Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

【最新】Macで内部・外部音声つきで長時間に画面録画を行う方法

相葉
2021-11-03 14:27:36 • Filed to: Mac画面録画
0

ゲーム配信などの普及によりMacで音声付き画面録画を長時間したい。という需要は増えました。しかし、標準ソフトであるQuickTime Playerでそれをおこなうのは少々コツが必要です。

そこでこの記事ではMacBookで画面録画をおこなう方法を解説します。

QuickTime Playerを使用する方法や、専用のソフトを使う方法についてそれぞれメリット・デメリットに触れながら解説していきますのでぜひ自分に合った方法を見つけてください。

1、Macの標準機能QuickTime Playerで音声付(内部音声、マイク音声)で長時間画面録画する方法

Macに標準搭載されているQuickTime Playerは外部音声か音声なしでの録音しか対応しておらず内部音声を録音することはできません。そこで外部音声(マイク音声)も録音するためには新たにソフトを導入し組み合わせる必要があります。

以前までは「Soundflower」というソフトが有力でしたが、既に開発が終了しM1搭載Macには対応していません。そこで代案の候補がいくつかありますがオススメは「GroundControl Cube」という無料仮想オーディオソフトです。インストールの方法から順を追ってみていきましょう。

step1.GroundControl Cubeのインストール

①公式サイトにページ下部Email入力欄にメールアドレスを入力、「Download」をクリックします。

GroundControl Cube ダウンロード

②入力したメールアドレスにダウンロードリンクが届くので「GroundControl Cube」直下の「Download」をクリックします。

③自動的に「GroundControlCubev1.1.0.pkg」のダウンロードが開始します。

④【開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?】と表示されるので、【開く】をクリックします。

⑤指示に従ってインストールすれば完了です。

GroundControl CubeはM1搭載MacでmacOS11 Big SurはもちろんmacOS 12 Montereyでも動かすことができます。

step2.サウンドの設定を変更

①【システム環境設定】から【サウンド】にアクセス【出力】を【GroundControl 2ch】に変更します。

QuickTime Playerで音声付きで長時間画面録画 サウンドの設定を変更

② QuickTime Playerを起動します。

③【ファイル】→【新規画面収録】を選択します。

QuickTime Playerで音声付きで長時間画面録画 新規画面収録

④操作パネルが表示されるので【オプション】をクリックし、マイクを【GroundControl 2ch】に変更します。

QuickTime Playerで音声付きで長時間画面録画 オプションの設定

これで準備完了です!

step3.画面収録

①収録ボタンをクリックすることで収録が開始します。

②収録をやめる時は画面上のメニューバーにある停止ボタンをクリックしましょう。

QuickTime Playerで音声付きで長時間画面録画 録画停止

これで内部音声付きで動画が保存できました!

なお、内部音声と外部音声を同時に収録する場合には新たに【LadioCast】などのソフトを導入する必要があります。その他に外部音声に関しては同時にiPhoneなどで録音し、動画編集ソフトのタイムラインに並べてしまう。というような方法もあります。

関連人気記事:QuicktimePalyerが録画できない場合の具体策

2、Mac録画専用ソフトを使い音声付きで画面を長時間且つ高画質に録画する方法

1.QuickTime PlayerでMacBook画面を録画する際によく起こるトラブル

ここまでMacに標準搭載されているQuickTime Playerで画面録画をおこなってきました。

しかし、内部音声付きで録画するためには外部ソフトを新たにインストールし設定する必要があるようでした。

このインストールやOSアップデートによるソフトの不具合などトラブルが起きてしまいがちです。

また、録画のたびにサウンド設定で出力先設定をいちいち変更する必要があり、そのままではMacから音声が出せないので録画後は出力先を戻す手間がかかってしまいます。

2.Mac録画専用ソフトを使い画面録画するメリット

QuickTime Playerはメディアプレーヤだが、録画機能もあるソフトです。これはつまり、録画専用で作られていないことを指します。

それに対して録画専用ソフトの中には外部ソフトのインストールも必要なく、MacBookで内部外部音声付きで安定して高画質な画面録画ができるソフトがあります。

また、ほとんどの場合ややこしい設定変更も必要ありません。

3.おすすめのMac画面録画ソフト3選

・No.1:Wondershare DemoCreator(Mac版)

Wondershare DemoCreator(Mac版)は非常にシンプルな操作で高品質な長時間画面録画が音声付きでできる録画ソフトです。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Webカメラ、マイク音声にも対応しており、内部音声と外部音声を特別な設定無しで長時間録画することができます。

また、表示速度は120fpsまで対応しており早い動きもブレずに録画してくれます。

録画機能だけでなく録画した動画データをそのまま編集できる編集機能も搭載しており、出力ファイル形式も20種以上と豊富です。

最新のmacOS v12(Monterey)でも録画可能を確認済みなので安心です。

Macで音声付きで長時間画面録画ができるオススメソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Macで音声付で画面録画する手順

①起動

DemoCreatorを起動し、「PC画面とWebカメラ」をクリックします。

Macで音声付きで長時間かつ高画質に画面録画 PC画面とWebカメラ

②録画操作パネル設定

録画操作パネルで「録画範囲」「システムオーディオ」「マイクロフォン」「Webカメラ」の設定をします。内部音声を録音する場合、スピーカーがオンになっていることを確認しましょう。

Macで音声付きで長時間かつ高画質に画面録画 録画ツール画面

③録画開始

赤丸のボタンを押すか、ショートカットキー「Shift+Command+2」を押せば録画が開始します。

停止する場合も同様に赤丸のボタンクリックか「Shift+Command+2」です。

Macで音声付きで長時間かつ高画質に画面録画 録画開始

④編集・保存

録画が終了すると自動的に編集画面へ移行し収録データがタイムラインに挿入されます。タイムライン上でカットや注釈の追加など編集しましょう。

画面録画した動画を編集

画面右上の「エクスポート」をクリック、書き出し設定をして「エクスポート」ボタンで書き出し完了です。

画面録画した動画をエクスポート

関連人気記事:Mac 画面キャプチャーフリーソフトまとめ

関連人気記事:Mac(マック)PCで内蔵カメラ/ウェブカメラを高画質で録画する方法

・No.2:ShowMore

ShowMoreはクラウドストレージを経由して画面録画ができる録画ソフトです。起動ツールのインストールは必要ですが、会員登録なしでもすぐに録画が開始できます。また、ウェブカメラ、マイク録音にも対応しており、範囲録画もできるので今すぐ急いで音声付きで高画質画面録画したいという方にはうってつけのツールです。

また、macOSに限らず、Windows、iOS、Androidなどプラットフォーム不問で対応しているのも特徴です。

ただし、無料版では録画時間が10分までという制限があること、そもそも対応している保存形式が少ないことに注意してください。

Macで音声付で画面録画する手順

①起動

公式サイトから「録画開始」ボタンをクリックします。

ShowMoreで音声付で画面録画 起動

②録画開始

録画したい範囲を指定し、表示されたツールバーから赤い丸をクリックすると録画が開始します。出力設定やスクリーン録画orウェブカメラ録画かといった各種設定もツールバーからおこなえます。

ShowMoreで音声付で画面録画 録画開始

③保存

四角のボタンを押すと録画が終了します。録画した動画はアップロードかPCに保存するか選べる形式になっています。

ShowMoreで音声付で画面録画 保存

・No.3:Debut

Debutは多くのソフトを輩出しているNCH Software製の画面録画ソフトです。無料版、有料版がありますが、無料版でも録音、Webカメラに対応しており、AVI、WMV、MP4などフォーマットも多彩です。シンプルな操作感で画面録画だけなら十分な機能を有しています。対応OSは公式ではmacOS X 10.5以降に対応とあります。

ただし、音声録画が不安定な場合がある点や、停止機能がない点、有料版が買い切りで約7,699円と高額な点などに注意が必要です。

Macで音声付で画面録画する手順

①起動

Debutを起動します。起動時は全画面収録がデフォルトです。ここで録画範囲を調整しましょう。

Debutで音声付で画面録画 起動

②出力形式の設定

動画ファイルの出力形式を調整します。

Debutで音声付で画面録画 出力形式の設定

③録画開始

赤い丸のボタンを押すと録画が開始します。

四角のボタンで録画終了です。

Debutで音声付で画面録画 録画開始

関連人気記事:Debut動画キャプチャソフトで録画する方法

3、Macで内部・外部音声つきで長時間画面録画する方法とソフトまとめ

Macを使って内部・外部音声つきで長時間画面録画する方法とオススメソフトに関する記事はいかがでしたか。標準搭載されているQuickTime Playerを使っても外部ソフトを活用することで画面録画はできました。

しかし、設定面やインストールなど少々複雑で日常的に使う方にとってはストレスになる可能性があります。

今回ご紹介した録画専用ソフトを利用することでストレスなく手軽で簡単に画面録画を音声付きでおこなうことができるようになるはずです。

これを機にダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか。

Wondershare DemoCreatorで録画した動画を簡単に編集しましょう!

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版