ユーザーガイド

Demo Creatorの操作方法を下記ガイドよりご確認ください。

基本的なビデオ編集

ファイルをインポートしたら、編集を始めましょう。このセクションでは、以下DemoCreatorにある各動画編集機能及び動画編集方法を詳しく紹介します。

    • メディアファイルをタイムラインに追加する
    • クリップをプレビューする
    • ビデオクリックをトリミング
    •  動画の画面サイズ変更
    • ビデオクリップの回転
    • ビデオクリップをクロップ
    • 7. ビデオを分割する
    • クリップのカット
    • ビデオの再生スピード調整
    • クリップを削除する
    • プレビュー品質
    • スナップショット
    • ボイスレコーダー
    • マーカーを追加
    •  合成
    • ホットキーを記録
    • トラック内容の表示と非表示、トラックのロックについて
    • フリーズフレーム
    • エクスポート

    1. メディアファイルをタイムラインに追加する

    メディアをタイムラインに追加するには、いくつかの方法があります。

    • メディアライブラリからタイムラインまたはプレビュー画面にメディアファイルを直接ドラッグアンドドロップします。
    • メディアファイルを右クリックして、「タイムラインの再生ヘッドに追加」を選択します。

    注: タイムライン上のメディアファイルをドラッグして再配置することができます。

    タイムラインに追加

    2. クリップをプレビューする

    サムネイルをダブルクリックすると、ビデオ全体が再生されます。

    クリップのプレビュー

    3. ビデオクリックをトリミング

    タイムラインで、クリップを選択し、アイコンが紫色になるまでクリップの端にカーソルを置き、前後にドラッグして不要な開始または終了を切り取ります。

    動画のトリミング

    クリップにマーカーを追加してから、クリップの端をマーカーポイントまでドラッグして、正確にトリミングすることもできます。

    マーカーをつけてトリミング

    4、動画の画面サイズ変更

    プレビューウィンドウで映像をクリックします。

    クリップ枠の周囲にあるドラッグポイントをドラッグしてクリップのサイズを調整します。

    もしくは、プロパティ領域に移動してスケールのパーセンテージを変更します。

    画面リサイズ

    5. ビデオクリップの回転

    クリップを回転するには、タイムラインでクリップをクリックして選択し、右上にプロパティ画面の 回転 設定に数値を入力して調整します。

    回転

    プレビュー画面の中央のハンドルを使用してクリップを回転することもできます。

    クリップの回転

    6. ビデオクリップをクロップ

    まず、タイムラインで対象クリップをクリックして選択します。

    次に、タイムラインの左上に「クロップ」アイコンをクリックすれば、クロップパネルが表示されます。

    クロップ

    プレビューウィンドウで、白いハンドルをドラッグして、切り抜くクリップの部分を選択します。プリセットされた縦横比 16:9、4:3、1:1、9:16 から選択することもできます。

    画面クロップ

    7. ビデオを分割する

    1つのビデオを複数のクリップに分割し、それらのクリップを個別に編集できます。方法は次のとおりです。

    分割するクリップの上に再生ヘッドを置きます。

    クリップを右クリックして[分割]を選択するか、ツールバーの「分割」アイコンをクリックします。

    動画を分割する方法-1

    動画を分割する方法-2

    8. クリップのカット

    カットするクリップを右クリックして、「カット」を選択します。

    カット

    ※クリップの一部のみをカットするには、クリップでカットする部分に再生ヘッドを置き、はさみアイコンをクリックするとクリップが2つに分割されます。次に、トリムしたい後ろの部分に再生ヘッドを置き、はさみツールをもう一度クリックし、クリップが再度分割され、3つのクリップになります。中央のクリップを右クリックし、[切り取り]を選択して切り取るか、新しい位置にドラッグしてください。

    分割してカット

    注:ズームスライダーを使って、タイムライン表示を拡大することができます。

    タイムラインのズーム

    9. ビデオの再生スピード調整

    タイムラインでクリップをクリックして、右上に表示するプロパティエリアで「スピード」を調整することもできます。

    スピード調整

    10. クリップを削除する

    タイムラインから削除するクリップを選択し、キーボードのDeleteキーを押すか、クリップを右クリックして削除/リップル削除を選択します。

    クリップの一部のみを削除したい場合は、分割ツール(ツールバーのはさみアイコン)を使用して、不要な部分をまず分割して削除します。

    クリップを削除

    11. プレビュー品質

    プレビュー画面の上にある、ドロップダウンから「再生品質」を選択できます。ディフォルトの再生品質は1/2です。

    もしくは、プレビューウィンドウで、右クリックして「再生品質」を変更することも可能です。

    再生解像度

    12. スナップショット

    プレビュー画面の下にあるスナップショットのアイコンをクリックすると、ビデオフレームの画像がスクリーンキャプチャされます。撮られた画像はC:/ Users / admin / Documents / DemoCreatorに保存されます。

    スナップショット

    13. ボイスレコーダー

    ボイスオーバー機能を使って、自分の声を録音することができます。ボイスオーバーを使って動画の内容をもっと詳しく紹介したり、自分の感想をリアルタイムで紹介することができます。ツールバーの「録音」アイコンをクリックすると録音を開始できます。また、録音しながら、ビデオを再生することもできます。

    注: オーディオを録音する前に、(マイクなどの)録音デバイスをコンピューターに接続してください。

    ナレーション

    14. マーカーを追加

    タイムラインにはマーカーを追加することができます。タイムラインで縦黄色のヘッドラインをマーカーしたい箇所までドラッグして、ツールバーの左からマーカーアイコンをクリックして、タイムラインにマーカーを追加できます。

    タイムラインにマーカーを追加

    特定クリップの特定箇所にマーカーをつけたい場合は、タイムラインでクリップを選択してから、マーカーをつけておけば、該クリップのみにマーカーが付けられます。

    クリップにマーカーを追加

    15.合成

    タイムラインでメイン動画をトラック2、背景となる映像をトラック1に配置します。

    メイン動画をクリックして、再生ウィンドウの右に表示されるプロパティパネルで、「合成」>「混合モード」では、暗くしたり、覆い焼きをしたりするなど、さまざまな合成効果にアクセスできます。 オーバーレイされた映像の不透明度を調整することもできます。 

    合成

    16. ホットキーを記録

    ホットキーを使ってビデオを録画する場合、視聴者が混乱しないように、どのホットキーが使われているかを明確に表示する必要があります。

    タイムラインでクリップをクリックして、右に表示する設定画面から「ホットキーのヒント」タブをクリックし、[有効にする]を選択します。ホットキーのサイズ、フィルター、位置、スタイル、色、不透明度な どを変更することもできます。

    ホットキー

    注: ホットキーはエクスポートされたビデオにのみ表示され、レコーディングには表示されません。

    17. トラック内容の表示と非表示、トラックのロックについて

    トラックの表示をオンとオフを切り替えることで、トラックの内容を表示するかどうかを選択できます。

    トラックを非表示

    「トラックをロックする」により、トラックを編集可能にするかどうかを選択できます。

    トラックをロック

    18. フリーズフレーム

    フリーズフレームは、特定の画像や操作を強調するのに役立ちます。

    ビデオトラックを右クリックし、[フレームをフリーズ]を選択して、5秒のフリーズ画像を作成します。

    フリーズフレーム

    19. エクスポート

    編集が完了したら、ビデオをMP4、MP3、またはMOVファイルとしてエクスポートできます。など、動画を直接Youtubeにアップロードすることも可能です。

    「エクスポート」ボタンをクリックして、表示されるエクスポート画面でビデオに名前を付け、エクスポートしたファイルを保存する場所を選択できます。このエクスポートウィンドウで、ビデオの解像度、フレームレート、ビットレート、およびその他の設定を調整することもできます。

    設定が完了したら、 エクスポートをクリックします。

    エクスポート