Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

HDMIから入力した画面を簡単に録画する方法

相葉
2022-04-28 13:51:25 • Filed to: 録画ソフトのレビュー

1、HDMIとは何なのか?

HDMIとは高精細度マルチメディアインターフェースの略称で、デジタル家電やAV機器間で映像・音声・制御信号をまとめて伝送できる通信規格です。以前は信号ごとに色分けされ束になったケーブルでのやり取りでしたが、現在では1本のHDMIケーブルだけで行えるようになりました。そんな特徴のあるHDMIですが、HDMIからの映像をPCに映して録画したいという場面があるはずです。

そこで今回は、HDMIからの映像をPCで録画する方法を紹介します。

2、HDMIからの映像をPC画面に映す方法

では早速、HDMIからの映像をPC画面に入力する方法を紹介します。

①HDMIの接続だけでは映らない

デジタルデバイスとPCをHDMIケーブルで接続するだけで、映像を写せると思っている方は意外と多いはずです。結論から言いますと、HDMIケーブルをパソコンに接続するだけでは写すことができません。基本的にパソコンのHDMI端子は出力用となっている為、「出力→出力」となってしまう場合には映像を入力することができないのです。また、DVDプレーヤーや家庭用ゲーム機などの端子も出力用なので同様に映りません。映像をパソコン画面に映すためには「キャプチャーボード」が必要になります。このキャプチャーボードを利用することで、初めてHDMIからの映像をパソコンに映せるようになります。

②キャプチャーボードの選び方

あまり意識しなくても問題ないですが、ゲーム用途の場合にはしっかりと選ぶ必要があります。外付けでHDMI端子があり、ゲーム用途に限り「パルスルー出力」のあるキャプチャーボードがおすすめです。

③PC画面に映す方法

デジタルデバイスとキャプチャーボードをHDMIケーブルで接続し、次にキャプキャーボードとパソコンをUSBケーブルで接続します。分かりやすく説明すると、デバイス→HDMI→キャプチャーボード→USB→パソコンといったように接続します。また、古いPCを映す際にHDMI端子がない場合は「HDMI変換ケーブル」が必要となります。

3、HDMIから出力した映像をPCで高画質に録画する方法

HDMIから出力した映像をPCに映す方法を理解して頂けたところで、その映像を高画質で録画する方法を紹介します。出力した映像を録画する場合にはWondershare社のWondershare DemoCreatorをおすすめします。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

HDMIから入力した画面を簡単に録画できるソフト‐Wondershare DemoCreator

①Wondershare DemoCreatorの特徴

誰でも簡単に画面録画できるソフトで、デモやチュートリアル、プレゼン、ゲームプレイなどといったPC画面上のあらゆる操作を記録することできます。画面、内部音声、マイクを同時に記録でき、動画と音声を別々に編集可能です。

さらに動画編集機能も搭載されており、録画した後にすぐさま編集作業に取り掛かれます。トランジションや注釈、キャプション、フィルターなどのエフェクトで魅力的な動画に仕上げられます。グリーンスクリーンや顔認識、マスク、ズーム&パン、カーソルエフェクトといった編集機能で、画面録画ソフトらしい編集を適用できます。また、収録されているエフェクト以外にも、エフェクトストアからロイヤリティフリーの素材をダウンロードすることができます。これ1つで録画から編集まで行えるので、まさに一石二鳥のソフトです。

②Wondershare DemoCreatorで録画する手順

ステップ1.セッティング

ソフトを起動し、録画から「PC画面とWebカメラ」をクリックします。操作パネルが表示されるので、録画範囲を指定し、必要に応じてシステムオーディオ、マイクロフォン、Webカメラのオンオフを設定します。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

PC画面とWebカメラ

ステップ2.録画の開始・終了

操作パネルの「REC」をクリックするか、F10キーを押すことで3秒のカウント後に録画が開始します。記録を途中で止めたい場合は、画面右上の操作バーから「一時停止」アイコンをクリックするか、F9キーを押すことで一時停止します。右上の操作バーから「停止」アイコンをクリックするか、F10キーを押すと録画が終了します。

HDMIから入力した画面の録画開始

ステップ3.編集

録画を停止すると編集画面に切り替わり、クリップが自動的にタイムラインに追加されます。必要に応じてエフェクト、トランジション、注釈、キャプション、フィルタタブから編集を適用して下さい。任意でプレビュー画面の右側にある「プロパティパネル」から変形、合成、再生速度、オーディオ調整、カーソル効果を調整できます。

HDMIから入力した画面を録画して編集する

ステップ4.エクスポート

編集の完了後「エクスポート」をクリックし、フォーマットから任意のものを選択します。プロジェクト名に名前を入力して、「参照」から保存場所を指定します。必要に応じて「設定」から解像度やフレームレート、ビットレートなどを変更します。 特に問題がなければ最後に「エクスポート」をクリックします。

HDMIから入力した画面を録画・編集してエクスポート

関連人気記事:「バンダイチャンネル」の動画をパソコンで簡単に録画する方法

関連人気記事:「2021年最新」おすすめのストリーミング録画ソフト5厳選(有料・無料)

4、画面録画ならWondershare DemoCreator

HDMIから出力した映像をPCで録画する方法を紹介しましたが、いかがでしょうか。パソコンにHDMIケーブルを接続するだけでは映像を映せないので、キャプチャーボードが必要になります。キャプチャーボードがあればPCに映像を出力できるので参考にして下さい。そして映した映像を録画するならWondershare DemoCreatorがおすすめです。簡単にHDMIから出力した映像を録画できるので、今回紹介した手順を参考に録画してみて下さい。さらに無料試用版が用意されている為、納得してから購入して頂けるソフトとなっています。

画面録画・動画編集ソフトWondershare DemoCreatorで動画を編集する方法

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版