Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面、Webカメラやマイク音声を簡単に録画できる。
  • 2. アバターを登場させて録画することも可能。
  • 3.豊富な動画編集ツールと10,000点以上のエフェクト素材を搭載してプロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:
最高の画面録画ソフト

(Windows/Mac/スマホ)動画から静止画を切り出して保存する方法まとめ

相葉
2024-05-10 10:34:44 • Filed to: 動画編集方法

好きな動画のワンシーンやメモしたいときなどは動画から静止画を切り出せると便利ですよね。

そんなときはスクリーンショット機能を使ってみましょう。
スクリーンショットはデフォルトの機能の他にDemoCreatorを使っても便利です。

この記事では動画から静止画をスクリーンショットする方法について解説していきます。

静止画切り出しソフト
DemoCreator!
・汎用性の高い.pngで静止画を保存できる
・対応可能な動画形式が多い
・豊富なエフェクト、ステッカ、フィルター素材により切り出し静止画を編集可能
article-product-download

Part1.【PC向け】動画から写真を切り出す方法3選!

PCで動画から静止画を切り出す方法は以下の3つがあります。

  • デフォルトのスクリーンショット機能を使う
  • DemoCreatorのショートカットを使う
  • DemoCreatorで動画編集画面から切り出す

方法1:デフォルトのスクリーンショット機能を使う

WindowsもmacOSもスクリーンショット機能が付いています。この機能を使えば動画から好きな場面を静止画で切り出すことが可能です。

Windowsの場合

Windowsは標準で備わっているSnipping Toolを利用してスクリーンショットを撮ります。

Windowsでスクリーンショットするには以下の手順で行います。

  • 動画を切り出したい場所で一時停止する
  • Windowsキー+Shiftキー+SまたはPrint Screenキーを押す
  • 動画の切り出したい範囲をマウスで指定または全画面
  • スクリーンショットが終わるとSnipping Toolが起動するので、保存、編集、コピーなどが行えます。

macOSの場合

macOSでスクリーンショットを撮るには以下の手順で行います。

  • 動画を好みの場所で一時停止する
  • 「shift」「command」「3」を同時押しする
  • 範囲を指定したい場合は「Command(⌘)」 + 「Shift」 + 「4」

スクリーンショットが成功すると画面右下にサムネイルが表示されます。その後編集したい場合はクリックして編集することもできます。

方法2:DemoCreator Sparkのショートカットキーで動画から写真を切り出す

DemoCreatorをインストールするとDemoCreator Sparkも同時に使えるようになります。DemoCreator Sparkは起動せずともショートカットですぐにスクリーンショットを撮ることが可能です。

DemoCreatorの無料ダウンロードはこちらへ

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

1.DemoCreator Sparkがインストールされていることを確認する

タスクバーの検索ボックスに「DemoCreator」と入力し、DemoCreator Sparkが表示されていることを確認します。

DemoCreator spark

2.Ctrl+F2キーでスクショ範囲を指定

Ctrl+F2キーを押すと下図のようにスクリーンショットの範囲を指定できるようになります。

DemoCreator sparkを通じてスクリーンショットを撮る

切り出したい場所を指定すれば任意のフォルダに保存されます。

3.画面全体を切り出したい場合はCtrl+Shift+D

画面全体をスクリーンショットしたい場合はCtrl+Shift+Dを同時押しします。

同時押しすると画面左下に操作メニューが現れるので、スクリーンショットをしたい場面でフロッピーマークをクリックしましょう。

OBSインストール

クリックしたらPCに保存するよう促されるので、保存したいフォルダを指定します。

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

ショートカットのコマンドは任意に変更可能

DemoCreator Sparkスクリーンショットのショートカットは自分の好みに変更することもできます。

変更するには以下の手順で行います。

  • DemoCreator Sparkのアイコンを右クリック
  • 設定→ショートカットをクリック
  • 変えたいショートカットを変更する

democreator sparkのショットカットキーを変更する

このときに他のショートカットと重複しないように注意しましょう。

方法3:DemoCreatorの編集機能で切り出す

PCにダウンロードしてある動画に限りますが、DemoCreatorの編集機能で静止画を切り出すことも可能です。

方法は以下の通りです。

1.DemoCreatorを起動し、動画編集をクリックする

democreatorの動画編集ボタンをクリックする

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

2.ファイルの「メディアファイルのインポート」から切り出したい動画をインポートする

動画をdemocreatorにインポートする

3.インポートされた動画を画面下部のメディアプールへドラッグ&ドロップする

動画をタイムラインにドラッグアンドドロップする

4.切り出したい場所で画面中央プレビュー画面のスクショボタンをクリック

動画をメディアプールに入れたら切り出したい場所まで黄色のスライダーで移動させます。移動させたらプレビュー画面の中央にあるスクショボタンをクリックし、静止画を保存します。

動画から静止画を撮る

保存するとアイコン上に保存されたフォルダが表示されるので、確認したい場合は「ローカルファイルを開く」をクリックしましょう。

動画から切り出した静止画を確認する

ヒント

DemoCreatorには豊富なエフェクト、ステッカ、エフェクト素材があり、素材を切り出したいシーンに追加することでシーンを編集してから切り出してみましょう

DemoCreatorの素材

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

タイムラインの活用法|Wondershare DemoCreator

関連人気記事:Windows 10でMP4動画をトリミング・カット編集する方法

関連人気記事:【Surface】スクリーンショットを撮る4つの方法を徹底解説!

関連人気記事:Wondershare DemoCreatorとは?人気の画面録画ソフトの評判や特徴、使い方を解説

Part2.スマホで動画から写真を切り出す方法

スマホでも動画の切り出しをすることが可能です。

iPhoneとAndroidで少し操作が異なるので、それぞれ説明していきます。

iPhoneの場合

iPhoneで動画を切り出すには以下の方法で行います。

  • 動画を切り出したいポイントで一時停止する
  • サイドボタンとボリュームアップボタンを同時押しする
  • スクリーンショットが写真アプリに保存される。

以上の手順で静止画を切り出すことが可能です。
ただしiPhoneのモデルによってはスクリーンショットのやり方が異なる場合があります。

ホームボタンがあるタイプのiPhoneは

  • ホームボタンと電源ボタンを同時押し
  • となります。

Androidの場合

Androidの場合は端末やバージョンによってスクリーンショットの方法が変わってきます。
ここでは代表的な3つの方法を解説します。

1.電源キーとボリュームダウンボタンを同時押しする

電源キーとボリュームダウンボタンの組み合わせは多くのAndroid端末で採用されている方式です。

2.電源ボタンの長押しでスクリーンショットアイコンを使う

一部の機種は電源ボタンを長押しするとスクリーンショットのアイコンが表示されます。
動画の切り出したいシーンで一時停止したら電源ボタンを長押ししてみましょう。

3. ジェスチャーナビゲーションを利用する

Android 12以降の端末で利用できるジェスチャーナビゲーションでは、画面の端から端までスワイプすることでスクリーンショットを撮ることができます。

画面の下から上にスワイプして、通知バーを表示します。通知バーの右上にある「スクリーンショット」をタップすると、スクリーンショットが撮れます。

スクリーンショットが成功するとスマートフォン本体の内部ストレージ内に「Screenshots」というフォルダが自動生成され、保存されます。

機種によっては、これらの方法が使えない場合もあります。その場合は、端末のメーカーやキャリアの公式サイトなどで、スクリーンショットの撮り方をご確認ください。

Part3.動画から静止画を切り出す際の注意点

動画から静止画を切り出すときに注意すべき点について解説していきます。注意点は以下の通りです。

  • 画質は元の動画に依存する
  • 動きの速いシーンはブレることがある
  • 著作権問題

注意点1:画質は元の動画に依存する

切り出した動画の画質はものと動画の画質に依存します。

元の動画の解像度が高ければ静止画の画質も向上しますが、荒い動画から切り出した場合は静止画も荒くなります。

高画質で静止画を切り出したい場合は画質の高い動画から選ぶようにしましょう。

注意点2:動きの速いシーンはブレることがある

動きの速いシーンでは一時停止したとしてもブレてしまうことがあります。

その場合はコマ送りなどでもっともクリアに映っている場面をスクリーンショットするようにしましょう。

注意点3:著作権問題

動画の著作権が他人にある場合は切り出して利用することは著作権法違反になります。

自分で撮った動画であれば問題にはなりませんが、ダウンロードした動画やYouTubeなどにアップされている動画を切り出す際には著作権に注意しましょう。

まとめ:自分に合った方法で動画から静止画を切り出しましょう!

以上、PCとスマートフォンで動画から静止画を切り出す方法を解説してきました。

基本的には動画の切り出したいシーンで一時停止し、スクリーンショットを撮るのが最も簡単です。

スクリーンショットはDemoCreator SparkやDemoCreatorの編集機能でも可能です。

自分のやりやすい方法で好みのシーンを切り出して楽しんでくださいね。

無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護
無料ダウンロード
安全ダウンロードマルウェアなし|プライバシー保護

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください