ユーザーガイド

Demo Creatorの操作方法を下記ガイドよりご確認ください。

DemoCreatorの主要機能

画面上のDemoCreatorアイコンをダブルクリックして、DemoCreatorを起動すると、製品トップ画面には、 「キャプチャー」、「クイックキャプチャー」、「ゲーム録画」、「動画編集」、「最近使用したプロジェクト」と表示されます。このページでは、DemoCreatorの主要機能についてそれぞれ簡単に紹介いたします。

DemoCreator録画モード

「キャプチャー」モード

「キャプチャー」モードでは、画面、音声、およびWebカメラを同時に録音できます。 記録された画面、オーディオ、カメラクリップは3つの異なるトラックに表示され、別々に編集できます。 この記録モードは、主に教材動画の録画、会議録画、製品デモの作成、およびプレゼンテーション動画の作成に使用されます。

キャプチャーモード

「画面描画ツール」:画面描画ツールは、画面録画中にスポットライト、ハイライト、テキスト、矢印などを画面に追加できます。 録画時に重要なポイントを強調したい場合、このツールがお役に立ちます。

画面描画ツール

【クイックキャプチャー】モード

「クイックキャプチャー」モードでは、PC画面と音声のみを速やかに録画できます。Webカメラの録画はサポートされていません。 この録画モードは、主にパワーポイントの録画や簡単なPC画面録画に使用されます。

クイックキャプチャー

「ゲーム録画」モード

「ゲーム録画」モードでは、ゲームプレイ画面を記録し、ゲームの素晴らしい瞬間をキャプチャすることができます。 また、オーディオとWebカメラを同時に録画することもできます。

ゲーム録画モード

録画モードの切り替え

起動したトップ画面から録画モードをすでに選択した後、途中で別の録画モードに切り替えたい場合、下記写真で示している方法で録画モードを変更できます。

録画モードの切り替え

「高度な録画設定」

「キャプチャー」、「ゲーム録画」をクリックした画面で、右上に設定アイコンをクリックすると、録画ファイルの「保存先」、「GPUアクセラレーション」、「エンコード」や「ショートカット」キなど設定を行うことができます。

高度な録画設定

動画編集ツール

動画編集ツールでは、インポートされたメディアファイルと録画されたビデオを簡単に編集できます。注釈を追加したり、カーソルエフェクトのカスタマイズ、クリップの切り取り、切り取り、サイズ変更、回転などを行うことができます。

動画編集ツール

   1.メディアライブラリ: 編集に使うビデオクリップや、写真、音楽ファイルなどをインポートすると、メディアライブラリに表示されます。
      ここには注釈とカーソルをカスタマイズするオプションがあります。

  1. プレビュー画面: プレビュー画面で、タイムラインにあるビデオを再生してみることができます。
  1. プロパティ画面: この画面で、動画を変形、合成、ボーダー作成、動画スピードの変更、オーディオ調整などの動画編集を調整できます。
  1. タイムライン: タイムラインは、メディアファイル(ビデオクリップ、写真など)とビデオプロジェクトのエフェクトを組み合わせて調整します。