Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面、Webカメラやマイク音声を簡単に録画できる。
  • 2. アバターを登場させて録画することも可能。
  • 3.豊富な動画編集ツールと10,000点以上のエフェクト素材を搭載してプロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:
最高の画面録画ソフト

【初心者向け】無料で使える音声編集ソフト6選

相葉
2024-05-10 10:34:44 • Filed to: 動画編集ソフト

音声編集とは、音声を削除したり、音量を調整したり、エフェクトを加えたりすることです。音声をしっかり編集していない動画は視聴者にとって聞き取りにくい動画になってしまい、印象を大きく損ねてしまうかもしれません。

音声編集を行うなら、専用の音声編集ソフトや動画編集ソフトが便利です。本記事では、初心者でも簡単に使える音声編集ソフトを厳選して紹介します。

【無料】簡単で使いやすい音声編集ソフト6選

音声編集を高いレベルで行うには、デジタル音声についての高度な知識が求められます。そのため、音声編集ソフトの中には専門用語が多く、機能やインターフェースがわかりにくいものも多いです。

初心者が使うのであれば、音声データの削除や結合、音量やスピードの調整、エフェクトなどよく使う機能が絞り込まれたものがよいでしょう。

以下、簡単で使いやすい、無料でも利用できる音声編集ソフトを6つ紹介します。

1位.Wondershare DemoCreator(Windows/Mac)

Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

Wondershare DemoCreatorは、画面録画や動画編集、タイマー予約などが可能な動画制作用のPC向けソフトウェアです。仮想カメラとして加工した画面をライブ配信やビデオ会議等のモニターで利用できるのも特徴です。多用途なソフトですが、音声編集機能も使いやすいため、音声編集の分野でも活躍してくれるでしょう。

Wondershare DemoCreatorには無料版と有料版があり、無料版でも多くの機能を体験できますが、出力できる動画の長さや機能に一部制限が生じます。有料版にすると制限が解除され、多くの素材も利用可能になります。機能に比して低価格なので、音声編集や動画制作の機会が多い人は有料版を利用するとよいでしょう。

音声編集機能としては、基本的な音声データのカットや結合、音量調整、速度調整を行えます。また、ノイズ削除機能で音声を聞き取りやすくしたり、ボイスチェンジャー機能を使うことで声質を変えたりすることも可能です。動画編集ソフトですが、音声データも多くのファイル形式をインポートでき、出力時もmp3形式で出力できるため専用の音声編集ソフトと遜色なく使えます。

2位.Sazanami(Windows)

Sazanami

Sazanamiは音声ファイルの編集に特化したフリーソフトです。軽量で多くの機能を利用できるため、純粋に音声データを編集したいという人にとって使い勝手のよいソフトです。Windows専用ソフトなので、Macでは使用できません。

音声編集では、基本的な音声編集機能を一通り備えているだけでなく、豊富なエフェクトを有するのが特徴です。フェードやリバーブ、IIRフィルター、ハイバスフィルターなどで音の雰囲気を自在に変えることができます。また、マイクの位置や角度を指定して残響をシミュレーションできる機能も非常に面白いです。

インターフェースがやや古く、パッと見て使い方がわかりにくい面はありますが、慣れてしまえば初心者でもすぐに扱えるようになるでしょう。

3位.Free Audio Editor (Windows)

Free Audio Editor

Free Audio Editorは、無料で利用できる音声編集ソフトです。音声の録音や再生、編集に対応しており、音声を扱う操作が一通り利用できます。Windows専用で、Macでは残念ながら利用できません。

無料のソフトですが、さまざまな形式の音声ファイルを扱うこともでき、高度な編集にも対応しているため初心者から上級者まで利用されています。基本的な編集に対応しているだけでなく、音声の波形をわかりやすく表示しエフェクトなどが入れやすくなっているのが長所です。一方で表記が英語であり、無料版ではエフェクトや機能の一部が制限されるのが欠点と言えるでしょう。

音声編集機能では、音声のカットや結合、コピー、ミュートやフェード、増幅や圧縮、エコー、リバーブなどのエフェクト、ノイズ除去などの機能を利用できます。

4位.Audacity(Windows/Mac/Linux)

