Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

Windows10で画面録画時に発生する録音不具合の解決策

相葉
2021-07-29 16:38:07 • Filed to: 【windows】画面録画
0

ゲームバーって

一般の呼び名です。正式の呼び名は「Xbox Game Bar」です。パソコンのWindows 10に標準インストールされています。
ゲーム画面の録画などの機能を持っています。
デメリットとして、市販のソフトと比較するとキャプチャーする範囲を指定して録画する事はできません(画面の一部分だけを録画はできません)。通常パソコン画面を録画した動画はビデオ⇒キャプチャーのフォルダに保存されます
ゲームバーにによる最大の録画時間は2時間となります。画面録画する際に音ズレや音が入らないなどの問題が起こることはあります。今回は、ゲームバーでWindows画面録画する際に起こる音ズレなどの問題の原因とその対策、およびWindows画面と音声を問題なく簡単に長時間で録画できる方法を詳しく紹介いたします。

1.ゲームバーで画面録画する際に発生する音ズレなどの原因とその解決案

●Windows画面録画する際に発生する音ズレ

考えられる可能な原因①:パソコンのスペックが足りない

画面録画を保存するには最低限なPCスペックは、約10年前のPCが基準になっています。
詳細ではCore i3 3Ghz以上のCPUと、GeForce9800 GTX以上のグラヒックボードが搭載されていて、メモリとして4GB以上あるPCです。
一方、PCでゲーム実況動画を作成するためには、CPUにCore i5 680以上、グラヒックボ―ドにGeForceGTX560Ti以上、メモリ8GB以上があるPCが最低限必須です。
もしPCのスペックが足りないと、処理が追いつかず、録画した動画は音ズレや画質劣化が発生したりする可能性が高いです。

考えられる可能な原因②:パソコンに故障がある。

この場合は、パソコン修理店へ持ち込んで、パソコンの故障を修理してもらうのが一番いいかと思います。

●Windows画面録画する際に音が入らない

考えられる可能な原因:初期の設定では、Xbox Game Barにゲームとして記憶されているアプリだけに、音声が録音されるようになっています。その為画面録画で音が入らないこともあります。他のアプリの音声も録音したいときは、Xbox Game Barの設定を変更します。

対応方法:設定変更して画面録画時音声が入らない症状を改善

【Windows】キーを押しながら、【G】キーを同時に押します。
あるいは、左下にある「スタート」(Windowsマーク)のボタンをクリックし、パソコンのアプリ一覧から、かなり下側にあると思いますが「Xbox Game Bar」を見つけてその文字をクリックします。

Xbox Game Barが起動したら「設定」をクリックします。設定は中央上側のデジタル時計の右側にあります。更に画面が開きますので「キャプチャ中」の文字をクリックします。
違う画面が表示されてゲーム、すべて、なしの3項目が書かれていると思います。
右側にチェックマークを付ける場所があると思いますが、初期設定では「ゲーム」のところにチェックマークがついています。
「すべて」のところにチェックマークを付け替えます。
最後に右上の「×」ボタンをクリックして、設定画面を閉じます。
これにより画面録画時音が出ないこともなくなります。

ゲームバーの代わりになる画面録画ソフトオススメ

2.Windowsパソコン画面と音声を問題なく簡単に長時間で録画する方法

上記では音声録音不具合を起こす可能な原因を話しましたが、具体的な原因を究明できない場合もよくあります。特にパソコンに疎い方にとって、録画不具合の原因を究明して解決するのは時間もかかるしとても難しいことです。この場合、市販の画面録画ソフトを使いパソコン画面を録画することをおすすめします。市販の録画ソフトなら、録画に特化したソフトのため、録画不具合が起こりにくいし、起こったとしてもソフトの開発業者に不具合を修正してもらうことができます。

市場ではたくさんの録画ソフトが販売されているが、パソコン画面と音声を長時間に高画質で録画したいならWondershare DemoCreatorが一番おすすめです。
Wondershare DemoCreatorはWondershare社から提供している画面録画のソフトです。
機能は豊富にありますが、初めての方や初心者の方でも迷わずに画面録画とその後の編集操作も可能です。レイアウト、操作が考えられたものになっているからです。

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

Wondershare DemoCreatorは録画時間に制限がありません。パソコンのローカルディスクに十分な空き容量があれば、長時間にご自由に録画できます。なお、PC画面だけではなく、PC内部音声、マイク音声およびWebカメラも同時に簡単に録画可能です。なお、ゲーム録画モードでパソコンで進行中のゲームを識別してゲームプレイも簡単に録画できます。

それでは、DemoCreatorでパソコン画面と音声を長時間で高画質に録画する方法を下記に詳しく説明します。ぜひ一度試してみてください。

ゲームバーでの録画で音ズレや音が入らない時の対策

・Wondershare DemoCreatorでパソコン画面録画・音声録音するやり方と手順

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

Step1:Wondershare DemoCreatorを起動します。

起動後キャプチャーとクイックキャプチャー、ゲーム録画、動画編集と書かれている画面が表示されますので、「キャプチャー」を選択します。下記写真のように録画ツールが起動されます。

録音ソフトを起動

Step2:パソコン画面録画設定を行います。

「録画範囲」タブでは、「フルスクリーン」、「1280*720」、「1080*1080」、「1920*1080」、「カスタマイズ」、「画面録画しない」の6つから選択します。録画エリアを自分で指定したい場合は、「カスタマイズ」を選択して枠線をドラッグすることで録画エリアを変更できます。

高画質に録画するには、「フレームレート」を60Fpsか120Fpsまで設定します。

「デバイス」タブでは、外部マイク、録画カメラ、内蔵マイクの有効か無効にするか選択します。

パソコン画面録画録音設定

Step3:Windows画面録画を開始と終了

録画設定が完了した後、赤いボタンをクリック、またはキーボードF10を押したら録画が開始します。再度F10を押したら終了されます。

画面録画開始

Step4:画面録画動画を保存と共有

録画が終わりましたら、録画した動画は編集画面にインポートされます。そのまま編集画面で動画をカットしたり、字幕や注釈をつけたり、画面をクロップしたりなど様々な編集ができます。編集が終わりましたら、「エクスポート」をクリックしてパソコン画面録画した動画をパソコンに保存したり、Youtubeにアップロードして共有できます。

エクスポート画面

DemoCreatorでPC画面録画した動画を編集&保存する方法

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

4、最後に

画面録画ソフトWondershare DemoCreatorを簡単ではありますが説明させていただきました。
無料版からダウンロードしてお使いいただき、有料版にアップグレードして1年間のプランや永続ライセンを選んでください。
しかしコスパがいいのでお買い得商品です。