ユーザーガイド

Demo Creatorの操作方法を下記ガイドよりご確認ください。

DemoCreator(Mac版) 画面録画手順

Step1:画面録画ツールを起動

DemoCreatorを開き、[キャプチャー] を選択して、録画ツールに入ります。

録画ツールの左上に設定ボタンをクリックして、録画設定(録画エリアのサイズ設定、オーディオ設定、Webカメラの選択など)を設定します。詳しくは、下記「セットアップ」内容をご確認ください。

デフォルトの録画設定で録画する場合は、録画ツール画面で赤いボタンをクリックすれば録画が開始されます。

トップ画面

Step2:画面録画設定

この設定画面では、録画設定をカスタマイズできます。記録エリアやフレームレート、オーディオなどを詳しく設定できます。

1.「スクリーン」設定

[スクリーン]タブで以下の設定ができます。

  • 画面録画のエリアは、「フルスクリーン」(PCの画面全体を録画する)、「録画範囲を選択」、「特定のウィンドウを選択」から選択できます。
  • フレームレートを15fps~120fpsまでご自由に選択します。

録画画面設定

録画画面領域範囲の設定

録画画面領域範囲を指定するには、録画ツールのトップ画面で行われます。

デフォルト設定では、フルスクリーンで画面を録画します。記録領域をカスタマイズするには、パソコン画面で境界線をドラッグして領域のサイズを調整し、真ん中にある赤い円をクリックしてドラッグして記録領域を変更できます。 Shift+Cmd+Fを押すと、全画面の録画に切り替えることができます。

画面範囲指定 

録画ツール画面で「録画範囲」の「スクリーン」で数値を入力することにより記録領域のサイズを変更することもできます。

 ウィンドウ録画

2.「オーディオ」設定

オーディオの録音は、録音しない、PC内の音声とマイクを同時に録音する、片方しか録音しないように、設定できます。デフォルト設定では、どちらも録音されますが、プルダウンから[キャプチャーしない]を選択すると録音されることはありません。

録音設定

3.カメラ設定

PC画面の録画だけでなく、Webカメラも同時にい録画できます。[カメラ]タブから以下の設定ができます。

  • 録画するカメラデバイス
  • 録画の解像度
  • 録画のフレームレート

カメラ設定

4.詳細設定

「詳細設定」タブでは、以下の項目を設定できます。

  • 「一般」タブから録画ファイルの保存先を変更
  • 「一般」タブから録画コントロールバーを非表示するように設定可能
  • 「エンコーダ」:品質を低から高まで選択可能

高度設定

Step3:画面録画を開始

各設定を完了した後、[キャプチャーを開始] ボタンをクリックして表示される録画ツールトップ画面で赤ボタンをクリックするか、キーボードのShift+Cmd+2を押して、記録を開始します。記録を停止する場合は、もう一度Shift+Cmd+2を押します。

 録画画面

赤いボタンをクリックするかShift+Cmd+2を押すと、画面録画開始まで3秒からカウントダウンします。

録画開始

録音を一時停止するには、録画ツール画面で中止ボタンをクリックするか、キーボードでOpt+Cmd+2を押します。もう一度Opt+Cmd+2を押すと、録音を再開できます。

録画ファイルは指定された場所に保存されると同時に、動画編集ツールにインポートされます。

Step4:録画ファイルをエクスポート

録画が終了した後、編集ツールが自動的に開かれ、録画ファイルも自動で編集ツールにインポートされます。

編集画面の左に「メディア」にある録画ファイルを右クリックして「クイックエクスポート」を選択すれば、録画ファイルがスピード早くエクスポートできます。

動画のクイックエクスポート

便利な録画機能:

録画ガイド

リアルタイム画面描画ツール

開いた録画ツールの下に「画面描画ツール」を有効に設定すれば、画面録画時にリアルタイムで線や矢印、円などを描画したり蛍光ペーンで書き込んだりすることができます。 

 画面描画ツール

 描画ツールが表示

マウススポットライト

録画時に、録画画面の上に表示されている描画ツールで「スポットライト」を選択して、マウスをハイライトにしたい箇所で移動して、

マウスの左クリック長押ししてスポットライトの操作を行い、重要なポイントを強調できます。

 スポットライト