ユーザーガイド

Demo Creatorの操作方法を下記ガイドよりご確認ください。

プレゼンテーションモードについて

プレゼンテーションデモモードは、DemoCreatorバージョン6に新しく開発した新機能です。

ビデオプレゼンテーションツールは、効率的にプレゼン動画を作成するためのツールです。また、ここでアイデアを披露して、ライブ配信やオンラインミーティングも使えます。それでは、このツールの主要機能について紹介しましょう。

まず、プレゼンテーションモードのインターフェス概要について、以下の画像より詳しくご確認いただければと思います。

democreatorプレゼンテーションモード

次は、プレゼンテーションモードでの録画機能について下記のように紹介します。

① 起動したDemoCreatorトップ画面から『プレゼンテーションモード』をクリックしてプレゼンテーションモードに移動します。

左側のクリップボードには、PPTファイル、ビデオ、画像などの素材をインポートすることができます。

なお、デスクトップ画面を直接共有することもできます。

プレゼンテーションモードに素材をインポート

②『クリップボード』の右にある3つのアイコンは、Webカメラ(外部カメラ)マイク、およびシステムオーディオの録画設定オプションとなります。

Webカメラの設定

『カメラ』と『アバター』オプションでは、 Webカメラを録画する際に、Webカメラの人顔姿をそのまま録画するか、それとも人顔の姿を出さずに、バーチャルアバターを登場させて録画するかで変わります。

カメラとアバターモードの切り替え

④『ライブ』、『ミーティング』、『デモと録画』

『ライブ』は、DemoCreatorに映っているプレゼンテーション画面を そのままストリーミングプラットフォーム(OBS Studio, YouTube Live, Twitch, Discord, Facebook Liveなど)にライブ配信できます。

『ミーティング』は、『ライブ』機能と似ております。DemoCreatorに映っているプレゼンテーション画面を Zoom、Voov、Tencent Meeting、Skype、Microsoft Teams、TeamViewerなどのビデオ会議プラットフォームにリアルタイムでストリーミングできます。

『ライブ』、『ミーティング』機能で、ビデオ会議、ウェビナー、チャット、またはオンラインイベントでは、あなたのプレゼンテーション画面をリアルタイムでメンバーに共有することができます。 

『デモと録画』機能、プレゼンテーションを録画するためのアイコンです。

DemoCreatorでライブ配信、オンライン会議画面共有、プレゼン録画

④画面の真ん中には、プレビューウィンドウとなります。

インポートされたメディアやPPT、背景(実際の背景またはバーチャル背景)、プレゼンター(カメラまたはアバター)などは全部プレビューウィンドウでプレビューできます。

プレゼンコンテンツをプレビュー

➄プレビューウィンドウの下部には、「テレプロンプター」、描画ツールおよびレイアウトのプリセットがあります。

『ポインター』、『ペン』、『テキスト』、『ホワイトボード』、『クリア』と 5つの描画ツールをご利用いただけます。

右には、『ニュースルームのレイアウト』、『マージ表示』、『コンテンツの全画面表示』、『カメラの全画面表示』とレイアウトの調整がすばやくできます。

描画ツールとテレプロンプター

⑥パネルの右側には、ビデオエフェクトのライブラリーとなります。

a:『カメラ』モードで録画するとします。

この場合、パネルの右側に表示されるWebカメラの映像に使う『カメラ』エフェクトについて紹介します:

『マスク』オプションではWebカメラ映像に、円形、正方形、または長方形のマスクをかけることができます。背景をぼかす」と「背景を削除」は、背景を削除するために自分がいる環境を見せたくないユーザーにとって便利です。

『美顔加工』項目では、「肌の色調」「肌の明るさ」「小顔補正」「コントラスト」「彩度」を調整できて、カメラの前でも安心できるし、自分の魅力をもっと前面に出せます。

『フィルター』カメラ画像にフィルターを追加するためのものです。

『カメラ』エフェクトの下には、『背景』、『効果音』、『トランジション』、『オブジェクト』項目があります。これらのライブラリでは、さまざまなバーチャル背景、BGM、トランジション、およびその他の素晴らしいエフェクト素材をご用意しております。

カメラエフェクト

b:『アバター』モードで録画する場合、

パネルの右側に、『カメラ』効果項目が『アバター』素材に切り替わり、そこから実際の人姿を置き換えるために好みのバーチャルアバターを選択して録画します。

アバターモード

以上は、プレゼンテーションモードのすべての機能について紹介しました。