OBSでyoutube配信と録画保存を同時に行う方法

相葉
相葉
2021-01-08 11:56:39 • カテゴリ: ゲーム録画
0

youtube動画が配信されているときに同時に録画していつでも視聴できるようにしたいと思ったら、OBSを使えば良いということを知っているでしょうか。この記事ではこのyoutube動画を録画して保存したいという人のために、OBSを使ってキャプチャをする手順を具体的に解説します。

Part1:はじめに

OBS Studioはビデオの録画と配信のためのオープンソースソフトウェアとして人気があります。色々な形で登校用動画などを録画できますが、youtube動画をリアルタイムで録画するのは難しいのではないかと思う人もいるでしょう。ここでは録画方法を紹介した上で、他にも使いやすいソフトがあるのでその魅力や特徴についても簡単に説明します。

Part2:OBS Studioを使って配信と同時に投稿用動画を録画する方法

OBS Studioを使うとどのような手順で録画することができるのでしょうか。youtubeの配信と同時に録画するための手順を具体的に解説するので参考にして下さい。

①シーンを作成する

OBSでyoutube配信を録画するにはまずシーンを作成します。OBSを起動したら左下にある「シーン」の「+」をクリックし、これから録画するシーンの名称を入力しましょう。

②ソースを追加する

次にソースの準備を行います。「シーン」の右側にある「ソース」の「+」をクリックし、どのような方法でキャプチャをするかを決めます。ここではウィンドウキャプチャを使った例を説明します。表示されたメニューから「ウィンドウキャプチャ」をクリックしましょう。すると「ソースを作成/選択」というウィンドウが表示されるので名前を付けて決定します。

③プロパティの設定をする

ソースを追加すると「ウィンドウキャプチャのプロパティ」のウィンドウが開きます。その下部にある「ウィンドウ」のプルダウンメニューをクリックし、youtube動画が再生されるウィンドウを選択します。すると中央部に指定したウィンドウが映るので、内容が正しければOKボタンをクリックして決定しましょう。

④出力の設定をする

次にメニューバーの「ファイル」から「設定」を選択して設定画面を表示しましょう。左側のメニューから「出力」を選んで出力の設定をしておきます。「基本」の出力メニューでは録画したファイルの保存先のディレクトリや動画の品質、ファイルのフォーマットや動画のエンコーダを指定することができるので希望する設定にします。他にも詳細を設定できるので必要に応じて変更しましょう。

⑤動画を録画する

ここまで準備をしたら後はyoutube配信を始めるタイミングで、ウィンドウ右下にある「録画開始」をクリックします。そして、配信が終わったら「終了」をクリックすると録画が終わります。録画した動画は自動保存される仕組みになっているので、出力の設定で指定したディレクトリに格納されているかを確認しましょう。

Part3:ゲーム録画ソフトWondershare Demo Creatorを紹介する

OBS Studioでもyoutube動画の配信と同時に録画をすることができますが、ゲーム録画ソフトのDemo Creatorを使うと少ないステップ数で簡単に録画することが可能です。Demo Creatorは直感的な操作で画面録画を行えるようにデザインされているのが魅力で、マニュアルなどを読まなくても録画できるという定評があります。出力形式も豊富でMP4やFlash形式などに加え、eラーニングに対応するLMS形式でも出力が可能です。エフェクトの追加などの簡単な動画編集機能もあるので、Demo Creatorがあればyoutube動画を撮影してオリジナルの動画に仕上げたり、編集してeラーニングの教材を作ったりすることもできるでしょう。手軽で高機能なソフトを使いたいというときにはDemo Creatorがおすすめです。

demo-creator

Part4:OBSにこだわらずにDemo Creatorも使ってみよう

OBSはビデオの録画や配信に強いソフトでyoutube配信をリアルタイムで録画することもできます。しかし、もっと簡単に録画できるようにしたいと思ったら、OBSにこだわらずにDemo Creatorを使うことも検討してみましょう。機能も充実していて出力形式も豊富なのできっと満足して使っていくことができます。

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント