Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

動画を簡単にスロー再生・早送りする方法

相葉
2021-07-23 16:25:37 • Filed to: ビデオ編集
0

Part1.再生速度の調整

画面録画で作成された動画の再生速度は一定であり、面白味はありません。そういった際には、注目して欲しい場面をスローにしたり、重要ではない場面を早送りしたりすることでメリハリのある動画に仕上げられます。そんな再生速度の編集ですが、どのように行えば良いのか分からない方もいらっしゃると思います。

そこで今回はWondershare DemoCreator動画をスロー再生・早送りにする方法を紹介します。

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

動画のスロー再生・早送りが簡単にできるソフト

Part2.動画をスロー再生・早送りにする方法

動画をスローにするまたは早送りするには、一番おすすめするのは、Wondershare DemoCreatorです。

Wondershare DemoCreatorは誰でも簡単に画面録画・動画編集できるソフトで、デモ、チュートリアル、プレゼン、ゲームといった録画に適しています。画面のみならずWebカメラ、マイク、内部音声を同時に記録可能です。

それだけでなく本製品には動画編集機能も同時に豊富に搭載されており、カット、分割、音量調整、動画再生スピード調整、モザイク、クロップなどを行えます。他にもキャプション、トランジション、テンプレートなどで魅力的な動画に仕上げられます。それでは、ここでは、Wondershare DemoCreatorで動画の再生スピードを下記に変更する方法を詳しく紹介します。

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

手順1.スロー再生・早送りする動画をインポート

まずはWondershare DemoCreatorを起動して「動画編集」をクリックします。

動画再生スピードの編集ツールを起動

メディアライブラリ(プレビュー画面の左側)から「メディア」タブを選択し、「インポート」ボタンをクリックします。

動画のインポート

任意の動画を選んだら「開く」をクリックし、インポートされた動画をタイムラインにドラッグ&ドロップします。

※DemoCreatorで録画後に編集する場合は、録画を停止すると自動で編集画面へ移動するため、上記の操作は不要です。

タイムラインへの挿入

手順2.動画のスロー再生・早送りに編集する

タイムライン内のクリップを選択し、プロパティ画面(プレビュー画面右側)から「トランスフォーム(カメラアイコン)」タブを押します。ビデオの再生速度は、スピードの項目にあるコントローラーを動かして調整します。

通常スピードの1.00となっているので、1.00以下にするとスローになり、1.00以上にすると早送りになっていきます。また、プリセットから再生速度の倍速を変更することも可能です。変更できましたら、真ん中のプレビューウィンドウで効果をプレビューすることができます。

動画のスロー再生・早送り

手順3.動画をエクスポート

編集が完了しましたら、画面右上の「エクスポート」をクリックします。

スロー再生・早送り動画を保存

フォーマットから任意のファイル形式を選択します。MP4、WMV、AVI、MOVから選択できます。プロジェクト名に任意の名前を入力します。保存先から「ファイルアイコン」を選択し、任意の保存先を指定して「フォルダーの選択」をクリックします。

特に問題なければ最後に「エクスポート」をクリックします。

動画のエクスポート設定

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

動画をスロー再生・早送りにする方法

>>>>>関連人気記事>>>>>

Wondershare DemoCreatorで字幕やテロップ入り動画を作成(Windows/Mac)

(Windows & Mac)動画クロップ編集で強調アップ画面作成

Part3.Wondershare DemoCreatorのその他魅力のある編集機能

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

動画をスロー再生・早送りする手順を紹介しましたが、それ以外にも便利な編集機能が数多く搭載されています。

映像関係ではクロップ、回転、ズーム、分割、ピクチャーインピクチャー(PIP)、スナップショット、フリーズフレームなどがあります。

映像関係の編集機能

オーディオ関係は音量調整、オーディオ分離、フェードイン&アウト、ノイズ除去、再生速度の調整を施せます。

オーディオ編集機能

Wondershare DemoCreatorではカーソル効果といった画面録画ソフトならではの編集が行えます。マウスカーソルのスケール、不透明度、カーソルエフェクト、クリック音などを適用可能です。更にエフェクトを適用するとエフェクトの色や範囲、不透明度を個別で設定できます。

カーソル効果

他にもタイトルなどの挿入、吹き出しや矢印、図形などを適用できる注釈、グリーンスクリーン、パン&ズームなど、様々な機能が用意されています。

Part4.画面録画と編集のどちらもまとめて行うならWondershare DemoCreatorがおすすめ

無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし
無料ダウンロード
100%安全安心マルウェアなし

Wondershare DemoCreatorを使って動画を早送り・スローにする方法を理解して頂けたと思います。再生速度の変更は驚くほど簡単に行うことができるので、初心者の方であってもスムーズに操作できます。

また、Wondershare DemoCreatorというソフトについても理解して頂けたはずです。大抵の画面録画ソフトはキャプチャー機能が充実していますが、編集機能が無かったり、おまけ程度だったりすることが多いです。しかし、Wondershare DemoCreatorは録画だけでなく編集にも力を入れているソフトとなっています。はじめて画面録画に挑戦するという方であってもシンプルで直感的にお使い頂けます。

気になったのなら試用版も用意されているので、是非利用してみはいかがでしょうか。

Wondershare DemoCreatorでPC画面録画する方法をご紹介