ユーザーガイド

Demo Creatorの操作方法を下記ガイドよりご確認ください。

DemoCreatorを使いライブストリーミングする方法

このガイドではライブストリーミング方法について詳しく紹介いたします。

1.対応できるライブ配信プラットフォーム

DemoCreatorが対応できるライブ配信プラットフォームは以下となります。

DemoCreatorで対応できるライブ配信プラットフォーム

2. DemoCreatorを使いライブストリーミングするメリット

ライブストリーミングは、世界中の視聴者と知識や考えを共有するためにとても効果的な方法です。双方向でのリアルタイムコミュニケーションにより、視聴者との関係を強化できます。

democreatorでライブストリーミング

DemoCreatorは、強力で効果的なライブストリーミングサービスを提供しており、プレゼンテーションなどをお気に入りのストリーミングプラットフォームに簡単に生配信することができます。DemoCreatorは、Twitch、YouTube Live、およびその他ライブ配信プラットフォームでのライブストリーミングを魅力的で思い出深いものにするのに役立ちます。

① ライブストリーミングで視聴者のアクションを起こしやすい 。

DemoCreatorにあるエフェクトやバーチャル背景を利用したり、描画ツールやホワイトボードで重要なメッセージを追加したりすることで、視聴者の行動を起こしやすくなります。

② リアルタイムで視聴者とコミュニケーションできる。

テキストツールは、エンゲージメントを促進するためにすべてのチャネルからのメッセージを強調するのに役立ちます。

3.DemoCreatorでライブストリーミングするには

① DemoCreatorを起動した画面から、『プレゼンテーションモード』をクリック。

プレゼンテーションモードを起動

②様々なツールを使用してライブ配信のコンテンツを準備する。

  • プレゼンテーション用のメディアファイル (ビデオ、オーディオ、画像など)またはPPTファイルをインポートする。
  • Webカメラを設定する。
    『カメラ』モード(人の姿をそのまま映す)の場合、カメラエフェクト(美顔調整や背景削除など)を使うことができます。
    または、人の姿を出さずに、『アバター』モードでお気に入りのキャラクターを選択して登場させることも可能。
  • バーチャル背景を沢山用意しております。プレゼンテーション背景をバーチャル背景に変更することにより、ライブ配信をより面白く魅力的にできます。

ライブ配信の内容を準備する

③ 『ライブ』ボタンをクリックすると、ライブストリームが開始します。

DemoCreatorでライブ配信を開始

4.DemoCreatorを使ったTwitchでのライブストリーミング

Twitchは、ゲーム、エンターテインメント、スポーツ、音楽などのコンテンツのインタラクティブなライブストリーミングサービスです。DemoCreatorは、ライブ配信プラットフォームへ接続してプレゼンテーション画面などをそのままライブ配信できます。

ライブ配信開始する前の注意事項:

①ライブ配信プラットフォームへ接続するには、DemoCreatorと『Twitch Studioベータ』両方をWindowsパソコンで起動する必要があります。

②また、DemoCreatorでのライブストリーミングの準備が完了していることを確認してください。

Step1. 『Twitch Studioベータ』を起動して、Webカメラとマイクの入力設定を見つけます。

twitch webcam settings

Setp2. Webカメラの入力ソースを『DemoCreator Virtual Camera』に設定して保存します。 

twitchライブ配信でwebcamを設定

Step3. 全ての設定が完了した後、『ストリーム開始』をクリックすれば、DemoCreatorでのプレゼンテーション画面がTwitchでライブストリーミングを開始します。

twitchでライブ配信開始

5. DemoCreatorを使ったYoutubeLiveでのストリーミング

ライブ配信する前に、DemoCreatorでのライブストリーミング準備が完了していることを確認してください。

DemoCreatorを使ったYoutubeLiveでのライブ配信手順は以下となります。

Step1. Youtubeに移動して、Youtubeアカウントでログインします。右上の『作成』ボタンをクリックして『ライブ配信を開始』をクリックします。

youtubeライブ配信を作成

Step2. ライブ配信時間を設定します。

YoutubeLiveでの配信時間を設定

Step3. 配信方法を設定。ここでは、 『内臓ウェブカメラ 』を選択します。また、Youtubeがマイクとカメラにアクセスできるようにします。

Youtubeライブ配信方法を選択

Step4. Youtubeライブ配信の内容を作成する。

ストリームの内容を作成

Step5. 『ストリームのプレビュー』で、カメラアイコンをクリックしてWebカメラデバイスのリストから、『DemoCreator Virtual Camera』を選択して『ライブ配信を開始』。 信号を受信すると、YouTubeLiveコントロールルームにDemoCreatorと同じビューが表示され、ライブの配信が開始されます。

Youtubeライブ配信を開始