Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面、Webカメラやマイク音声を簡単に録画できる。
  • 2. アバターを登場させて録画することも可能。
  • 3.豊富な動画編集ツールと10,000点以上のエフェクト素材を搭載してプロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:
最高の画面録画ソフト

【最新】PC&スマホで画面録画時に発生する録音不具合の解決策を徹底解説

相葉
2024-05-10 10:34:44 • Filed to: windows画面録画

PCやスマホの画面録画はソフトやアプリを使うことで簡単にできます。しかし、なかには音声が入らないといったトラブルに悩まされている方もいるかもしれません。

この記事では、PCやスマホで画面録画するときに発生する音ズレ、音入らない不具合の原因とそれぞれの解決案を詳しく紹介いたします。音声トラブルに悩まされている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

Part1.PCやスマホで画面録画するときに発生する音ズレなどの原因とその解決案

・Windows画面録画する際に発生する音ズレ

考えられる可能な原因①:パソコンのスペックが足りない

画面録画を保存するには最低限なPCスペックは、約10年前のPCが基準になっています。

詳細ではCore i3 3Ghz以上のCPUと、GeForce9800 GTX以上のグラヒックボードが搭載されていて、メモリとして4GB以上あるPCです。

一方、PCでゲーム実況動画を作成するためには、CPUにCore i5 680以上、グラヒックボ―ドにGeForceGTX560Ti以上、メモリ8GB以上があるPCが最低限必須です。

もしPCのスペックが足りないと、処理が追いつかず、録画した動画は音ズレや画質劣化が発生したりする可能性が高いです。

考えられる可能な原因②:パソコンに故障がある

この場合は、パソコン修理店へ持ち込んで、パソコンの故障を修理してもらうのが一番いいかと思います。

・画面録画する際に音が入らない

PCの場合、OSによって原因や解決先が異なります。もしPCの画面録画で音声が入らないのであれば、以下の内容を参考にしてみましょう。

画面録画で音声が入らない場合の考えられる原因

そもそもPCの画面録画で音声が入らない原因としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 音量をゼロにしている
  • 画面録画したいものが著作権物
  • PCのスペック不足
  • 故障

もし音声が入らないのであれば、上記で紹介した順番でチェックしてみましょう。

まずは画面録画の対象となっているものの音量を確認します。例えば動画を録画したい場合、動画の音量がゼロだと、音声が入りません。また、Windowsの場合は著作権のある動画の音声が録音できないようになっている場合がほとんどです。

音声が原因じゃなければ、PCのスペックを確認しましょう。PCのスペックが画面録画ツールの必要スペックより低いと、きちんと画面録画ができません。

それでもできない場合には、故障の可能性もあります。一度PC修理店に持ち込んで確認してもらうのが良いでしょう。

PCで音声付き録画できるソフトWondershare DemoCreatorの無料ダウンロードはこちらへ

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

・PCで画面録画するときに発生する録音不具合の解決策

もしPCの画面録画で音声が入らないのであれば、自分のPCのOSに合わせて以下の解決策に取り組んでみましょう。

Windowsの場合

Windowsの場合、まずは画面録画の対象からチェックしましょう。上記で述べたように著作権のある動画は音声が入らないケースがほとんどです。

もし著作権のある動画ではないのであれば、Windowsの画面録画で使うゲームバーの設定を確認してみましょう。WindowsキーとGキーでゲームバー(Xbox Game Bar)を呼び出してメニューを出し、「設定」を選びます。

次に「音声」を選んで「ゲームクリップ録画時にオーディオ録音する」にチェックが入っているか確認しましょう。チェックされていないと、音声が入りません。

録音設定

それでも解決しない場合には、アプリのトラブルシューティングツールを実行してみましょう。コントロールパネルから「システムとセキュリティ」を選び、「セキュリティとメンテナンス」から「トラブルシューティング」を選択します。その後、「すべて表示」を選んでWindows ストア アプリの診断を行います。

セキュリティとメンテナンス

Windowsストアアプリの診断

Macの場合

Macの場合も2つの解決策が挙げられます。1つ目の解決策はMac本体の音量を上げることです。

まずシステム環境設定から「アクセシビリティ」を選びます。その後、「オーディオ」を選んで「“サウンド”環境設定を開く」をクリックしましょう。

Macでサウンド環境設定を開く

そうすると音量調整画面が表示されます。もし音声が入らないのであれば、主音量を上げることで音声が入る可能性があるため、調整してみましょう。

Macでのサウンド調整

もう1つの方法は、画面録画のオプション設定です。shiftキー+commandキー+5キーで画面録画のツールバーを起動させたら、「オプション」をクリックします。その中から「内蔵マイク」にチェックを入れることで、音声が入った録画ができます。

Part2.PC画面録画の音声が入らない場合にはDemoCreatorを使うのもおすすめ!

DemoCreator

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

WindowsやMacの画面録画をする際に音声を入れたいのであれば、「Wondershare DemoCreator」を使ってみるのもおすすめです。「DemoCreator」は画面録画ソフトであり、Webカメラや外部マイクと一緒に録画することもできます。

その上、「DemoCreator」には動画編集機能も備わっています。録画した動画の無駄なシーンをカットしたりエフェクトを追加したりできるため、ゲーム実況動画やマニュアル動画を作りたいときにもおすすめです。

・DemoCreatorを使って音声付きで画面録画をする方法

「DemoCreator」での画面録画方法は、初心者でも簡単にできます。以下の流れに沿って取り組んでみましょう。

STEP1.ソフトを起動して画面録画ができる状態にする

まず「DemoCreator」を起動し、メインメニューから「PC画面録画」を選びます。

DemoCreatorのスタート画面

そうすると以下のような画面が表示されるため、システムオーディオをチェックしましょう。もしシステムオーディオの下部が動いていれば、きちんと音が発生している証拠となります。

DemoCreatorでの音声テスト

STEP2.音声付きで画面録画を行う

Webカメラの有無や画面破損の設定を終えたら、録画しましょう。録画ボタンをクリックするか、ショートカットキーを押すと録画が始まります。録画を止めたい場合には、再度録画ボタンをクリックするか、ショートカットキーを押しましょう。

なお、ショートカットキーに関してはWindowsとMacで異なります。

Windows

Mac

開始・一時停止・再開

F9キー

optionキー+Shiftキー+2キー

停止

F10キー

commandキー+Shiftキー+2キー

録画・録音ソフトDemoCreatorを無料ダウンロードしてから試用してみましょう

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

ナレーションの録音方法 | Wondershare DemoCreatorチュートリアル

STEP3.編集画面で映像や音声を編集する

録画終了後、自動で編集画面に切り替わります。「DemoCreator」の場合はさまざまな編集機能を備えており、トリミングや速度調整、エフェクトの追加などが可能です。例えば自動で字幕をつけたい場合、「キャプション」タブから「自動キャプション」を選び、「認識開始」をクリックすると、自動で字幕を作ってくれます。

DemoCreatorの自動キャプション

また、録画した映像の音量を調整したい場合には、対象の選択した状態で「オーディオ」タブをクリックすると、音声を調整できます。音量以外にもノイズの除去やボイスチェンジャーなどが可能です。

DemoCreatorのノイズ除去

音声と動画を別々にしたいときは、対象の動画を左クリックして「オーディオを分離」をクリックすると別々になります。

DemoCreatorのオーディオ分離

STEP4.音声付き動画を保存する

動画が完成したら保存しましょう。「エクスポート」をクリックし、フォーマットや保存先などを指定します。「DemoCreator」の場合はMOVやMP4以外に、音声フォーマットのMP3も用意しています。そのため、音声だけ保存することも可能です。

DemoCreatorをお持ちない方はこちらより無料ダウンロードできる

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

関連人気記事:初心者におすすめ!PCで無料かつ簡単に録音する2つの方法(内部&マイク音声)

関連人気記事:簡単に音声の録音ができる!便利なAndroidボイスメモアプリをご紹介

関連人気記事:Windows で画面録画を音声付きでする方法について詳しく解説

Part3.スマホの画面録画で音声が入らないときの解決策

PCとは違い、スマホの場合はどのように解決すればよいのでしょうか。こちらも原因を先に紹介した上で、解決策を解説します。

-スマホの画面録画で音声が入らない場合の原因

スマホの場合の原因としては、以下のことが挙げられます。

  • バージョンが古いまま
  • サイレントモードにしている
  • 著作権のある動画を画面録画しようとしている
  • 故障

画面録画機能はバージョン次第で対応できない場合もあるため、まずはバージョンが最新化か確認してください。もしiPhoneならば、サイレントモードだと音声が録音されないため、チェックしておきましょう。

それでも解決しないのであれば、録画対象が原因かもしれません。Windowsと同じく、スマホで著作権のある動画を録画しようとすると、音声が録音されない仕組みとなっています。これらの原因でない場合は故障の可能性があるため、修理に出すことをおすすめします。

-スマホの画面録画で音声が入らないときの解決方法

スマホの場合はPCほどややこしくなく、原因を見つけたらその問題を解決するように動くだけで対処できます。例えばサイレントモードが原因ならば、サイレントモードをオフにすることで録音できるようになります。

ただし、Android9の場合は内部音声の録音に制限がかけられているため、注意が必要です。どうしても音声を入れたいのであれば、外部のアプリを利用しましょう。

Part4.画面録画の音声設定に関するFAQ

最後に、画面録画の音声設定に関する質問と回答を紹介します。人によっては、以下の内容を読むことで悩みが解決できるかもしれません。

①画面録画で音ズレが起きたときの対策は?

音ズレの対策はPCとスマホで異なります。PCの場合は、まず上記で挙げた音声が入らない原因と録画ソフトの設定を確認しましょう。PCのスペック不足や設定ミスなどで音ズレが生じている場合があります。

もしそれでも生じている場合には、動画編集ソフトを使って調整しましょう。例えば「DemoCreator」の場合、音声と動画を分離させて音声の速度や位置を調整すれば訪れを解決できます。

スマホの場合は、必要最低限のアプリだけ起動するようにしましょう。さまざまなアプリが起動している状態で画面録画をしてしまうと、スマホの処理がきちんとできずに音がズレる可能性があります。

②PCでマイク音声も録画したいときの設定方法は?

PCでマイク音声も録画したいときの設定方法はOSによって異なります。Windowsの場合は、ゲームバーを起動して「録画中はマイクをオン」をクリックした上で録画すればOKです。Macは上記で述べたように、「内蔵マイク」に設定すれば外部の音も入ります。

「DemoCreator」の場合は、以下のメニュー内にあるマイクロフォンをオンにすればマイク音声も録画できます。

DemoCreatorでのマイク設定

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください