「2021年最新」5分で分かるDiscordの通話録音方法

相葉
相葉
2021-03-11 15:26:58 • カテゴリ: オンライン画面録画
0

◆Discordとは何か?

今回紹介するのは「discordで通話を録音する方法」についてですが、そもそもdiscordをご存じない方もいらっしゃると思います。discordとは、主にゲーマー向けのチャットツールです。プレイ中の画面を共有できたり、ボイスチャットだけでなく通話も行えたりします。パソコン版であれば、ログインせずに利用できるのも長所の一つです。これから、discord通話を録音する方法についてパソコン版/アプリ版と場合分けして説明していきます。

Part1.DemoCreatorを使いDiscord通話を簡単に録音する

最初に、パソコン版の場合から説明します。Discord録音・録画には対応しているソフトの存在が欠かせません。様々な種類の録画/録音対応ソフトがありますが、その中でもおすすめしたいソフトがWondershare DemoCreator です。Discordユーザーの方はゲーマーが多いと思いますが、DemoCreatorは会心のプレイを録画したり、ゲーム実況を配信したりといった用途に使用できます。もちろん、プライベートだけでなく、オンライン上での会議やプレゼンといったビジネスシーンでも活躍してくれます。

Discord録音ソフトオススメ

簡単なWondershare DemoCreatorの紹介を終えたところで、DemoCreatorで録音する具体的手順を解説します。

1.Discord録音モード「キャプチャー」を選択

Discord録音を開始する前に、先にDemoCreatorを設定しておきます。DemoCreatorを起動し、「キャプチャー」を選択します。

Discord録音モードの選択

2.Discord録音設定をカスタマイズ

表示された録画ツール画面の右上に「設定」ボタンをクリックして詳細設定画面に入ります。 スクリーン/オーディオ/カメラ/詳細設定と4つのタブが存在しますが、録音に関わるのは「オーディオ」です。「コンピューターオーディオ」と「マイクロフォン」はデフォルトで録音されますが、録音しないようにすることもできます。

Discordオーディオ録音設定

3.Discord録音開始/終了

設定が完了したら、赤いボタンを押すかF10キーをクリックすると録音が開始されます。音量が気になった時は、オーディオでカーソルを左右に動かすと調節できます。終了する場合は、もう一度赤いボタンを押すかF10キーをクリックしてください。

Discord録画開始

4.Discord録音音声を編集するには

録音されたDiscord音声は指定のフォルダに保存されます。録画画面から録音音声だけ抜き出すには、タイムラインに録画ファイルをドラッグアンドドロップした後、音声が自動的に分離されます。 タイムライン上で映像クリップを右クリックして「削除」を選択します。また、録音音声内の雑音が気になる場合は、オーディオアイコン→「ノイズ除去」の「有効にする」をクリックしてください。低/標準/高の選択肢があります。

Discord録音音声編集

Discord録音音声を簡単に編集できるソフトオススメ

Part2.スマホでdiscord通話を録音る方法

・iPhoneの場合

ここからは、さらにiPhoneとAndroidに分けて説明します。iPhoneには画面収録機能が内蔵されているので、それを利用するのが一番手っ取り早いと思います。まず、「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」の順番で画面収録機能を選択し、利用できる状態にします。次に、画面を上にスワイプして画面収録機能を呼び出し、「収録を開始」をタップします。事前にマイクオーディオをオンにしておくと、discord通話中の自分の声も録音できます。画面上部の赤いバーかコントロールセンターをもう一度タップするとdiscord録音を終了します。

Discord録音音声編集

・Androidの場合

AndroidにはiPhoneと異なり、録音機能が内蔵されていません。そのため、アプリをインストールする必要があります。しかし、多くのAndroid対応の録音アプリの利用規約には、ソーシャルチャットやアプリ内通話の録音は不可と規定されていて、discordの通話録音も該当します。ですので、アプリを利用しての録音は不可能です。どうしても録音したい場合は、ICレコーダーのような録音できる電子機器を用意しなくてはなりません。

いかがでしたでしょうか?今回は、discord通話を録音する方法について紹介しました。今回紹介した手法は、録画の副産物として録音をするといった雰囲気のものが多いので、同様の手順で録画も可能です。最後になりますが、通話音声を録音する時は、必ず相手の許諾を得てから録音するようにしましょう。相手に不信感を抱かせてしまいます。

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント