Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

WMV動画をMP4に変換する3つの方法

相葉
2022-04-28 13:51:25 • Filed to: 動画編集方法

1、複数ある動画の圧縮形式

動画には圧縮時の形式が複数あって見聞きした覚えがあれば、反対にそうでないものもあるでしょう。今回、注目したいのはWMVというもので次のように、段階的に解釈していくと理解が深まり身近に感じられます。

1.WMVってそもそも何ですか?

開発をMicrosoftが担い、正式な名称のWindows Media Videoから親しみを込めて、WMVと呼ばれる圧縮形式です。

2.MP4とはどう違いますか?

WMVの特徴をデータサイズが軽く転送しやすいとするなら、MP4の特徴はデータの品質を維持しやすいところにあります。

3.どんな時に形式の変換が必要になりますか?

可能性としてWMVが対応の範囲外ということもあるため、そういった場合の対処法ではMP4が安心できる変換先になります。

2、パソコンでWMV動画をMP4に変換する3つの方法

方法1.WMVからMP4への動画変換 パソコンソフト利用

もし、動画の再生がWMVで上手くいかなければ、MP4へと形式を変換するのが吉です。パソコンにはまず、Wondershare DemoCreatorを導入してみましょう。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

編集面の特徴

Wondershare DemoCreatorで読み込んだ動画へステッカーを貼ったり、元々は無かったタイトルを追加・装飾したりできます。従って素の状態では素朴だった動画も、「いやいや、そんなまさか」と別物に認識する完成度まで引き上げられます。

操作手順

パソコンに保存してある動画を読み込むには、Wondershare DemoCreatorのライブラリーとして表示される、画面の十字マークを選択します。

MP4に変換したいWMV動画を読み込む

読み込み完了後は動画を選択の上、プレビューでの再生を是非してみてください。というのもプレビュー再生により、完成度を上げられるポイントが何か見つかったら、タイムラインへの配置も視野に入るからです。動画に対してマウスの右操作からタイムライン追加を選択すれば、再生における速度の加速/減速やクロップ、回転やトリミングなどなどができます。

MP4に変換したいWMV動画をタイムラインに追加

そうして色々な編集後は書き出しとしてエクスポートを選択すると、新しい保存先やプロジェクト名と共にMP4のフォーマットが指定できるという訳です。ちなみに通常の書き出しだけでなく、動画共有のプラットフォームで知られる、YouTubeへのアップロードもOKなのは嬉しい特徴でしょう。

WMV動画をMP4に変換する

WMV動画をMP4に変換するおすすめソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

以上がWondershare DemoCreatorによる、WMVからMP4への動画変換の手順などになります。

方法2.動画の形式変換 別ソフトの場合

先ほどのPartとは別なものをパソコンに導入して、問題の対処にあたられるならVLCメディアプレーヤーも十分に利用候補です。

操作手順

動画をパソコンからソフトへと読み込むにはVLCメディアプレーヤーの画面にて、表示されるメディアという項目の変換または保存を選択します。そうすれば画面が切り替わるので動画の追加を行いますが、すぐに閉じてしまう必要はありません。

続けて下部に表示されるプルダウンリストから変換を選択して、プロファイルにMP4を指定しましょう。この時に出力ファイルという項目にも、同じように対応するのがちょっとしたコツで、大丈夫なら開始を許可してください。

+α

解像度やビットレートといった変更が必要なら、プロファイルの指定時に工具マークからを確認しましょう。ビデオコーデックタブに解像度の項目があるので、そこからフレームレートやビットレートが変更できます。ちなみに動画における再生処理をヌルヌルかカクカクにするのがフレームレート値で、描写を鮮明か粗くするのがビットレート値です。

以上がVLCメディアプレーヤーによってWMV動画をMP4に変換する手順になります。

方法3.動画形式の変換 オンラインサイトの場合

Wondershare DemoCreatorやVLCメディアプレーヤーといったソフトではなく、オンラインのサイトで問題に対処するならMp4Compressが良いでしょう。

操作手順

保存中の場所からWMVファイルを選択後、動画でのアップロードを行えばMP4へ変換されるため、その間は少しだけお待ちください。操作の手順がここまでシンプルだと、皆さんが利用されているブラウザでお気に入り登録したり、本サイトのURLを友人知人と共有したりするのも時間的に余裕です。

+α

ただ、これでは物足りなさなどもあるかと思いますので、満足感に繋がるような判断材料を挙げておきます。事前・事後のどちらでも支払いが発生せず、無料という方針が掲げられています。そうなると気になるのは安全面ですが、動画は通信の際にもれなく暗号化され、さらに一定の間隔でサーバーの記録は消去の流れになっています。Mp4CompressによりWMVからMP4へ、動画を変換する手順は以上になります。

関連人気記事:無料でMP4をMP3に変換できるソフトおよびその使い方まとめ

関連人気記事:AnyMP4 スクリーンレコーダーの代わりになるソフトを紹介

3、WMV動画をMP4に変換する方法まとめ

MP4に変換できれば元がWMVの動画だったとしても安心なため、Wondershare DemoCreatorから優先的に導入を進めていきましょう。

使いやすいおすすめの画面録画ソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版