【2020年最新】高画質で簡単にニコニコ生放送を録画・保存できる方法を紹介

相葉
相葉
2020-09-29 16:11:10 • カテゴリ: 【windows】画面録画ソフト
0

ニコニコ生放送とは何ですか?

「(株)ドワンゴ」が提供している「niconico」のライブ動画配信サービスの事です。サービス名に「生放送」という言葉が付きますが、あくまでも放送事業者と違いまして、インターネット配信業者がインターネット配信を生放送で行うことです。
英語では「niconico Live」になります。

高画質で簡単にニコニコ生放送を画面録画と保存できるソフトは?

「ユーウチューブやFacebook、Twitterなど、絶えず見ることができる動画と違って、動画配信サービス「ニコ生」のライブ動画・生放送はパソコンに録画と保存をして何度でも見たいと思います」という声が聞こえてきます。

Part1: 今話題沸騰中のWondershare社の画面録画ソフト「Demo Creator」をお薦めします。かなりのリーズナブルな価格になっています。

Wondershare社の画面録画ソフト「Demo Creator」をお薦めします

ソフト「Demo Creator」では、画面録画する範囲を選択して、フレームレートやコンピュータオーディオ、マイクロフォン、Webカメラの解像度などを設定します。
コンピュータの操作やソフトの使用モードが分かりやすくて、編集プロセスを簡単にしたインターフェースになります。

特に嬉しいことには、フレームレートは「15fps」「24fps」「25fps」「30fps」「50fps」「60fps」「120fps」と7種類も有ります。一般的なフレームレートは「24fps」「30fps」「60fps」と3種類だけです。ユニットは「fps」で、1秒間にどれ程のフレームが再生されるか示されていて、「fps」が高い程画面表示がスムーズになりますので、「ニコ生」の適している画面録画を選んでください。

「ニコ生」は放送が終わったら視聴が出来ませんが、そこで「タイムシフト」機能を使用して見る事が可能になります。生放送を終わった後でも、「タイムシフト」視聴を許可していれば、公開の期間内であると放送を視聴できる機能になります。

Part2: 「タイムシフト」録画予約の方法は?

「タイムシフト」機能を使用する際には、会員登録しなければなりません。「ニコ生」の予約の仕方は至って簡単に出来ています。

  • ① 視聴したい放送番組を検索します。
  • ② プログラム枠内にある『予約する』をクリックします。
  • ③ メッセージが【予約リストに登録しました】と表示されたら「タイムシフト」予約は終了です

「ニコ生」のタイムシフト登録予約と載せている際には、登録予約は「ニコ生」のサイト内にて登録保存しておく為の予約ですから、パソコンに「ニコ生」を画面録画・保存することではありませんので、間違えないようにしましょう。

「タイムシフト」予約をして、「ニコ生」のサイト内に保存された放送番組をパソコンに画面録画・保存すれば、お好みの時に放送を視聴できます。

Part3: 「ニコ生」のパソコン画面を録画して保存する方法をご紹介します。

    • ① 「タイムシフト」予約していた放送番組を探して、視聴画面を開きます。
    • ② 録画保存したい画面のサイズに合わせます。
    • ③ 画面録画ソフト「Demo Creator」を起動します。
    • ④ 赤い丸で「キャプチャー」をクリックします。

赤い丸で「キャプチャー」をクリックします

    • ⑤ 右下に画面が表示されて、左から「赤丸」の「登録範囲」「フルスクリーン」「デバイス」がありますので「赤丸」をクリックします。

「赤丸」をクリックします

    • ⑥ 真ん中にポップアップ画面が表示されて「起動/停止 F10」「一時停止/再開 f9」「キャンセル」が出ますが、3秒間待ちます。

起動/停止 F10

    • ⑦ 右下の「赤丸」から「赤四角」に変わって、これで画面録画を開始します。
    • ⑧ 「ニコ生」の放送が終わったら、「赤四角」をクリックして画面録画を終了します。

「赤四角」をクリックして画面録画を終了します

  • ⑨ これで「Demo Creator」の画面に移って、「メディア」に「ニコ生」の画面録画ファイルが出来上がります。


「Demo Creator」の画面で「メディア」の下に「キャプション」「注釈」「ステッカー」「トランジション」「エフェクト」「カーソル効果」がそれぞれ揃っていますので、エンジョイしてみませんか。

簡単な高速編集でクリエーティブな動画を作成する事が出来るソフト「Demo Creator」をもしよろしければ、お考えください。

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント