geforce experienceを使ったゲームの録画方法

相葉
相葉
2021-01-14 16:48:24 • カテゴリ: 【windows】画面録画ソフト
0

ゲームのプレイ動画を簡単に撮影したいのなら、geforce experienceを活用しましょう。こちらでは具体的な録画方法や生配信でプレイ動画を共有する方法を説明するので参考にしてください。また、geforce experienceが使えない方に向けて、代わりに利用できるおすすめの画面録画ソフトの紹介も行います。

Part1:geforce experienceでゲームを録画&共有する方法

①geforce experienceを起動しよう

現在、ゲームをするためにNVIDIAのビデオカードを使っている場合、geforce experienceで録画ができるかもしれません。すでにインストールされていれば、パソコンでgeforce experienceを検索して、表示されたソフトをクリックすれば起動できます。もしも、導入されていないときは、NVIDIAの公式ホームページを訪れてダウンロードしましょう。最近のゲームに対応したNVIDIAのビデオカード(GTX600番以降)を使っている場合は、ダウンロードしてインストールすればほぼ間違いなく利用ができます。

geforce experienceを起動

②ゲームを録画する方法

geforce experienceを起動させたら、録画するための機能であるShadowPlayを有効にしましょう。設定画面を見ればゲーム内オーバーレイが見つかるはずなので、そちらを有効にします。

geforce experience録画設定

次は録画をしたいゲームを起動します。ゲーム側で何かしらの設定が必要になるわけではないため、普通に起動をしてしまって大丈夫です。あとはゲーム画面で、

  • キーボードの『Altキー』と『 F9キー』を押しましょう。
  • それらのキーは録画機能のショートカットなので、押した瞬間にゲームの録画が始まります。
  • 録画を終えたいときは、もう一度同じショートカットキーを押せば終了します。
  • 最後に無事に録画できているか確かめてみましょう。

『Altキー』と『 Zキー』を押せば、メニュー画面が表示されて、そこにギャラリーへのリンクがあります。ギャラリーには先ほど録画した動画が載っているはずなので、クリックして再生をしてみましょう。

③生配信で共有する方法

geforceは録画するだけではなく、YouTubeやTwitchなどの動画共有(配信)サイトで、プレイ動画をそのまま配信してリアルタイムで生配信することもできます。

もしも、生配信でプレイ動画を共有したいときはまずはメニュー画面の歯車マークをクリックして設定画面を開きましょう。
そこにあるブロードキャストという項目で、生配信に関するさまざまなことを設定できます。正しく設定ができたなら、メニュー画面のブロードキャストから生配信が行えるようになります。
もちろん、各動画共有サイトに登録していなければ利用できないので気をつけましょう。動画共有サイトのほうでも設定が必要になる場合があるため、それぞれのところで利用ガイドやヘルプを読んでおくことをおすすめします。

geforce experienceから動画を配信

part2:おすすめの画面録画ソフトDemocreatorをご紹介

NVIDIAのビデオカードを持っていない場合は、geforce experienceを使うことはできません。公式ホームページからダウンロードはできるのですが、インストールは不可能になっています。 また、パソコンによっては、うまく動かなかったり動作に不満があったりするかもしれません。

それらの事情でgeforce experienceを利用できないときは、画面録画ソフトを使ってキャプチャすることを考えましょう。

ゲーム録画ソフトオススメ

#簡単に使える画面録画ソフト

もしも、高性能で使いやすい画面録画ソフトを探しているのなら、 「Wondershare DemoCreator」をおすすめします。キャプチャ機能があり、そこにゲーム用の設定も用意されているため、とても簡単に録画できるようになっています。FPSや画面のサイズの設定も行えるので、思った通りのプレイ動画を保存できるでしょう。

ゲーム録画おすすめソフト

#強力な動画編集機能がある

ゲームをプレイしていると、失敗したときやロード画面など無駄な時間が発生してしまうことがあります。自身が見るだけならば録画したものに無駄な時間が合ってもよいのですが、動画共有サイトにアップするときはカットしたほうが視聴者に喜ばれます。Wondershare Democreatorには動画編集機能もあるため、録画したプレイ動画にいらない部分があるときは即座にカットすることが可能です。しかも、簡易的なものではなく本格的な編集ができるので、カーソルハイライト、テロップなどのエフェクトを入れて、プレイ動画を視覚的に盛り上げたい方にもおすすめできます。

ゲーム動画の編集

#公式ホームページから簡単に手に入れられる

もしも、「Wondershare DemoCreator」が欲しくなったときは、公式ホームページを訪れてみましょう。店頭でパッケージを販売する形ではなく、ダウンロードで提供してくれているため、欲しくなったときはオンラインですぐに手に入れられるようになっています。公式ホームページには無料体験版が用意されているので、実際の機能を試してみてからお金を払うことも可能です。

Part3:自分に合った方法で録画しよう

geforce experienceと 「Wondershare DemoCreator」は、どちらとも便利にゲームを録画できるソフトです。どちらがよいのかは、自身の環境によって変わるので考えたうえで導入をしましょう。ただ、プレイ動画を編集したいと考えるのなら、録画機能だけではなく豊富な動画編集機能も充実しているWondershare Democreatorがおすすめです。

geforceで録画した動画を簡単に編集できるソフトお勧め

相葉

相葉

staff 編集長

0 コメント