ユーザーガイド

Demo Creatorの操作方法を下記ガイドよりご確認ください。

DemoCreator(Mac版)「キャプチャー」で画面録画する方法

「キャプチャー」モードでは、Mac PC画面、ウェブカメラ、オーディオを同時に録音できる高度な録画モードです。「キャプチャー」モードでは、録画パラメータ(録画範囲、録画フレームレートやデバイスなど)を詳しく設定できます。このページでは、キャプチャーモードでPC画面を録画する方法を詳しく説明していきます。

DemoCreator(Mac版)「キャプチャー」で画面録画

1、録画範囲を設定

録画範囲指定(Mac)

DemoCreatorでは、「録画範囲」タブで、録画エリアを「フルスクリーン」=フルHD、HD、1:1で設定できます。

また、録画範囲を「カスタマイズ」することもできます。
録画画面領域範囲を「カスタマイズ」するには、パソコン画面で境界線をドラッグして領域のサイズを調整し、真ん中にある赤い円をクリックしてドラッグして記録領域を変更できます。 

録画ツール画面で「録画範囲」タブで数値を入力することにより記録領域のサイズを変更することもできます。 

録画範囲をカスタマイズ(Mac)

2、画面描画ツール

画面描画ツールは、レコーダーウィンドウから、またはMacの上部メニューバーにレコーダーアイコンを表示するステータスメニューから有効にできます。

 描画ツールを有効にする

「画面描画ツール」を有効に設定すれば、画面録画時にリアルタイムで線や矢印、円などを描画したり蛍光ペーンで書き込んだりすることができます。これらすべてのものは、プレゼンテーション、講義、ゲームのトリック、および無限の可能性のための完璧なツールになります。

 描画ツール

3.入力デバイスの設定(マイク/Webカメラ)

①音声デバイスの設定:

オーディオの録音は、録音しない、PC内の音声とマイクを同時に録音する、片方しか録音しないように、設定できます。デフォルト設定では、Mac内臓マイクとシステムサウンドどちらも録音するようになっています。

システムに外部マイクが接続されている場合は、【デバイス】のマイクアイコン下のドロップダウンリストから接続したマイクを選択できます。

 入力マイクの設定

➁.Webカメラ設定

PC画面の録画だけでなく、Webカメラも同時にい録画できます。

 入力Webカメラの設定

録画ツール画面の右に「デバイス」のカメラアイコンの右側にあるカメラ設定アイコンから下記Webカメラの詳細設定ができます。

 Webカメラの設定

  • 録画するカメラデバイス
  • 録画の解像度
  • 録画のフレームレート

 Webカメラ録画詳細設定

③Webカメラのオーバーレイ設定

カメラデバイスの下に、「カメラオーバーレイ」を有効にすると、Webカメラのオーバーレイを選択できます。

 Webカメラのオーバーレイ設定

柔軟なウェブカメラレコーダー

柔軟なウェブカメラレコーダーを使用すると、AI顔認識を使用してオーバーレイ画面に自分の顔を記録し、顔を画面に溶かして、記録を生き生きと見せることができます。

フレキシブルWebカメラレコーダーのさまざまなオプションは次のとおりです。

  • オーバーレイを円で表示します。
  • オーバーレイを長方形で表示します。
  • 顔認識–背景を削除し、体だけを表示します。
  • ウェブカメラを水平に反転します。

 柔軟なウェブカメラレコーダー

4.録画を開始/停止

各設定を完了した後、赤い円ボタンをクリックするか、キーボードのShift+Cmd+2を押して、画面録画開始まで3秒からカウントダウンします。カウントダウンが終わりましたら、画面の録画が開始されます。

録画を停止する場合は、もう一度Shift+Cmd+2を押します。

 Macで録画を開始/停止

5.録画の一時停止/再開

進行中の録画を一時停止するには、ステータスメニューに移動し、赤い記録ボタンをクリックしてDemoCreatorレコーダーを開きます。レコーダウィンドウが開いたら、DemoCreatorキャプチャウィンドウから記録を一時停止および再開できます。または、Opt + Cmd + 2キーボードショートカットを使用してキャプチャを一時停止し、コンボコマンドをもう一度押して記録を続行することもできます。 

 Macで録画の一時停止/再開

5.録画を削除して再録画する

「削除して再録画する」オプションは、現在の録画を削除し、改めて録画を行うことです。この機能は、間違いを犯したり、新たなスタートを切りたい場合に便利です。

 Macで録画を削除して再録画する