ユーザーガイド

Demo Creatorの操作方法を下記ガイドよりご確認ください。

利用するパソコンのOS:
  • Windows版
  • 基本的なビデオ編集

    ファイルをインポートしたら、編集を始めましょう。このセクションでは、以下の方法を紹介します。

    • メディアファイルをタイムラインに追加
    • クリップのプレビュー
    • オーディオの編集
    • オーディオのノイズ除去
    • ビデオクリップのトリミング
    • ビデオのサイズ変更
    • ビデオクリップの回転
    • ビデオクリップの切り抜き
    • ボーダーを描く
    • ビデオを分割
    • ビデオクリップをカット
    • メディアを削除
    • 再生解像度
    • スナップショット
    • ボイスオーバー
    • ビデオのサイズ変更
    • マーカーを追加
    • PIP(小窓画面)モード
    • フェードインとフェードアウト
    • ホットキーの記録
    • 動画のエクスポートとトラックロックの切り替え
    • タイムストレッチ
    • 非表示の波形を表示
    • フリーズフレーム
    • 書き出し

    1. メディアファイルをタイムラインに追加する

    メディアをタイムラインに追加するには、いくつかの方法があります。

    • メディアライブラリからタイムラインまたはプレビュー画面にメディアファイルを直接ドラッグアンドドロップします。
    • メディアファイルを右クリックして、 再生ヘッドでタイムラインに追加を選択します。

    タイムラインに追加

    注: タイムライン上のメディアファイルをドラッグして再配置することができます。

    2. クリップをプレビューする

    サムネイルをダブルクリックすると、ビデオ全体が再生されます。

    クリップのプレビュー

    3. オーディオ編集

    ビデオクリップがタイムラインに表示されたら、消音(ミュート)するか、オーディオを切り離して個別に編集することができます。

    クリップのオーディオを消音(ミュート)するには、クリップを右クリックして オーディオのミュートを選択してださい。

    オーディオをミュート

    ビデオクリップからオーディオを切り離すには、クリップを右クリックして オーディオの切り離しを選択します。切り離されたオーディオファイルは上のトラックに自動的に配置され、ビデオクリップと別に編集できます。

    オーディオ分離

    4. オーディオのノイズ除去

    プロパティ領域の右上にあるオーディオアイコンをクリックし、[ノイズ除去]タブの[有効にする]をオンにして、背景の騒音ノイズを除去します。

    低、中、高の3つの設定から選択できます。

    ノイズ除去

    5. ビデオクリップのトリミング

    クリップを選択し、下のアイコンが表示されるまでクリップの端にカーソルを合わせ、タイムラインで不要部分があるクリップの前か後ろにドラッグし、不要部分を切り取ります。

    クリップにマーカーを追加し、クリップの端をマーカーポイントにドラッグして、正確にトリミングすることができます。

    ビデオのトリミング

    6. ビデオのサイズを変更する

    プレビュー画面の中にあるクリップのサイズを変更するには、ビジュアル画面のスケール設定からサイズの%を変更します。

    スケールの調整

    7. ビデオクリップの回転

    クリップを回転するには、タイムラインでクリップを選択し、ビジュアル画面の 回転 設定に数値を入力して調整します。

    回転

    プレビュー画面の中央のハンドルを使用してクリップを回転することもできます。

    クリップの回転

    8. ビデオクリップの切り抜き

    クロップ機能を使い、画面のトリミングができます。

    クロップボタンをクリックします。

    クロップ

    プレビューウィンドウで、白いハンドルをドラッグして、切り抜くクリップの部分を選択します。

    クロップ詳細画面

    9. ボーダーを追加する

    ボーダーを描いて、ビデオや画像にボーダーをつけることができます。ボーダーの最大サイズは50です。プロパティ画面の[ボーダー]オプションから色や太さを調整することができます。

    ボーダー

    10. ビデオを分割する

    ビデオを個別のクリップに分割し、それらのクリップを個別に編集できます。方法は次のとおりです。

    分割するクリップの上に再生ヘッドを置きます。

    クリップを右クリックして[分割]を選択するか、ツールバーのはさみアイコンをクリックします。

    分割

    11. ビデオクリップの切り取り

    カットするクリップを右クリックして、[カット]を選択します。

    カット

    クリップをカットするには、クリップでカットする部分に再生ヘッドを置き、はさみアイコンをクリックするとクリップが2つに分割されます。次に、トリムしたい後ろの部分に再生ヘッドを置き、はさみツールをもう一度クリックし、クリップが再度分割され、3つのクリップになります。中央のクリップを右クリックし、[切り取り]を選択して切り取るか、新しい位置にドラッグしてください。

    注:ズームスライダーを使って、タイムライン表示を変えることができます。

    タイムラインのズーム

    12. メディアを削除する

    タイムラインから削除するクリップを選択し、キーボードの削除キーを押すか、クリップを右クリックして削除を選択します。

    削除

    クリップの一部のみを削除したい場合は、分割ツール(ツールバーのはさみアイコン)を使用して、不要な部分をまずカットし、削除します。

    13. 再生解像度

    プレビュー画面の下にある、ドロップダウンから再生解像度を選択します。ディフォルトの解像度は1/2です。

    再生解像度

    再生解像度

    14. スナップショット

    プレビュー画面の下にあるスナップショットのアイコンをクリックすると、ビデオフレームの画像がスクリーンキャプチャされます。撮られた画像はC:/ Users / admin / Documents / DemoCreatorに保存されます。

    スナップショット

    15. ボイスオーバー

    ボイスオーバー機能を使って、自分の声を録音することができます。ボイスオーバーを使って動画の内容をもっと詳しく紹介したり、自分の感想をリアルタイムで紹介することができます。ツールバーの「ボイスオーバー」アイコンをクリックすると録音を開始できます。ボイスオーバーを録音しながら、ビデオを再生することもできます。

    ナレーション

    注: オーディオを録音する前に、(マイクなどの)録音デバイスをコンピューターに接続してください。

    16. 動画のスケール変更

    プレビュー画像の下にあるスケールアイコンをクリックします。

    scale videos

    プレビュー画面で、クリップ枠の白い点をドラッグしてクリップのサイズを調整します。

    画面スケール

    17. マーカーを追加

    クリップフレームにマーカーを追加することができます。ツールバーからマーカーアイコンをクリックして、タイムラインにマーカーを追加します。

    マーカー追加1

    マーカー追加2

    18. PIP(ピクチャーインピクチャー)モード

    ピクチャーインピクチャー(PIP)を使用すると、ビデオクリップに他のメディアファイルを追加することができます。バラエティ動画でよく見るPIPエフェクトは、チュートリアルや、ゲーム動画、プレゼンテーションなども活用されています。

    背景になる動画をトラック1にインポートし、小窓に入れたいビデオをトラック2にインポートします。

    pip モード

    プレビュー画面で2番目のビデオのサイズを調整し、お好みの位置にドラッグします。

    pip画面調整 

    19. 合成

    合成タブのブレンデドモードを使って、動画を暗くしたり、カラーダッジを追加することができます。また、すぐに活用できる多くのプリセットのブレンドモードが用意されています。また、オーバーレイ画像の不透明度を調整することもできます。プロパティ画面から、[合成]をクリックしてこの機能にアクセスします。

    20. フェードインとフェードアウト

    フェードインおよびフェードアウトのエフェクトは、ビデオが始まるときや、エンディングでよく使われます。

    フェードイン:ビデオトラックの先頭にあるマーカーを右にドラッグ。

    フェードアウト:ビデオトラックの最後にあるマーカーを左にドラッグします。

    エフェクト利用のコツ: フェードインやフェードアウトのエフェクト時間に制限はないので、エフェクトをお好みの長さで使うことができます。

    21. ホットキーの録音

    ホットキーを使ってビデオを録画する場合、視聴者が混乱しないように、どのホットキーが使われているかを明確に表示する必要があります。

    設定画面から[ホットキー]タブをクリックし、[有効にする]を選択します。ホットキーのサイズ、フィルター、位置、スタイル、色、不透明度などを変更することもできます。

    ホットキー

    注: ホットキーはエクスポートされたビデオにのみ表示され、レコーディングには表示されません。

    22. トラック動画の表示とトラックロックの切り替え

    トラックの表示をオンとオフを切り替えることで、トラックを表示するかどうかを選択できます。

    トラックを非表示

    トラックロックのオンとオフを切り替えることで、トラックを編集可能にするかどうかを選択できます。

    トラックをロック

    23. タイムストレッチ

    タイムストレッチを使用すると、ビデオの長さを変更することができます。

    ビデオトラックを選択し、CTRLキーを押して、時計アイコンが表示されるまでビデオトラックの境界線の上にマウスを置きます。次に、タイムラインを左または右にドラッグします。プロパティエリアの右上で速度を調整することもできます。

    タイムストレッチ

    24. フリーズフレーム

    フリーズフレームは、特定の画像や操作を強調するのに役立ちます。

    ビデオトラックを右クリックし、[フレームをフリーズ]を選択して、2秒のフリーズ画像を作成します。

    フリーズフレーム

    25. エクスポート

    編集が完了したら、ビデオをMP4、MP3、またはMOVファイルとしてエクスポートできます。ビデオに名前を付け、エクスポートしたファイルを保存する場所を選択できます。このエクスポートウィンドウで、ビデオの解像度、フレームレート、ビットレート、およびその他の設定を調整することもできます。

    エクスポート

    設定が完了したら、 エクスポートをクリックします。