Youtube動画を編集・作成・投稿する方法

相葉
相葉
2021-08-26 17:36:47 • カテゴリ: ビデオ編集
0

動画投稿サイトYoutubeにはペットやゲーム、アニメ、ニュースなど様々な分野の動画が日々アップロードされ続けています。
ゲーム実況やオンライン講座、VLOGやペットのかわいい動画などをYoutubeにアップロードしてみたいと思っている人は多いです。
今回は、Wondershare DemoCreatorを使って、Youtube動画を簡単に作成・編集し、アップロードする方法について紹介します。

Part1: Youtube(ユーチューブ)動画を作成するにあたって必要とされるもの

Youtubeの動画を作成するために必要なものは、
・Youtubeのアカウント
・カメラや画面録画ソフトなどの撮影機材
・Youtube動画編集ソフト
の3つです。

①Youtubeのアカウント

Youtubeのアカウントは、Googleアカウントを持っていたら簡単に作成することができます。
Youtubeのサイトにアクセスし、画面の案内に従ってYoutubeアカウントを作成します。

➁カメラや画面録画ソフトなどの撮影機材

VLOGやペットの動画を撮影するにはカメラが必要になります。画質にこだわらなければ、スマートフォンのカメラでも撮影可能です。
ゲーム実況などパソコンの画面を動画としてYoutubeにアップロードするにはパソコンの画面を録画するソフトが必要となります。

③Youtube動画編集ソフト

たくさんの人に動画を見てもらうためには、動画を編集しなければいけません。不必要な部分を削除するカットやトリミング、テロップを入れるためのテキスト追加機能などは必要不可欠となります。動画編集ソフトは無料版、有料版と様々なソフトを多くのメーカーが公開しています。

Part2:Youtube(ユーチューブ)動画を作成・編集する方法

① Youtubeの動画を作成・編集するならWondershare DemoCreatorがおすすめ

Wondershare DemoCreatorは、世界的に使われる動画編集ソフトFilmora Xで有名なWondershare社が作成した画面録画・動画編集ソフトです。
DemoCreatorはYoutubeに動画を直接投稿できる機能が搭載されています。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Wondershare DemoCreatorなら、画面録画機能はパソコンの画面の録画だけでなく、Webカメラからの映像とマイクからの音声を直接録画・録音することができるので、ゲーム実況動画の作成におすすめです。好きな部分だけを切り取って録画したり、録画中に画面上でマーカーやペンを使うこともできるようになっています。

動画編集機能では、Filmoraにひけをとらない多くの機能を搭載しています。動画編集には必要不可欠な、カットやトリミング、クロップなどの機能はもちろんのこと、テキストの追加やフィルタやエフェクトなどの高度な機能も搭載されています。操作は直感的で分かりやすく、動画編集が初めての方でも簡単にYoutube動画の編集ができます。

それでは、DemoCreatorを使いYoutube動画を作成する方法を下記に詳しく説明しますので、どうぞご確認ください。

Youtube動画作成ソフト

➁Wondershare DemoCreatorでYoutube動画を作成する方法

Step1:DemoCreatorでYoutube動画素材を録画する

今回はゲーム実況動画の作成を例にして、DemoCreatorを使ったYoutube動画の作成方法を紹介します。

ゲームを立ち上げます。
DemoCreatorを起動し、「キャプチャモード」を選択します。

デバイスタブからマイクがオンになっているか、顔出しをする際はWebカメラがオンになっているかを確認します。
録画範囲は紫色の枠で表示されるのでマウスを使って録画したい範囲を選択します。Webカメラの映像枠も大きさ位置を調整し、赤い録画ボタンをクリックすると録画が開始します。
録画終了ボタンをクリックすると自動で動画編集ツールが起動します。

YOutube動画素材を録画する

Step2:Wondershare DemocreatorでYoutube動画を編集する

動画編集ツールは、左上が動画や音声などのメディア欄、下側がタイムライン画面、中央が編集した動画のプレビュー画面となっています。
例えばBGMを追加したいときはメディア欄にファイルを追加し、タイムライン上にドラッグドロップすると自分の好きなタイミングでBGMを流せます。
左側のメニューから各エフェクトやテキスト、トラジションを選択し、タイムライン上にドロップすれば様々な機能を使えます。
後からナレーションを追加することもできます。
画面真ん中のマイクアイコンをクリックすると、動画をプレビューしながら音声を後入れすることも可能です。

Youtube動画を編集

DemoCreatorでYoutube動画を編集する方法

Step3:作成した動画をYoutubeにアップロードして投稿する

編集が終わった動画をYoutubeにアップロードするには、画面上のエクスポートメニューからビデオをエクスポートするをクリックします。
Youtubeメニューをクリックしメニュー上部の「ログイン」ボタンをクリックするとWebサイトが開きますので作成したYoutubeアカウントでログインします。
ログインができたら、「タイトル」、「説明」などを記述し、右下エクスポートをクリックすると自動でYoutubeに作成した動画をアップロードすることができます。

Youtubeに動画をアップロード

Part3:DemoCreatorでYouTube動画編集を試してみよう!

今回はWondershare DemoCreatorを使って、Youtubeの動画を作成し、アップロードする方法について紹介しました。
ゲーム実況やオンライン講座の作成をする際には、DemoCreatorを使うことで、画面録画ソフト、動画編集ソフトを別々にインストールすることなく一つのソフトでまとめて作業することができるため非常におすすめとなっています。
Wondershare DemoCreatorは、無料で使える試用バージョンをご用意しておりますのでぜひ一度インストールしてみてください。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント