Wondershare DemoCreator
  • 1. PC画面とウェブカメラを同時に録画できる。
  • 2. 録画領域とフレームレートを指定できる。
  • 3.強力な編集ツールとエフェクトを搭載し、プロ並みの動画編集ができる。
利用するパソコンのOS:

MacBookで使える動画編集ソフトおすすめ5厳選

相葉
2022-04-28 13:51:25 • Filed to: 動画編集ソフト

Part1.MacBookで使える動画編集ソフトはあるの?

最近、動画編集や動画制作する人が増えていますね。しかしパソコンはWindowsユーザーが多いためソフトもWindows対応のものが多いです。ですからMacBookユーザーは「MacBookを使っているから動画編集のソフトが対応していないかも」と思うのではないでしょうか。でも大丈夫です。macOS対応の動画編集ソフトもちゃんとあります。

ここからはmacOS搭載のMacBookで動画編集に使えるソフトを紹介していきます。対応している動画編集ソフトがわからないという人にぜひ読んでいただきたいです。

Part2.初心者でも使える!macOS対応の動画編集ソフト5選!

さっそくmacOS対応の動画編集ソフトを5つ紹介します。無料で使えるか、対応バージョンはいくつかなど詳しくまとめてあります。5つのソフトをチェックと比較してみてくださいね。

No1:Wondershare DemoCreator-Mac版

まずWondershareのWondershare DemoCreatorMac版を紹介します。Mac版というだけあってmacOSに完全対応しています。なお、対応バージョンは11となっています。そして日本語での使用も可能です。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

MacBookに対応している動画編集ソフトWondershare DemoCreator

特徴としては、インターフェイスがわかりやすく簡単に操作できるところがあげられます。エフェクトやテキストなどテンプレートもたくさん内蔵されていてとても使いやすいソフトです。更に画面録画機能もあるのでプレイ動画を編集し配信したい人にはとても使えるソフトですね。DemoCreatorは無料で試せるのですが、動画には透かしが入るよう制限されています。

Wondershare DemoCreatorの編集画面

MacBookに対応している画面録画・動画編集ソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

No2:iMovie

MacBookに対応している動画編集ソフトiMovie

iMovieはMacBookに搭載されている標準の動画編集ソフトとなります。標準搭載ですのでもちろん無料で使うことができます。macOSの対応バージョンは11.5.1以降です。エフェクトやサウンドトラックもたくさん内蔵されているので初心者向けだといえます。

しかし有料ソフトに比べると機能は大幅に少なくなってしまいます。少しでも凝った動画を作りたいとなると物足りないと感じる人もいるでしょう。なお、日本語での使用については問題なくできます。

No3:VideoProc

MacBookに対応している動画編集ソフトVideoProc

VideoProcはmacOS10.6以降から対応しています。主要な機能は複数のファイルを統合できる機能となっています。そして無料で使える機能も一部あります。では無料版の制限にはどんなものがあるかというと、動画に透かしがはいることや5分までの動画しか編集できないことがあります。購入について動画編集ソフトとしてはとても安く、なんと3980円で購入することができます。

しかし日本語に少し違和感があるので、日本語で使用できるといってもわかりづらいこともあるかもしれません。また不具合が多いとの声も上がっています。

No4:Final Cut Pro X

MacBookに対応している動画編集ソフトFinal Cut Pro X

次にFinal Cut Pro Xを紹介します。こちらもmacOS対応で、バージョンは11.5.1以降となります。Final Cut Pro Xは画像や動画を読み込んでカットしたりBGMを足したりできるのが主要機能の動画編集ソフトです。

しかし細部まで作りこんだ動画を編集しようと思うとちょっと物足りないかもしれません。ただ、90日間無料で使用できるので、はじめて動画編集するのにおためしで使うのにはよさそうです。日本語にも対応していますが、購入する場合は価格が36800円と高価ではあるものの、価格の割に機能が少ないという難点があります。

No5:Adobe Premiere Pro

MacBookに対応している動画編集ソフトAdobe Premiere Pro

最後は有名なAdobeのAdobe Premiere Proです。Adobeの動画編集ソフトで、動画編集といったらまず思い浮かぶソフトがこのAdobe Premiere Proじゃないでしょうか。こちらは問題なく日本語での使用が可能です。無料使用期間等はなく、月々2728円が必要です。対応バージョンは10.15以降となっています。

Adobeの有名なソフトなので、動画編集をはじめようと思ってすぐに手に入れてしまいそうですが、初心者向けではないのでとても操作が難しいです。使えるようになるためには練習が必要となってきます。いつかプロの動画編集者を目指している人には最初から練習のために使うこともおすすめですが、そうでない場合は操作ができなくなり使いこなせないことがあるかもしれないということも頭の片隅に入れておいたほうがいいかもしれません。

関連人気記事:Macbookで使えるおすすめのゲーム実況キャプチャーソフト

関連人気記事:Mac(マック)PCで内蔵カメラ/ウェブカメラを高画質で録画する方法

Part3.MacBook動画編集ソフトまとめ

この記事では、macOSのMacBookに対応している動画編集ソフトを5つ紹介してきましたが参考になりましたでしょうか。Windows対応ソフトが多いのでmacOS用を探すだけでも大変ですが、更に使いやすさや価格とのバランスもあるのですぐには購入を決められないものですよね。この記事が動画編集ソフト選びの参考になりましたらうれしいです。

誰でも簡単に使用できる画面録画ソフト‐Wondershare DemoCreator

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版