Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

WAVファイルを無料でMP3に変換できる方法

相葉
2022-04-28 13:51:25 • Filed to: 動画編集方法

1.WAVをMP3に変換する必要性

音源ファイルには様々な種類がありますが、主要となるファイル形式に、WAVとMP3があります。WAVとはCDと同等の音質を持った非圧縮形式のファイルのことで、MP3とは人間に聞こえづらい音を排除した圧縮式のファイルのことを示します。

WAVは高音質ですが、その分、データ量が大きいのが難点です。音源編集をする際、データ量に悩む方も多いのではないでしょうか。一方MP3の場合、原音と比べデータサイズを約10分の1に抑えることができ、互換性も高くなります。そこで今回は、WAVファイルをMP3に変換できるフリーソフト・サイトとその方法をご紹介します。

2.無料でWAVファイルをMP3に変換できる方法3選

  • 【方法1】Wondershare DemoCreatorの無料版でWAVファイルをMP3に変換
  • 【方法2】Windows搭載のVLC media playerを使いWAVをMP3に変換
  • 【方法3】オンライン変換サイトを使いWAVファイルをMP3に変換

【方法1】Wondershare DemoCreatorの無料版でWAVファイルをMP3に変換

はじめにご紹介するのは、Wondershare DemoCreatorというソフトの無料版を使用した変換方法です。DemoCreatorは、総合編集ソフトになっているため、変換した音源をそのまま編集することもできます。また、DemoCreatorでは、Windows/Mac両方ともに対応可能です。編集環境に左右されることなく、使用できるのも魅力的ですよね。それでは、DemoCreatorでWAVファイルをMP3に変換する手順を詳しく見ていきましょう。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

画面録画ソフトWondershare DemoCreator

手順は、以下の2ステップになります。

1.WAVファイルをインポート

はじめに、DemoCreatorを起動し、「動画編集」を押します。

変換したいファイルを、画面左上のライブラリーへとインポートします。インポートが完了したら、画面下部のタイムラインにドラッグアンドドロップします。

WAVファイルをインポート

2.「エクスポート」から形式を選択し出力

画面右上の「エクスポート」ボタンをクリックします。設定画面が出てくるので、フォーマットから「MP3」を選び、「エクスポート」ボタンを押せば変換が完了となります。

WAVをMP3に変換

録画した動画を簡単に編集できるソフトWondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

【方法2】Windows搭載のVLC media playerを使いWAVをMP3に変換

次にご紹介するのは、VLC media playerを使った変換方法です。VLC media playerはWindowsの搭載機能のため、Windowsユーザー向けの変換方法になります。

1.動画をインポート

VLC media playerを開き、メニューからメディア>「変換・保存」を選択します。選択後、設定のポップアップが開きます。

2.出力形式の設定

設定のポップアップから、ファイルタブ>「追加」を押し、変換したいファイルを追加します。次に、「変換・保存」ボタンを押し、プロファイルのプルダウンからMP3を選択してください。最後に、出力先を選択し、ファイル名を入力した後、拡張子を「.mp3」と修正すれば操作は完了です。以上の設定に間違いがないか確認し、保存ボタンを押せば変換が開始されます。

【方法3】オンライン変換サイトを使いWAVファイルをMP3に変換

最後にご紹介するのは、オンライン変換サイトを用いた変換方法です。多くの変換サイトの中から、フリーソフトかつ高性能なサイトをご紹介します。

【ファイルフォーマットが豊富】Convertio

はじめにご紹介するのは、Convertioです。どのプラットフォームでも使用可能となっているのが特徴的です。また、Google Chromeであれば、拡張機能として使用することもできるため、作業の効率化をはかることもできます。

▼手順

1.メニュー>「変換」のプルダウンより「オーディオコンバータ」を選択します。

2.「ファイルを選ぶ」からローカルに保存している音声ファイル、もしくはDropbox、Google Driveからファイルを選択します。ファイルの読み込みが完了した後、変換する拡張子をプルダウンより選択します。

3.最後に変換ボタンを押し、変換後、ファイルをダウンロードすれば完了です。

【ファイル・URLの両方に対応】Aconvert

つぎにご紹介するのは、Aconvertというフリーサイトです。ファイルだけではなく、URLにも対応しているため、幅広い素材に使用することができます。

▼手順

1.「FILE」>「ファイルを選択」をクリックしてMP3に変換したい動画ファイルや音声ファイルを選択します。URLから変換したい場合は、「URL」>変換したい動画ファイル、音声ファイルのリンクをペーストします。

2.ターゲットフォーマット」>「MP3」を選択します。「オーディオビットレート」からMP3のビットレート(品質)を変更することも可能です。

3.「今すぐ変換」ボタンをクリックすると、動画/音声をMP3に変換します。変換したMP3ファイルをダウンロードして保存すれば完了です。

関連人気記事:無料でMP4をMP3に変換できるソフトおよびその使い方まとめ

関連人気記事:You Tubeにある音楽をMP3として保存する方法

3.無料でWAVファイルをMP3に変換できる方法まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでWAVからMP3への変換方法をお伝えしてきました。動画編集などで使用することも多いMP3。お気に入りの変換方法を見つけ、MP3を使用する際に役立ててみてくださいね。

画面録画が簡単にできるソフトおすすめ‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版