ユーザーガイド

Demo Creatorの操作方法を下記ガイドよりご確認ください。

バーチャルヒューマン録画機能の操作ガイド

バーチャルヒューマン(Virtual Human)機能は、音声インタラクションやアバター生成などのテクノロジーを使用して、レクリエーションキャラクターにマルチモーダルおよび音声インタラクション機能を提供し、メディア、教育、コンベンションサービス、カスタマーサービスなどの業界におけるスマート化・娯楽化のダブルアップグレードに貢献します。

Wondershare DemoCreatorのバーチャルヒューマン機能を使用すれば、ユーザーは自由にMCアバターを選択し、背景を追加し、人の動きや表情をシミュレートして、ニュース動画をすばやく生成することができます。

このガイドでは、Wondershare DemoCreatorのバーチャルヒューマン機能を使用して、二次元キャラクターを喋れる、動ける、インタラクションができるスマートフォームに変換し、動画をより面白くする方法を説明します。

バーチャルヒューマン録画の使用方法は3ステップのみ

Step1:【Wondershare DemoCreator】を起動し、スタートページで【バーチャルヒューマン録画】モードを選択します。

バーチャルヒューマン録画

Step2:アバターの表示を調整し、録画を開始します。

  • ①カメラでアバターの位置を確認し、動きや表情を調整します。

録画開始前の調整作業を行うためには、バーチャル環境とリアル環境の両方をオンにする必要があります。カメラに向かって画面の調整を行い、バーチャルヒューマンの動きが人の動きに追従するようにします。そうすれば、バーチャルヒューマンを完璧に動かせます。

カメラの調整

PS: 最新バージョンでは、Wondershare DemoCreatorは無料のバーチャルヒューマンを2種類ご提供します。有料版ユーザーはすべてのバーチャルヒューマンをご使用いただけます。

  • ②不要な画面が録画されないように、録画を開始する前に「カメラ位置調整」ボタン、「バーチャルヒューマン」ボタン、「バックグラウンド」ボタンをオフにしてください。

ボタンをオフにする

  • ③【録画開始】アイコンをクリックして録画を開始します。

バーチャルヒューマン録画開始

Step3:録画を終了し、すばやくエクスポートします。

録画が完了した後、【高速エクスポート】を選択するか(無料体験の場合、3分以内の録画は透かしなしでエクスポートできます)、【動画編集】をクリックして二次加工を行うこともできます。

バーチャルヒューマン録画終了

バーチャルヒューマンができること

現在のバージョンでは、バーチャルヒューマンは人の上半身の動きと表情の変化に追従することができます。ハートマークを作ったり、口を尖らせたり、怒ったり、笑ったりすることができます。ぜひ試してみてください。

バーチャルヒューマンができること

個性的なシーンを追加

バーチャルヒューマン録画機能を使用する時、お気に入りの写真やPPTを背景にすることや好きなBGMを追加することができます。