Audacity

Audacityは音声編集ソフトの定番として長く活躍している無料ソフトです。音声の録音や編集に対応しており、マルチプラットフォームのソフトとして国内外で人気があります。誰にとってもわかりやすく、使いやすいソフトになっているため、初心者にもおすすめです。

Audacityは非常に軽量なソフトでWindows、Mac、LinuxとOSを問わず利用できます。読み込みや出力も速いため、編集作業を効率よく行えるでしょう。人によっては音質が気になる、インターフェースが古く使いにくい、と感じるようです。

Audacityの音楽編集機能は、マルチトラック編集、音声のカットや結合、速度調整、音量調整、フェードやリバーブなどのエフェクトなどです。上級者ならプラグインを追加することで、さらに高度な機能を利用できます。

5位.Vocal Shifter(Windows)

Vocal Shifter

Vocal Shifterはボーカルの音声編集に特化した音声編集ソフトで、「歌ってみた」動画などを始め、歌い手として活躍する人に人気があります。他の音声編集ソフトとは異なり、音の高さ(ピッチ)の調整ができるのが大きな特徴です。

Vocal ShifterはDAWソフトのようなクールなインターフェースで、マルチトラックの音声データの波形をすぐに把握できるようになっています。音の高さを調整したり、ビブラートを加えたり、各種のエフェクトを入れられるのがメリットです。どうしても専門用語が多くなるのが欠点ですが、用語の意味さえわかれば操作はすぐに慣れるでしょう。

音声編集機能は一般的な編集機能に加え、音の高さや声質の調整、各種エフェクトなどがあります。ピッチなどを直接編集できるのも特徴的な機能で、少し音を外してしまった部分の修正も可能です。1人で歌うだけでなく、ハモリを合わせるためにも利用できます。

一番おすすめの音声編集ソフトWondershare DemoCreatorの無料ダウンロードはこちらへ

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

6位.Adobe Audition CC (Windows/Mac)

Adobe Audition CC

Adobe Audition CCは音声編集、録音、ミキシングが可能なDAWソフトです。高度な音楽編集が可能でプロにも用いられていますが、初心者にも使いやすいことで人気があります。基本的にサブスクリプションの一部、または有料で利用するソフトですが、無料の体験版も提供されています。

Adobe Audition CCには、音声を録音、編集するための多くのツールがあり、さまざまな編集ができます。多くのファイル形式で入出力ができることもメリットです。一方で、機能がやや多すぎることや、無料体験版では日数などの制限があるのがデメリットです。

音楽編集機能は、基本的な編集機能に加え、ノイズ除去や、一部の音だけ音量調整ができる機能、リミックス機能など便利な機能が多く実装されています。エコーなどのエフェクトの追加や音の高さの調整も可能で、Adobeの動画編集ソフトなどと連携して音楽素材をすぐ作成できるのもポイントです。

関連人気記事:おすすめの無料動画編集ソフト10選!ランキング形式で紹介

関連人気記事:PCで無料で音楽をダウンロード・録音・保存する方法

パソコンで音声を簡単に編集する方法

パソコンでの音声編集はソフトによって操作方法がやや異なりますが、基本的な考え方は同じです。ここでは、例としてWondershare DemoCreatorを使い、音声編集の簡単な方法を解説します。

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

Step1: 音声ファイルや動画ファイルを編集ソフトにインポート

編集したい音声や動画などのメディアファイルを編集ソフトにインポートします。ソフトによって対応できるファイル形式が異なるため注意しましょう。

動画編集ソフトの場合、多くはファイルを読み込んだ後にタイムラインやストーリーボードに追加する手順が加わります。Wondershare DemoCreatorでは、ドラッグ&ドロップで音声ファイルをタイムラインに追加できます。

音声ファイルインポート

Step2:音声のトリミングをする

音声データに不要な部分があればカットします。

Wondershare DemoCreatorの場合、次の2つの方法でカットできます。

方法①トラックで音声データの端を前後にドラッグ&ドロップしてトリミン

タイムラインの音声データをクリックすると、端をドラッグできるようになります。この部分を動かすことで、不要部分をカットして再生時間を短くできます。

democreatorで音声トリミング

方法②:音声中間の一部をカットする:分割してカット

音声データをクリックし、タイムラインの黄色のカーソルを動かして分割のボタンをクリックするとクリップが2つに分割できます。

音声データ分割

データの分割後、「削除」または「リップル削除」を行うことで不要な部分を削除できます。削除の場合、タイムライン上の位置はそのままですが、「リップル削除」では他のデータが前に詰めるように移動します。

音声データ削除

Step3:音声にエフェクト(フェードイン/アウト)をかける

音声の長さが決定したら、聞きやすくなるようにエフェクトをかけてみましょう。ここでは、例として少しずつ音量が大きくなったり小さくなったりするフェードイン/アウトを試してみます。

Wondershare DemoCreatorでは、音声データのクリップを選択して、右クリック>「オーディオの編集」をクリックします。すると、トラックの音量が緑色の矩形で表示され、両端の円形のマークをドラッグして動かせるようになります。

図のように両端に坂ができるようにすると、出だしで音量が徐々に上がり、終わりで徐々に下がっていくフェードイン/アウトが適用できます。

音声ズームイン&ズームアウト

Step4:必要に応じてノイズ除去する

ノイズ除去機能がある編集ソフトなら、必要に応じてノイズ除去も行っておくとよいでしょう。話の中の呼吸音や小さな機械音などのノイズをなくして聞き取りやすくなります。

Wondershare DemoCreatorでは、オーディオ編集の詳細画面からチェックを入れるだけで簡単にノイズ除去を適用できます。ノイズ除去の強さが高低で選べますが、ノイズ除去を強くした場合は音声の一部も除去されることがありますので、必ず実際に聞いてみて問題がないか確認してください。

democreatorでのノイズ除去

Step5:音声ファイルを出力・保存

編集が終わったら、最後に音声ファイルを出力して保存します。ソフトによって、出力可能なファイル形式が異なったり、自動的に元ファイルに上書きされたりしますので仕様はよく確認しておきましょう。

音声編集ソフトDemoCreatorを無料ダウンロードしてみます

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

DemoCreatorを使って簡単に音声編集ができます

関連人気記事:録音した音声からノイズを除去できるソフトおすすめ5選

音声データ編集ソフトを選ぶポイント

音声データ編集には、様々なソフトウェアがあります。選ぶ際には、以下のようなポイントに注意して選びましょう。

①UI(ユーザーインタフェース)、使いやすさ

編集を行うのに、わかりやすいユーザーインタフェースがあると便利です。使いやすさは、感覚的な部分を含みますが、直感的に操作できるものや、用語がわかりやすい、クリック数が少なく済む、などの観点から考えるとよいでしょう。

②編集機能

編集を行うために必要な機能があるかどうかを確認します。例えば、切り取りや結合、音量調整、ノイズ除去などができると便利です。機能は多くなると使いにくくなりますので、使用時に目的としている機能があるかをチェックしましょう。

③フォーマットサポート

音声データのファイル形式への対応状況は確認しておきましょう。多くの場合、mp3などの一般的に利用されているファイル形式であれば問題ありませんが、機材や編集ソフトなどが独自のファイル形式を採用していることがあり入出力できない場合もあります。また、圧縮されたファイルは取り扱えない場合もありますので注意してください。

④価格

基本的に有料のソフトは無料に比べて性能がよく、サポートも充実しています。無料ソフトの場合は機能制限があり、結局課金が必要になることも多いため、事前に調べておきましょう。どちらが良いかは人によって異なるため、費用対効果が十分かどうか、使用頻度などから考えてみるとよいでしょう。

まとめ

音声編集ソフトは多くの種類があり、無料でも十分な機能を持つものもあります。音声編集は動画制作のためにも使われることが増えているため、音声編集のみのソフトよりも動画編集まで対応しているソフトが便利です。

Wondershare DemoCreatorは画面録画や動画編集、音声編集まで幅広く対応している便利ソフトです。初心者にも使いやすいと評判で、無料版でも多くの音声編集機能を利用できますので、ぜひお試しください。

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください