「パソコン&スマホ」で動画の音声を消す4つの方法|ガイド付き

相葉
相葉
2024-06-20 18:06:28 • カテゴリ: 動画編集方法

 動画の音声を消す

 SNSなどに動画をアップするために、スマホを使って屋外で撮影した動画を編集する機会が増えています。 屋外でスマホを使って動画を撮影した時、風の音やまわりの騒音、人の声などが入ってしまうことがあるのではないでしょうか。 そんなとき、動画の音声を削除して他のBGMに置き換えたり、別な音声を追加するというケースが多くなっています。

そこで、この記事では、パソコンやスマホで動画の音声を消す方法をご紹介します。動画の音を消す時の注意点についてもご紹介するので参考にしてみてください。

Part1.動画の音を消すメリット

 動画の音声を消すと以下のようなメリットがあります。

・違うBGMなどの音声に差し替えができる

動画編集して音声を消して、別のBGMなどに差し替えたい時に便利です。

著作権がある音楽や音声を削除できる

動画に予期しない雑音が入っていたり、自分の声や著作権がある音楽が入っていたりする時、撮影し直すのは面倒です。そんな時に、動画の音声を消すことで、撮影し直す手間が省けます。

・映像の内容を引き立てられる

音声を消すと、映像に注意が引かれて印象を高める効果も期待できます。

・聞き手の視聴環境に配慮できる

 通勤や通学などで動画を視聴する人は、無音で見ることがあります。そんな時に、もともと音声が消された動画であれば、聞き手にとっても便利でしょう。

Part2.パソコンで動画の音声を消す方法

方法1:動画編集ソフトを使い、動画の音声を消す

パソコンで動画の音声を削除するには、一番よく使われる方法としては、動画編集ソフトを使い音声を動画から分割して削除することです。それでは、使い手の良い動画編集ソフトを複数紹介するので、ご参考してください。

おすすめの動画音声消すソフト1.Wondershare DemoCreator

Wondershare DemoCreatorは、初心者にも直感的に使えるので、とても扱いやすい動画編集ソフトです。簡単な操作で動画から音声を削除することができます。

また、DemoCreatorには豊富な著作権フリーのサウンド素材もあります。すなわち、動画音声の置き換えも可能になりました。

動画音声を削除できるソフトDemoCreatorの無料ダウンロードはこちらへ

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

 ・操作性が良い

 Wondershare DemoCreatorは、とにかくユーザーが使用しやすいように作られているので、操作性が良いです。ユーザーの評価でも、操作性が良いということが、よく取り上げられています。 

・オールインワン 

画面録画して動画編集、さらに共有までオールインワンでできるのがWondershare DemoCreatorのメリットです。機能ごとにソフトを揃える必要がないので、コストをできるだけかけたくない人におすすめといえます。 

・無料で試せる 

本当に操作性がいいのか、どんな機能があるのかなど、わからずに悩んでいるという人に向けて、無料で試せるようになっています。とりあえず気軽に試してから、本当に使いやすいか判断しても良いでしょう。 

それでは、Wondershare DemoCreatorで動画の音声を消す操作手順についてご紹介していきます。

DemoCreatorを使い、動画の音声を消す手順

 STEP1. DemoCreatorを起動して音声を消したい動画を取り込む

 Wondershare DemoCreatorを起動して「動画編集」をクリックします。

 画面上部の「ライブラリー」の部分をダブルクリックして、音声を消したい動画ファイルをインポートして、下のタイムトラックにドラッグします。

音声を消したい動画のインポート

 STEP2.動画の音声データを消す

 動画クリップを右クリックして、「オーディオを分離」を選択します。

動画の音声を分離する

 分離された音声を右クリックして、「削除」を選択します。

 「オーディオをミュート」を選択すると、音声がミュートした状態になってデータを残しておくことができます。

動画の音声を消する

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

 STEP3.音声を消した動画を保存する

 「エクスポート」をクリックして、ファイルのフォーマットや解像度などを選択して、「エクスポート」をクリックすると保存できます。

音声を消した動画を保存する

動画の音声を消す方法|Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

関連人気記事: 無料で音声編集が簡単にできるフリーソフトおすすめ5選

関連人気記事:動画から音声だけを抽出してMP3ファイルに作成する方法

おすすめの動画音声を消す編集ソフト2.VideoProc Vlogger

 VideoProc Vloggerは、動画全体の音声を消すだけではなく、特定の部分だけ消すこともできます。

完全無料ですが、有料版並みの機能が搭載されているのがメリットです。 モバイル端末に対応していないので、外出先で編集したい場合でも、パソコンを準備する必要があるのがデメリットです。 

それでは、VideoProc Vloggerの動画の音声を消す操作手順についてご紹介していきます。 

STEP1.VideoProc Vloggerを起動して動画ファイルを取り込む 

VideoProc Vloggerを起動し、「新しいプロジェクト」で新規プロジェクトを作成します。

VideoProc Vloggerで動画の音声を消する

 音声を消したい動画ファイルを読み込んでから、「動画トラック」に取り込みます。

 STEP2.動画の音声を消す

 タイムラインで動画を選択してから右クリックします。

 「無音」を選択すると動画全体の音声が消えます。

VideoProc Vloggerで動画の音声を消する方法02

 STEP3.動画を出力する

 「書き出し」ボタンをクリックして、ファイル名や保存先、ファイル形式などを設定してから、「開始」ボタンをクリックすると、動画をパソコンに保存できます。

VideoProc Vloggerで音声を消した動画を保存する

 おすすめの動画音声を消すソフト3.PowerDirector

 直感的な操作方法で操作画面がわかりやすいのが特徴です。動画制作に必要な機能だけでなく、高度な編集ツールも搭載されている無料の動画編集ソフトです。シンプルで操作しやすいところがメリットです。書き出す形式に制限があるのがデメリットです。

 それでは、PowerDirectorの動画の音声を消す操作手順についてご紹介していきます。

 STEP1.PowerDirectorを起動して動画ファイルを取り込む

 フォルダマークをクリックして、メディアファイルの読み込みを選択します。 

ダイアログボックスが表示されるので、読み込みたいファイルを指定すると取り込めます。

音声を消したい動画をPowerDirectorにインポートする

 STEP2.動画の音声を消す

 読み込んだ動画を確認すると、音の波形を確認できます。音の波形部分にある横棒を1番下まで下げると音声が消えます。

PowerDirectorで動画の音声を消する

 STEP3.音声を消した動画を保存する

 「出力」をクリックして、「標準2D」を選択します。動画形式を選択して、プロファイル名や画質を選択します。保存先を選択して、開始ボタンをクリックするとファイルを保存できます。

方法2:【ダウンロード不要】オンラインツールを使い、動画の音声を消す

おすすめオンライン音声消しツールソフト.Audio Remover

 最大500MBまでの動画ファイルの音声を消すことができます。料金がかからずにオンラインで利用できるのがメリットです。500MBを超える動画ファイルに対応できないのがデメリットです。 

STEP1.Audio Removerに動画ファイルを取り込む

 Audio Remover内の「Browse」をクリックすると、ダイアログが開くので、音声を消したい動画ファイルを選択します。

 STEP2.動画の音を削除

 「Upload Video」をクリックすると、音声を消す編集に入って、「Upload Video」が「アップロードしています」の表示に変わります。

 STEP3.ファイルを出力する

 音声が削除されたら、「CompletedとDownload File」が表示されます。 

「Download File」をクリックすると、音声が消された動画がダウンロードされます。

関連人気記事: 動画と音声にフェードイン・フェードアウト効果をつける方法

簡単に動画から音声を消すソフト
DemoCreator
・ワンクリックで動画から音声を消す
・動画から音声を分離することも可能
・多数の形式で動画の再保存可能
article-product-download

 Part3.スマホで動画の音声を消す方法

 ①iPhoneで動画の音を消す方法

iPhoneの「写真」アプリの動画編集機能を使って、動画の音声を消すことができます。

 それでは、iPhoneで動画の音声を消す操作手順をステップバイステップで解説していきます。

 STEP1.「写真」アプリにある音声を消したいファイルを選択する

 iPhoneの「写真」アプリを起動して、音声を消したい動画を選択します。

 STEP2.動画編集モードにする

 音声を消したい動画を選択したら、画面右上にある「編集」をタップします。

Iphoneで動画の音声を消する方法

 STEP3.動画の音声をけす

 編集画面で「サウンド」アイコンをタップするとミュート(消音)できます。

 STEP4.ファイルを保存する

 ミュート(消音)がオンの状態でチェックマークをタップすると、音声が消された動画が保存されます。

Iphoneで音声を削除した動画を保存する

関連人気記事: 【厳選】iPhone・Androidで動画から音声を取り出せるアプリ6選

 ②Androidで動画の音を消す方法

 ActionDirectorアプリを使うと動画の音声を消すことができます。 それでは、Androidで動画の音声を消す操作手順をステップバイステップで解説していきます。

 STEP1.音声を消したいファイルを選択する

 ActionDirectorアプリを開いて、「編集」をクリックして、音声を消したい動画を選択します。

 右下に表示されているチェックマークをクリックすると選択完了です。

 STEP2.動画の音声を消す

 音量をクリックして、ミュートを選択すると音声が消えます。

 STEP3.ファイルを保存する

 音声を消した後、右上の出力をクリックすると保存できます。

Androidで動画の音声を消する方法

Part4.動画の音声を消す時の注意点

注意点1:音声を消す前にバックアップを取っておく

 音声を消したい動画のバックアップを取っておくことが注意点のひとつです。 すでに音声を消してしまった動画の音声を元に戻したいと思っても、元に戻せないかもしれないからです。 念のため音声を消したい動画のコピーを取っておくなどして、バックアップしておきましょう。

注意点2:どんなファイル形式で保存できるか確認する

 動画の音声を消す時の注意点は、音声を消した動画が所望するファイル形式で保存できるか確認することです。せっかく編集しても最終的に所望するファイル形式で保存できなければ編集する意味がありません。あらかじめ、所望するファイル形式で保存できるか確認しておきましょう。

まとめ:自分にあった方法で動画の音を消しましょう

 この記事では、パソコンやスマホで動画の音声を消す方法についてご紹介しました。

Wondershare DemoCreatorを使うと、パソコンで動画の音声を簡単に消すことができます。スマホでも音声を消す方法があります。

Wondershare DemoCreatorは、無料で利用できるので、少しでも気になったかたは、とりあえず試してみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
相葉

相葉

staff 編集長