YouTubeライブ配信がダウンロードできない時の対処方法

相葉
相葉
2021-08-16 11:53:12 • カテゴリ: 【windows】画面録画
0

Part1:Youtubeがダウンロードできない

YouTubeライブをダウンロードしたい場合があると思いますが、YouTube自体にダウンロード機能はありません。通常ダウンロードツールを使い、Youtube動画や音楽をダウンロードしますが、Youtube側の仕様変更や、ダウンロードツールの不具合、ウイルス対策ソフトの影響などの原因でYoutube(ユーチューブ)がダウンロードできないこともよくあります。こんな時に、Youtube動画ダウンロードの代替策として、録画ソフトを使いYoutube画面を録画して保存する方法はよく使われます。

Part2:YouTube(ユーチューブ)をダウンロードできない時の解決策

YouTubeをダウンロードできない場合の対策として録画ソフトを使いYoutubeを録画して保存することをおすすめします。

数多く存在する録画ソフトの中、Wondershare DemoCreatorは誰でも簡単に画面録画が可能なソフトです。ライブ配信録画、デモ、チュートリアル、プレゼン、ゲームといったシーンで活躍します。Webカメラ、マイク、PC内部音声も同時に収録することもできます。そして、DemoCreatorには動画編集機能も搭載されているので、このソフト一本で録画から編集まで行えます。

それでは、Wondershare DemoCreatorを使いYoutubeを録画するやり方を下記のように説明しましょう。

Youtube画面録画ソフトオススメ

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

ステップ1.Youtube録画に向けての設定

YouTubeへアクセスし、ライブ配信を視聴する準備をしておきます。
Wondershare DemoCreatorを起動し、「キャプチャー」をクリックします。

Youtubeダウンロードできない時の対策01


画面上にある録画範囲の境界を調整して配信画面の大きさに合わせます。また、画面サイズの数値を直接入力しても変更できます。
任意でフレームレートを指定します。フレームレートは高いほど映像が滑らかになります。
「デバイス」からスピーカーをオンにし、マイクとWebカメラがオフになっていることを確認します。

Youtubeダウンロードできない時の対策02

ステップ2.YouTubeライブ配信の録画

録画開始(赤い丸ボタン)をクリック、またはF10を押すと録画が開始します。
YouTubeライブ配信を再生します。配信が終了したら録画終了(赤い四角ボタン)、またはF10を押します。

Youtubeダウンロードできない時の対策03

ステップ3.Youtube動画を保存

ユーチューブ録画が終了すると自動的に編集画面へ移動します。
必要に応じて録画した動画のカットを行って不要な箇所を削除します。
ノイズがある場合は、画面右側の「オーディオ」タブからノイズ除去の「有効にする」をオンにするとノイズを除去してくれます。

編集が済んだら画面右上の「エクスポート」をクリックします。任意のフォーマットを選択します。フォーマットはMP4、WMV、AVI、MOVから選ぶことができます。
名前を入力して保存先を指定し、任意で解像度やビットレートなどを変更します。特に問題がなければ「エクスポート」をクリックします。

以上の操作でYouTubeライブ配信を録画・保存できます。

Youtube動画を保存

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Youtube動画を編集する方法

Part3:Wondershare DemoCreatorでYoutube動画を保存しましょう!

YouTubeライブ配信を録画する方法を紹介しましたが、いかがでしょうか?YouTubeにはライブ配信の録画機能はないため、別のソフトを利用する必要があります。
そんな時にWondershare DemoCreatorがあれば簡単にライブ配信を録画できます。さらに本製品には無料体験版が用意されており、体験期間の制限なしに思う存分利用できます。初心者目線のソフトとなっているので、使い心地に納得してからの購入が可能です。
また、著作権の問題があるので録画は個人で楽しむ範囲にしましょう。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント