Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

PCで簡単に動画に文字を入れる方法

相葉
2022-04-28 13:51:25 • Filed to: 動画編集方法

1、動画に文字を入れる必要性

基本的な動画編集であり、伝わりやすい動画を作るには必須の文字入れ。ミュートでも内容が十分に伝わり、英語テロップであれば海外の人でも理解できる動画が完成します。しかし動画編集が初めての場合、簡単に文字入れできるソフトはどれなのか悩む人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、パソコンで簡単に動画に文字入れする方法を解説します。無料ソフトなので気軽に試してみてください。

2、Windows/Macで簡単に動画へ文字入れする方法

WindowsとMacで簡単に文字入れする方法は二通りあります。

  • 1.Wondershare DemoCreatorを使用
  • 2.内蔵アプリ(フォト・iMovie)を使用

それぞれのソフト・アプリを使用して文字入れする具体的な手順を紹介します。

1.Wondershare DemoCreatorで動画に文字を簡単に入れる方法(Windows/Mac両方対応)

Wondershare DemoCreatorは初心者でも直感的に使えるインターフェイスで、簡単に操作できる動画編集ソフトです。基本的な機能はもちろんのこと、文字入れもとても簡単。テンプレートを使ってオープニングやエンディングもすぐに作れます。それではDemoCreatorの「注釈」タブ・「タイトル」タブを使用して動画に文字入れする方法を解説します。

STEP1.Wondershare DemoCreatorを起動、動画を取り込む

1.Wondershare DemoCreatorを起動して「動画編集」モードを選択します

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

動画に文字を入れることができるソフトWondershare DemoCreator

2.ライブラリーの「+」から動画を指定して、文字入れしたい動画を取り込みタイムラインに追加します。

文字入れしたい動画を取り込む

STEP2.テキスト素材を選んで編集する

【注釈の場合】「注釈」→テキスト・ダイアログボックス・ライン&アロー・シェイプの中から使いたい素材を選んでタイムラインに追加します。

動画に注釈を入れる

【キャプションの場合】「キャプション」→オープニング・エンディング・字幕・ローワーサードから使いたい素材を選んでタイムラインに追加します。

動画にキャプションを入れる

1.プレビュー画面で変更したい素材をダブルクリックして文字入れ、または画面右の編集画面で文字入れとサイズや間隔、フォントなど細かい設定を行います。

動画に入れる文字を設定

2.文字の配置はプレビュー画面の素材をドラッグするか、画面右の編集画面の「トランスフォーム」から変更します。回転させることもできます。

動画に入れる文字の位置を調整

STEP3.文字表示時間とテキストアニメーションを追加する

1.タイムラインにある素材クリップの左端・右端をドラッグして文字の表示時間を調整します。

動画に入れる文字の表示時間を調整

2.「エフェクト」→「アニメーションテキスト」から好みのアニメーションを選び、タイムラインのテキスト素材クリップにドラッグします。

動画に入れる文字の表示時間を調整

3.プレビュー画面で文字の表示タイミングや時間、全体感を確認します。

STEP4.動画を保存する

「エクスポート」から編集した動画を保存して完了です。

動画に入れる文字にアニメーションを追加

動画に文字を入れることができるソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

2.PC内蔵のアプリで動画に文字を入れる方法

パソコン内蔵アプリでも動画に文字入れができます。Windowsの場合は「フォト」、Macの場合は「iMovie」を使用します。

・Windows「フォト」の文字入れ方法

STEP1.フォトを立ち上げる

動画を右クリック→「プログラムから開く」→「フォト」→「編集と作成」→「テキスト入りのビデオ作成」→名前を指定してプロジェクトを立ち上げます。

STEP2.動画を分割して文字入れをする

1.ストーリーボードの「分割」→下部のピンを動かしてテキストを入れたいシーンごとに分割します。(フォトは1つの動画に1つのテキストしか入力できない仕様)

2.文字を入れたい動画を選び「テキスト」→テキストの入力・アニメーション・レイアウト・表示時間の設定をして「完了」をクリックします。

3.1.2を繰り返して必要なシーンに文字入れをします。

STEP3.動画を保存する

「ビデオの完了」→画質を選んで「エクスポート」→保存場所を指定して完成です。

Windows内蔵の「フォト」はさまざまな機能が使える優秀アプリですが、文字入れに関しては1つの動画に1つしか文字入れができないという欠点も。動画を何度も分割して文字入れをするのは、数が増えるほど大変になります。

文字入れするシーンが少ない場合はインストールの必要がない「フォト」、多くのシーンを文字入れするならば「Wondershare DemoCreator」がおすすめです。

・Mac「iMovie」の文字入れ方法

STEP1.iMovieに動画をアップロードする

右クリックして「新規イベント」→「メディアを読み込む」→動画を選んでアップロード、下部のタイムラインにドラッグ&ドロップします。

STEP2.テンプレートを選んで文字入れをする

1.「タイトル」をクリックして使用したいテンプレートを選び、文字入れしたい動画の上にドラッグ&ドロップで挿入します。

(タイムラインの「設定」から「テーマなし」をクリックすると表示されるテンプレートが増えます)

2.プレビュー画面でテキストを入力、文字の表示時間・フォントサイズ・色などを設定します。

STEP3.動画を保存する

右上部のアイコンから「ファイルを書き出す」をクリック、画質を選んで書き出したら完了です。

Mac内蔵の「iMovie」は複数の文字入れもできて便利ですが、文字配置を自由に変更できない点が不便です。決まったテンプレートの中で操作するのなら「iMovie」、自由度の高い編集をしたい場合は「Wondershare DemoCreator」がおすすめです。

関連人気記事:GYAO!動画をダウンロード・録画して保存する方法(スマホ&パソコン)

関連人気記事:【超簡単!2021年最新】AbemaTV お気に入り動画を録画と保存する方法おまとめ(スマホ・PC)

3、動画に文字を入れる方法まとめ

WindowsやMacの内蔵アプリならインストールの必要がなく文字入れができて便利。しかしアプリの仕様上、自由度が制限されてしまうこともあります。Wondershare DemoCreatorは、動画編集初心者でも簡単に文字入れや文字配置の変更が可能です。無料版でも十分に使える機能が備わっています。一度試してみてはいかがでしょうか。

Windows・Macに最適な画面録画ソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版