Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

動画に文字入れを簡単にできるおすすめの動画編集ソフト

相葉
2022-04-28 13:51:25 • Filed to: 動画編集ソフト

1、文字入れの重要性とは

最近ではスマホアプリでも簡単に文字入れができるなど、誰でも簡単に編集することができます。「動画の編集に興味がある!」「動画の編集ってどうやるの?」といった初心者の方は、まず動画の文字入れをするところから始めてみましょう。

バラエティー番組やYouTubeを見ていると、必ずと言ってもいいほどテロップがありますよね。文字のフォントやサイズ、位置によって、場面の状況や人の心情を表すことができるので、実は無意識のうちにテロップを読んでいるのです。つまり、文字入れは簡単な作業かと思いきや、非常に重要な作業のひとつでもあると言えます。そこで今回は、初心者向けの動画に文字を入れることができる動画編集ソフトを3つご紹介します。

2、パソコンで動画に文字入れできるおすすめのソフト

Top1:Wondershare DemoCreator

まず最初にご紹介するのは、Windows、Macどちらにも対応しているWondershare DemoCreatorです。「DemoCreator」の特徴は、画面録画と動画編集、どちらの機能も搭載されているソフトウェアだというところです。画面録画と動画編集が同時にできるので、さまざま場面で使うことができるでしょう。動画に文字入れする際も、文字フォントやアニメーションなどのエフェクトの種類が豊富にあるので、あなたがお好きな文字入れ方法を探してみてくださいね。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

ここでは、「DemoCreator」の文字入れ方法の手順を説明します。

STEP1.「動画編集」モードを選択

「DemoCreator」をインストールし、「動画編集」のアイコンをクリックすると動画編集画面になります。

動画に文字を入れる 動画編集

STEP2.動画のインポート

編集したい動画をインポートし、タイムラインにある動画ファイル上で文字入れをしたいシーンにカーソルを合わせます。

動画に文字を入れる インポート

STEP3.動画の文字入れ

画面左端に並ぶ「キャプション」のアイコンをクリックすると、メディアライブラリーにさまざまなエフェクトが並ぶので、その中から選びます。

動画に文字を入れる 文字を選択

動画に文字を入れることができるおすすめソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Top2:AviUtl

無料で使えることで人気の「AviUtl」は、Windows用に開発された動画編集ソフトウェアです。「AviUtl」の機能はシンプルな編集機能のみですが、拡張プラグインを導入したり、スクリプトコードを入力すれば編集機能をアップグレードできるので、拡張性の高さが魅力です。ここでは、「AviUtl」の文字入れ方法を説明します。

STEP1.拡張編集プラグインの導入

まずは下準備として、拡張編集プラグインを導入します。

STEP2.テキストオブジェクトの追加

インポートした動画の下の空欄で右クリックして「メディアオブジェクトの追加」を選び、「テキスト」をクリック。

STEP3.文字入れ

「テキストオブジェクト」をダブルクリックして「設定ダイアログ」を開きます。下方にある空欄の中に入れたい文字を入力してくださいね。

Top3:iMovie

専用のソフトウェアで手軽に編集できるのが「iMovie」です。iPhoneやiPadに入っている「iMovie」アプリを使って編集をし、Macで仕上げをするといったことも可能になります。iPhone、iPad、Macはアプリソフトウェア同士の親和性が高いため、それらの端末を愛用している方は「iMovie」の使い方を覚えておきたいですね。それでは、「iMovie」の文字入れ方法を説明しましょう。

STEP1.文字入れをしたい動画をインポート

「iMovie」を立ち上げて「メディアを読み込む」から動画をインポートします。

STEP2.動画の文字入れ

インポートした動画を下方のタイムラインにドラッグし、上にある「タイトル」をクリックしてフォントを選びます。そして、タイムラインにある動画の文字入れしたい場所にドラッグします。

3、動画に文字を入れる際のポイントを簡単に紹介

動画に文字入れする際に、文字の見やすさや読みやすさ、映像の邪魔にならないようにするなど、気をつけるポイントがいくつかあります。まず、日本語の場合、1秒間に4文字が目安だと言われています。映像を見ながら文字を読むため、大量の文字を読むことは不可能です。ですので、ストレスなく読めるように文章の量を調整しましょう。

そして、映像全体を見た時に文字のバランスや大きさ、色のバランスにもこだる必要があります。映像にテロップを入れた時に、背景の色と文字の色が同化して読みにくいということがないよう意識することが大切です。

このようにただ文字を入れたらいいというわけではないので、最初のうちは「長文にならないようにする」「文字のフォントや色にこだわる」ということに意識して文字入れをしてみてはいかがでしょうか?

関連人気記事:Youtube動画を編集・作成・投稿する方法

関連人気記事:パソコンで簡単にYoutube(ユーチューブ)を録画・保存できる方法・おすすめソフトを紹介

4、動画に文字を入れるソフトまとめ

動画にテロップが入ることで動画の内容がよりしっかりと伝わるため、動画の文字入れはできるようにしておきたいですよね。上記でご紹介したように動画編集初心者の方でも文字入れは簡単にできるので、まずはお好きな動画編集ソフトやアプリを使って動画に文字を入れてみましょう。

画面録画が簡単にできるソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版