読んだ上で録画するかどうか考えましょう。

①.YouTubeで画面録画すると相手にバレるのか?

YouTubeの動画を録画しても、誰かにバレることはありません。そのため、自分だけでお気に入りの動画を楽しみたい場合にも問題なく録画できます。

②.YouTube動画を保存してオフラインで見るのは違法なのか?

YouTubeの動画を録画する行為は、上記で述べたように自分だけで楽しむだけなら問題ありません。仮にバレたとしても、著作権で保護されているものを録画したことに対する刑事法が無いため、YouTubeの録画で逮捕されることは無いのです。

しかし、民事上として著作権を持つ者に対する損害賠償や録画したものの取り押さえなどが行われます。著作権侵害は親告罪となりますが、だからといってネット上に後悔すると行ったことはせず、あくまで自分が楽しむだけのものとして扱いましょう。

4.YouTube動画を安全に録画するにはどうすればよいか?

これから安全にYouTube動画を録画する方法を紹介していきます。

①動画の著作権を確認してから録画する

著作権違反の動画はダウンロード&録画することが法律違反となります。そのため、録画する前に動画の著作権について確認しましょう。

YouTubeの場合、動画に「クリエイティブコモンズライセンス」が使われているかどうかを確認することが一つの方法です。クリエイティブコモンのズライセンスはコンテンツ作成者が他者に作品の使用を許可するための標準的な方法の 1 つです。

すなわち、クリエイティブコモンズのライセンスを使用した場合、その動画の再利用が許可されていることを意味します。

②YouTube動画の作成者から承認を得る

もう一つの方法は該YouTube動画の作成者と一度連絡して、承認を得てから録画することです。また、連絡際に、どの動画を録画するのか、録画動画の用途などをちゃんと伝えてください。

③録画して保存したYouTube動画を再配布しない

録画して保存したYouTube動画を再配布すると、著作権侵害になる可能性があります。念のため、録画して保存したYouTube動画を最配布しないで、個人でオフラインで楽しめましょう。

まとめ:適当な方法でYouTubeを録画しましょう

ユーチューブの動画を録画する方法はさまざまあります。場合によってはもともと備わっている機能で録画することもできるため、いくつか注意点を覚えた上で実践してみましょう。

なお、録画する際には今回紹介したDemoCreatorがおすすめです。録画機能と動画編集機能の双方が備わっているため、録画した動画をさらに見やすいものへと変化させられます。

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください