Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

サウンドレコーダーの使い方及び録音できない場合の解決策

相葉
2021-09-08 15:43:00 • Filed to: 録画ソフトのレビュー
0

パソコンに接続したマイクなどの録音デバイスを使って外部音声を録音するだけでなく、パソコン内部の音を録音したいと思ったことはありませんか?
少しの設定をすると、Windows10 に標準搭載されている「ボイスレコーダー(サウンドレコーダー)」を使って内部の音声を録音することができます。
今回は、サウンド レコーダーを使ってパソコン内部の音声を録音する方法サウンド レコーダーで録音できないときの対策、専用の録画ソフトについて紹介します。

1、 サウンド レコーダーを使ってパソコン内部の音声を録音する方法

ボイスレコーダー

ボイスレコーダー(サウンドレコーダー)では通常マイクなどの外部機器の音声を録音する用途で使われます。
Windowsのサウンド設定を少ししてあげるとパソコンで流れている音声も録音できるようになるのでその設定方法を紹介します。

1. 左下の検索欄に「コントロールパネル」と入力し、コントロールパネルを開く
2. コントロールパネルの「ハードウェアとサウンド」→「サウンド」を開く
3. サウンドの「録音」タブで右クリックし、「無効なデバイスの表示」をクリックします。

ボイスレコーダー録音設定01


4. 出てきた「ステレオミキサー Realtek High Definition Audio」を有効にします。
5. 「ステレオミキサー」を既定のデバイスにします。

ボイスレコーダー録音設定02


6. 再生デバイスをUSB接続のヘッドホンやモニターなどに設定している人は「再生」タブから既定のデバイスを「スピーカー Realtek High Definition Audio」に設定します。

再生デバイスをスピーカー(Realtek)、録音デバイスをステレオミキサー(Realtek)にできれば設定は完了です。
あとはWindowsのボイスレコーダーを開き録音開始をすればパソコン内部の音声を録音できるはずです。

2、ボイスレコーダー(サウンドレコーダー)で録音できない場合の症状と解決策を紹介

ボイスレコーダー(サウンド レコーダー)でパソコン内部の音声を録音しようとしてもできてないことがあります。そんなときに考えられる解決策は下記あります。

・既定のデバイスが再生デバイスはスピーカー(Realtek)、録音デバイスはステレオミキサー(Realtek)になっているかの確認。
・デバイスがそれぞれボリュームが0になっていないかの確認、また最大レベルまで上げてみる。
・オーディオデバイスのドライバー ソフトウェアの更新を試してみる。
・スピーカーなどを一度パソコンから外してみて付け直す。

これらの対策で解決しないときは、録音ソフトなどを試してみましょう。

Wondershare社は、世界的に有名な動画編集ソフトFilmoraやPDF編集に関することなら何でもできるオールインワンソフトPDF Elementなど多くの革新的なソフトをリリースしています。Wondershare DemoCreatorはそんなWondershare社がリリースするパソコンの画面の録画、音声の録音ができるソフトとなっています。当然Webカメラからの映像やマイクからの音声も同時に録画・録音ができます。多彩な画面録画・音声録音機能だけでなく、動画編集ツールも備えているにもかかわらず操作は初心者の方でも簡単で分かりやすいものとなっています。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版


Democreatorでパソコン内部の音声を録音する方法は、下記の通りとても簡単です。ぜひお試しください。

ボイスレコーダー(サウンドレコーダー)で録音できない場合の対策

Step1. 録音設定

Democreatorを起動し、「キャプチャモード」を選択します。

PC録音ソフトおすすめ


「録画範囲」を「画面を録画しない」を選択します。
外部からの音声などを録音したくないときは、デバイスタブのマイクとWebカメラをオフにします。

PC録音設定をする

Step2. 録音を開始と終了

Democreatorの赤い丸ボタンをクリックするかF10を押せばと録音が始まります。
再度赤い丸ボタンをクリックするまたはF10を押せば録音が終了します。

録音開始

Step3. 音声を保存

録音が終了したら動画編集ツールに切り替わります。
編集の必要がなければ、編集ツール上のメニューから「エクスポート」をクリックします。
音声のみなのでファイル形式を「mp3」に設定し右下「エクスポート」をクリックします。

音声を保存

3、 まとめ

今回は、Windowsに標準搭載されているボイスレコーダー(サウンドレコーダー)と画面録画・録音ソフトWondershare Democreatorを使ってパソコン内部の音声を録音する方法について紹介しました。
今すぐお手軽に音声を録音したいならボイスレコーダーがおすすめです。
何度も音声を録音するなら、Democreatorがおすすめです。
録音をミスってしまったり、不必要な部分をカットするなどの編集ツールが付属しているため、何度も録音をし直す必要がなく、作業効率が向上します。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版