Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面、Webカメラやマイク音声を簡単に録画できる。
  • 2. アバターを登場させて録画することも可能。
  • 3.豊富な動画編集ツールと10,000点以上のエフェクト素材を搭載してプロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:
最高の画面録画ソフト

おすすめのWindows10動画編集ソフト5選

相葉
2024-05-10 10:34:44 • Filed to: 動画編集ソフト

今や誰でも簡単に動画を撮影してYouTubeやTikTokなどに投稿できるようになりました。それでも、やはり編集した動画はクオリティも高く、反応も多い傾向にあります。手元にWindows10パソコンを持っている人なら、多くの動画編集ソフトが出ていますので、ぜひ活用して高品質な動画を作ってみましょう。

本記事では動画制作の初心者に向けて、Windows10で使えるおすすめの動画編集ソフトを紹介します。

Part1.(Windows10向け)初心者におすすめの使いやすい動画編集ソフト5選

Windows10は長年にわたって人気のOSとして利用されてきたため、多くの動画編集ソフトは対応しています。しかし、ソフトが多い分、本当に自分に合うソフトを選ぶのは簡単ではありません。

以下、使いやすさや機能などを総合的に考えて、初心者に特におすすめしたい動画編集ソフトを5つ紹介・解説します。

Wondershare DemoCreator

democreator

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

Wondershare DemoCreatorは画面録画や動画編集を1つのソフトでこなせる便利ソフトです。プレゼンテーションモードやゲーム録画モード、3Dキャラクターを使ったプレゼンや録画ができるバーチャルヒューマン録画など、目的に合わせた録画モードで高品質な動画を簡単に作成できます。

動画編集モードは単体でも利用できますし、録画後にシームレスに利用して編集に利用することもできます。需要が高い機能を厳選して実装しているため、作りたいと思った動画が簡単に作れる仕様になっているのも大きな特徴です。

UIのわかりやすさや使いやすさにも定評があるソフトです。無料の試用版が用意されているため、興味のある方はぜひ一度使ってみるとよいでしょう。

ソフト名

Wondershare DemoCreator

おすすめポイント

・PC画面録画や動画編集、動画配信にもソフト1本で対応

・人気の機能が絞り込まれた動画編集モード

・初心者にも使いやすく、わかりやすいUIや表現

・複数レイヤーで複雑な編集にも対応

・機能の割に価格が安い

・バーチャルヒューマン録画やバーチャル背景での撮影や録画もできる

・トランジションや字幕、ステッカー、エフェクト、効果音など数多くの無料素材が利用できる

デメリット

・無料版だと15分を超える動画はウォーターマークがつく

・デフォルト素材のセンスが独特

主要な動画編集機能

・タイムライン&複数レイヤーでの動画編集機能

・エフェクト、トランジション、注釈(字幕)、キャプション、ステッカー、効果音、フィルタなど

・音量、再生速度調整

・ノイズ抑制

・クロマキー

・顔認識

・美顔加工

・モザイク

・スナップショット取得

・多数の出力形式に対応

・その他

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

人気関連記事:Wondershare DemoCreatorとは?人気の画面録画ソフトの評判や特徴、使い方を解説

Movavi Video Editor

Movavi Video Editor

Movavi Video Editorは、Windows用の動画編集ソフトです。直感的な操作が可能なので、初心者でも何となく動かしているうちに動画を仕上げることができるでしょう。

複数の動画や写真の挿入が可能で、カット、回転、トリミング、色調整などの操作も自由に行えます。もちろん、ナレーション、BGM調整、字幕挿入も可能なので、動画制作に求められる機能の多くを有しているソフトです。

こちらも無料体験版がありますので、興味のある方は一度使ってみるとよいでしょう。

ソフト名

Movavi Video Editor

おすすめポイント

・直感的でわかりやすいインターフェース

・動画編集機能が一通りそろっていて、価格の割に優秀

・「簡単モード」は素材を選んで挿入するだけで自動的に編集してくれるため非常に便利

デメリット

・インターネット上に情報が少ない

・動画の読み込み時に、タイムラインに直接追加されるため作業順に気を遣う

・日本語に不自然なところがある

主要な動画編集機能

・タイムラインでの複数レイヤー編集

・エフェクト、トランジション、字幕、ステッカー、コールアウト、効果音、フィルタなど

・フル機能モードと簡単モード

・音量、再生速度調整

・クロマキー

・モザイク

・スナップショット取得

・多数の出力形式に対応

・その他

Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elementsは、動画編集ソフトの定番であるAdobe Premiere Proの初心者向け簡易バージョンです。動画制作を簡単に楽しめるように機能が絞り込まれており、作業中も多くのガイドでユーザーの動画編集を助けてくれます。

AIを使った機能がふんだんに盛り込まれており、色調の補正や顔認識などの自動サポートに優れています。素材をテンプレートに挿入するだけでセンスのよい動画が作れるのも便利です。

30日間の無料試用版がありますので、興味のある方は試してみて動画を作ってみるとよいでしょう。

ソフト名

Adobe Premiere Elements

おすすめポイント

・わかりやすいガイド機能

・豊富で高品質な動画編集サポート機能

・AIによる動画制作サポート機能が豊富

・初心者だけでなく上級者も満足するほど機能が豊富

デメリット

・PCに求められるスペックが少し高め

・他ソフトより価格が高め

・人によっては機能が多く使いにくく感じることも

主要な動画編集機能

・タイムラインでの複数レイヤー編集

・エフェクト、トランジション、字幕、ステッカー、コールアウト、効果音、フィルタなど

・テンプレート編集

・AIによる対象認識、画質改善、音質改善など

・音量、再生速度調整

・クロマキー

・モザイク

・スナップショット取得

・多数の出力形式に対応

・その他

Filme-ビデオエティター

Filme-ビデオエティター

Filme-ビデオエティターは、初心者に人気の高い動画編集ソフトです。わかりやすいインターフェースで、基本的な動画編集機能が揃っているため、慣れていない人でもイメージ通りの動画を作ることができます。

最大10個のトラックにトランジションやタイトル、オーディオ、エフェクトなどを詰め込めば、他にはないユニークな動画を作ることも難しくありません。音声から自動で文字起こしができる機能も便利です。

無料体験版が提供されているので、一度ダウンロードして使ってみるとよいでしょう。

ソフト名

Filme-ビデオエディター

おすすめポイント

・わかりやすいインターフェース

・基本的な機能を網羅していて、価格も安いので初心者におすすめ

・専門用語が少ない

・テンプレートを使った動画編集が可能

デメリット

・デフォルトの提供素材がやや少ない

・タイムラインで他素材とピッタリ合わないことが多く、操作性にやや難がある

主要な動画編集機能

・タイムラインでの複数レイヤー編集

・エフェクト、トランジション、字幕、効果音、フィルタなど

・テンプレート編集

・音量、再生速度調整

・クロマキー

・モザイク

・多数の出力形式に対応

・その他

Windowsフォト

Windowsフォト

WindowsフォトはWindows10に標準搭載されている無料ソフトです。その名前から写真を扱うソフトだと誤解されがちですが、実は簡単な動画編集機能を備えています。複数素材の結合やトリミング、描画ツールによる図形描画や字幕の挿入など、実は基本的な動画編集ならたいてい対応できます。

完全無料のソフトで、追加のインストールなども不要なのが最大の利点ですが、専用ソフトには使い勝手の面でどうしても劣ります。簡単に編集した動画が作れればいいという場合には機能も十分なので、試してみる価値はあるでしょう。

なお、Windowsやアプリの更新が滞っている場合、Windowsフォトアプリに動画編集機能がない場合があります。アップデートするか、Microsoft Storeから再度最新版をダウンロードして使用してください。

ソフト名

Windowsフォト

おすすめポイント

・完全無料で利用でき、ダウンロードなども不要

・最低限の動画編集機能が用意されている

・写真や素材の整理などが効率的に行える

・フィルタやモーションの素材は多く使いやすい

デメリット

・専用ソフトに比べて操作性の悪さや機能の少なさは否めない

・タイムラインでなくストーリーボード表示なので、全体の様子を把握しにくく、レイヤー数も少ない

・どうしてもスライドショーっぽい仕上がりになりやすい

主要な動画編集機能

・ストーリーボード編集

・エフェクト、モーション、フィルタ、字幕、3Dアニメーションなど

・テンプレート編集

・音量、速度調整

・その他

一番おすすめる動画編集・録画ソフトWondershare DemoCreatorを無料ダウンロード

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

人気関連記事:初心者におすすめのYouTube動画編集ソフト・アプリ5選

Part2.動画編集ソフトを選ぶ時の注意点

動画編集ソフトを選ぶときは、どのような点に注意して選ぶとよいのでしょうか。ポイントは次の4つです。

・動画編集の目的に合った機能があるソフトか

・パソコンのスペックに問題はないか

・動画編集ソフトが自分にとって使いやすいか

・無料で利用できる体験版が提供されているか

以下、それぞれのポイントについて解説します。

動画編集の目的に合った機能があるソフトか

動画編集を行いたい場合、その目的はさまざまです。BGMや字幕を挿入したいという場合もあれば、トランジションやアニメーションステッカーを使いたい場合、クロマキーを使った高度な映像を作りたい場合もあります。

高価な上級者向けの動画編集ソフトであれば、ほとんどの機能は網羅されている、またはプラグインの追加で大抵のことは実現できます。しかし、初心者向けのソフトは使いやすさの観点から機能が絞り込まれている場合が多く、目的とした機能がない場合もあるのでよく確認しましょう。

パソコンのスペックに問題はないか

動画編集ソフトではパソコンの推奨スペックが記載されていますが、ほとんどの場合、ソフトが正常に動作するための、理論上の最低限のスペックです。

実際には扱う映像や素材の種類や、入出力する動画の長さ、ファイルサイズなどの要因により、より高いスペックが必要になりますので注意してください。

動画編集ソフトが自分にとって使いやすいか

初心者であるほど、自分にとって使いやすい動画編集ソフトを使うことが大切です。初心者ユーザーの場合、専門用語や設定項目の多いソフトだったら使いにくく、動画編集作業が嫌になってしまうかもしれません。

自分の知識やスキルによって、自分に合う動画編集ソフトは違います。画像や音源などの素材は自分の好きなものを自由にインポートして使用できますが、動画編集ソフトの機能やメニューの配置、用語の難しさは自由に選べません。そのため、自分のレベルに合ったソフトをまず選んで使ってみて、慣れた頃により高度なソフトを利用するのがよいでしょう。

無料で利用できる体験版が提供されているか

上記のような問題を解決するためには、まず実際のWindows10環境で使ってみる必要があります。そのため、無料体験版が提供されているソフトを選ぶことがまずは最も大切です。

時間もかかるので面倒かもしれませんが、実際に使ってみることでスペックや機能、自分のスキルレベルに合った動画編集ソフトなのかを正確に見極めることができます。後悔のないソフト選びのためにも、ぜひ無料体験版で簡単な動画を作ってみましょう。

DemoCreatorの無料体験版をダウンロードして体験してみましょう

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

人気関連記事:DemoCreator(デモ クリエイター)の無料ダウンロード方法と有料版との違い

Part3.Windows10でクオリティの高い動画を編集・制作する方法

Windows10で動画編集ソフトを使い、クオリティの高い動画を作るにはどのようなポイントを意識するとよいでしょうか。クオリティの高い動画には共通点があるため、それを真似するところから始めてみましょう。動画がきっと見違えてきます。

以下、前述のDemoCreatorで、動画のクオリティを高める編集方法について解説します。

動画にオープニング映像やエンディング映像を入れる

テレビ番組などでは、毎回決まったオープニングやエンディングの映像がありますよね。人気の動画も、やはり力を入れて制作したオープニング映像(オープナー)やエンディング映像(クレジットエンディング)がある場合が多く見られます。

DemoCreatorでは、オープニングやエンディング映像をすぐに作れます。

Step1.動画編集画面でメニューから「キャプション」を選択

キャプションは用途に応じてカテゴライズされているので、目的にあったものを選びます。

Step2.使ってみたいキャプションを選択してタイムラインにドラッグ&ドロップ

ポップなものやスタイリッシュなものまで、さまざまなキャプションが用意されているので、使いたいものをタイムラインにドラッグ&ドロップで挿入します。

キャプション追加

テキストの内容などを適宜編集すれば完成です。動きもあって楽しいオープニングやエンディングの映像がDemoCreatorなら簡単に作れます。

テキストにアニメーションをつける

同じ映像でも、テキストに動きをつけることで強調した表現にできます。動きの少ない動画や、長時間の動画の場合は、こうした演出を加えることで視聴者が飽きるのを防ぐ効果が期待できるでしょう。

DemoCreatorでの、テキストアニメーションの手順を見てみましょう。

Step1.動画編集画面で「注釈」メニューからテキストを挿入

「注釈」メニューでは、さまざまなデザインのテキストを選べます。こちらもドラッグ&ドロップで挿入して編集するだけと簡単です。

テキスト追加

Step2.メニューの「エフェクト」>「テキストアニメーション」からアニメーションを選択してドラッグ&ドロップ

メニューからテキストアニメーションを探して、タイムライン上のアニメーションを適用するテキストにドラッグ&ドロップで適用します。DemoCreatorではプレビューを見ながら、テキストアニメーションの様子が確認できるので初心者も作業がしやすいです。

アニメーション追加

DemoCreatorをお持ちない方はこちらより無料ダウンロードできる

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

【美顔加工】機能で人物の顔をよりきれいに

人物が映るような動画では、美顔加工を施すことで人物をより魅力的にできます。カメラ写りがあまりよくない場合でも、自然に美しくできるので自信をもって動画撮影に臨めるでしょう。

高度な機能ですが、DemoCreatorでは他と同様にドラッグ&ドロップで利用できます。

Step1. 動画編集画面で「エフェクト」>「アドバンスド」>「美顔加工」を適用

タイムライン上の動画の上に、「美顔加工」エフェクトをドラッグ&ドロップで重ねることで適用できます。

美顔加工

Step2. 「エフェクト」タブでパラメータを調節

「美顔加工」エフェクトを適用したクリップをダブルクリックし、「エフェクト」タブを選択して各種パラメータを調節します。DemoCreatorでは簡単な操作で、肌の色や目の大きさ、鼻の高さなどを調整可能です。

パラメータ調整

エフェクト素材を活用

その他にもDemoCreatorには多くのエフェクト素材が用意されています。上手に活用して、動画をより見ごたえのあるものに作りこみましょう。

<エフェクト素材の例>

・トランジション:場面の切り替え時によく使われるアニメーションです

・フィルタ:セピアや白黒、昔の映画風など、映像に特殊な効果を追加します

・ステッカー:動きのあるフレーズやCGを追加し、動画を盛り上げます

・BGMや効果音:動画に音源を追加することで動画の雰囲気づくりを助けます

DemoCreatorには無料で使える著作権フリーの素材が多く用意されていますが、より多くの素材を利用したい人は有料のDemoCreator Effectsプランの利用を検討してみてください。DemoCreator Effects では、10000以上のエフェクト素材を自由に利用できます。

zoom設定画面

DemoCreatorの動画を簡単に編集する方法

まとめ:Windows10対応の動画編集ソフトはWondershare DemoCreatorがおすすめ!

Windows10対応の動画編集ソフトは数多くありますが、自分の動画制作の目的やPCのスペックなどを考慮して動画編集ソフトを選択する必要があります。人気のソフトや、インターネット上でよくレビューされているソフトが必ずしも自分に合ったソフトとは限りません。必ず無料体験版を使って、自分にとって使いやすいソフトか確認しましょう。

Wondershare DemoCreator画面録画や動画編集に対応した使いやすいソフトで、初心者の動画制作を幅広くサポートします。無料体験版もありますので、興味のある方はぜひ一度実際に使ってみてくださいね。

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください